リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『桜守』絵画と創作詩


『桜守』
宇野千代『桜守』

~ながむとて花にもいたく馴れぬれば 
散る別れこそ悲しかりけれ ~ 西行                           



『桜守』


待ち焦がれた
一年の歳月

花守の身切なく
朝露ほども
触れられぬまま

春の川の
緩やかな虹渦に沿うて
去っていってしまわれるのか

まだあまりに
白く薄桃
淡き薄墨

甘やかな春の香残し
どこへ行かれてしまうのか

もすこし
語りたいのだ

待ちわびた
華宴の春の杯

愛しき桜花と
刹那の杯
交わしてはくれまいか


東山魁夷『松と岩』



美しく咲きたいと
願いましたのは

お人たちの為
ばかりでは
ござりませぬ

澄みし冷たき春の海
凛々しきお姿

岩なるととさま
松なるあにさま

散りゆく桜舞
今生に見せたや

はかない
来世の願い
伝えたや

お人たちの
おすがたで
生まれ変わり

せめて仲良く
春のお花見
いたしましょ                                                  

ジョゼ





FC2ブログランキング

いつもありがとうございます。

ブログランキング

芸術・人文部門に参加しています。

このブログをもっとお読み頂ける時は、こちらへ。
ジョゼの人形の部屋


関連記事
この記事のトラックバック
TB*URL

『桜守』
宇野千代『桜守』~ながむとて花にもいたく馴れぬれば 散る別れこそ悲しかりけれ~                                                 西行『桜守』待ち焦がれた一年の歳月花守せつなや花弁の露ほども貴女に触れられぬ...  [つづきを読む]
ジョゼの人形の部屋 | 2008/03/29(土) 11:22
Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。