リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マクベスの館・コーダー城へ


  
コーダー城・トンネル1

緑のトンネルは、歴史へのトンネル。


コーダー城・正面

シェークスピア、「マクベス」の舞台になったコーダー城。
4大悲劇の舞台となった劇場の入り口に立つ。

吊り橋の上の鐘の音が、シェークスピアに
悲劇のペンを走らせたのか。

マクベスの運命は、ここから狂った。

マクベスと三人の魔女

三人の魔女は、
マクベスの理性に、欲望の呪文をかけ、
悲劇的な破滅へ向かわせた。

マクベスの伝説は、世界を超えて現代まで息づいている。


コーダー城・横側庭の


コーダー城は、伝説とは対象的な美しい
横顔をもつ瀟洒な緑の館だった。


コーダー城・庭7

モデルとなったマクベスは、
善政を執り行った立派な王様。

まるで、立派な王様に仕えた戦士のように、
緑の館を守っている庭師の姿。


コーダー城・庭6

緑の巨木は館の奧深くで
歴史という巨大な時の刻みを静かに横たえていた。


コーダー城・庭2の2

過ぎ去った時間、訪れた時間が、
形を変え、色を変え、緑のさざ波のように語りかけてくる。


コーダー城・庭1

そして、現代の人達の手によって
伝説の館、コーダー城に新しい光が差し込む。









FC2ブログランキング

いつもありがとうございます。

ブログランキング

芸術・人文部門に参加しています。

~リヤドロミュージアムはこちらです~

ジョゼの人形の部屋



里山暮らし、ときどきスペイン―やっと見つけた日本の本拠地!里山暮らし、ときどきスペイン―やっと見つけた日本の本拠地!
(2006/06)
中川 璃々

商品詳細を見る


関連記事
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。