リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「クアランプール、№1の病院!!HSC・メディカルセンターへ!!」マレーシアの旅・クアラルンプール編その3

IMG_0413


走りぬける街並みは、
南国の花、ブーゲンビリアと高層住宅。

マハティール政権が、かかげた、ルックイースト政策。
「日本と韓国の、和の精神と勤労精神を学べ!」

マレーシアは、この政策によって発展し、
東南アジアで、世界有数の都市となりました。
親日感情が良いのも、
こんなところに、 秘密がありそうです。

今回の旅は、単なる観光ではなく、
午前中は、みっちりと、 ロングスティ財団の説明。

午後は、すでに移住されている方たちと、
会食しながらの、現地報告と意見交換。

そして、実際にスティした場合の、
生活に必要な、街の施設めぐりと、
ハードなスケジュールになりました。


IMG_0399

マレーシアは、
マレー系、中国系、インド系、 先住民族が、共存しあっています。

ですから、1つの都市に滞在していても、
さまざまな文化や、各国のお料理の変化が楽しめます。

第一言語、マレー語。
第二言語は、英語です。

日本人のブロークン英語でも、
笑ってコミュニケーションを とってくれようとします。

もちろん、英語が堪能な方なら、
すぐにでも、住めてしまうほど、
街の中は、素晴らしい施設ばかりです 。 IMG_0390

外国で病気になったらどうしよう~?

ご心配にはおよびません。

クアラルンプールには、公私立含めて、
たくさんの病院があるんですよ。

まず、ご案内したのは、 こちら、

東南アジアで、最も、 新鋭の検査設備と、
技術を備えているといわれている、
クアラルンプールの 「HSC・メディカルセンター」の入り口です。

インドネシアの謀大統領も、 健康診断を受けにこられたそうですよ。


IMG_0394

DSC02852

日本の受付けとは、大違い??
ゆったりとした雰囲気にびっくり!!

DSC02851

日本人スタッフも、常駐しているので、
細かな、病状も聞いてくれることが、 大きな安心!!

そして、医療の大きな違いは、
日本の大病院にありがちな、3分診療ではないそうです。

マレーシアのお医者さんは、
英国の大学で学んで、医師になる為、
英国方式の、患者優先の診察となり、
患者とのコミュニケーションが、 最も大切にされるそうです。

DSC02850


その証拠に、ドクターの部屋は、
こんなふうに、一つ一つが個室です。

心臓のカテーテル手術もしてくださる、
日本のドクター、 江頭先生のお部屋です。

IMG_0392

☆ジャパンクリニック☆

「在留日本の皆様のご健康を よろしくお願いします。」     

在・マレーシア大使の、暖かな言葉が添えられていますね。 

       DSC02849

昼間の病院?? とは思えないほど、
明るく、ゆったりとした待合室。

リタイア世代は、成人病世代でもありますね。
持病があっても、安心して暮らせる国、

これも、
マレーシアの大きな魅力の一つのようです。

いつもありがとうございます
   にほんブログ村  クリエイティブライフへ
ブログセンター・ライフスタイル ~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~ ジョゼの人形の部屋

関連記事
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。