リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「サグラダ・ファミリアへ!ガゥディと外尾悦郎!」地中海の旅・スペイン編6
[ヨーロッパ旅行] ブログ村キーワード


IMG_0862



いよいよ、バルセロナ!

くっきりと浮かびあがる、
巨大なシルエット、
サグラダ・ファミリアへ。


IMG_0862



ピカソ、ミロ、ダリを生みだした、
情熱のバルセロナ。


IMG_0863



まだ、スペイン内戦の爪痕が残っていた時代。

1882年、
貧しい人々のために、
「聖家族贖罪教会」が建設されようとした。


33才、アントニ・ガウディは
2代目の主任建築家として、
このサグラダ・ファミリアに立つ。

1926年、73才で亡くなるまで、
ガウディは、サグラダ・ファミリアに、
生涯を捧げた。



IMG_0859



ガゥディ亡き後の52年後、

1978年のある日、
石を彫りたい一心で、
25才の日本人青年が、
バルセロナの地に辿り着いた。

まだ、世にあまり知られていなかった、
サグラダ・ファミリアの、
積み上げられた石材の山の前で、

「やっと、石が彫れる!」

と、感動に震えたのは、
後、「生誕の門」を完成させ、

現在、サグラダ・ファミリアの、
主任彫刻家となった、
若き日の、外尾悦郎さんの姿だった。


IMG_0861



長い長い歳月を、
腕だけが頼りの多くの石工職人と共に、
サグラダ・ファミリアに
全智全霊をかたむけたガウディ。


IMG_0800



そのガウディの、
世紀の遺産のメッセージを
読み解こうとした、
外尾悦郎さんの「石の聖書」との
対話のはじまり。

私は、外尾悦郎さんの書かれた、
「ガウディの伝言」に感動した。


サグラダ・ファミリア・イエスとマリアと養父ヨセフ



サグラダ・ファミリアの意味は、聖家族。

マリアに抱かれるイエスと、
二人を守り包む養父ヨセフ。

無償の愛に生きる母性と父性の象徴。


IMG_0799


IMG_0801



命を与えられた石の力強さが、
私達に容赦なく迫ってくる。


地中海クルーズ ・全般 1536x2048-41


右からも、

IMG_0802


左からも。


地中海クルーズ ・全般 1536x2048-36



来る日も来る日も、

ひたすら石を愛し、
天使像を掘り続けた、外尾悦郎さん。


サグラダ・ファミリア・外尾悦郎作・ハーブの天使



この、ハーブの天使像は、
「ガウディの伝言」の冒頭で、
紹介されている、貴重な一枚です。

外尾悦郎さんは、
ハーブの弦を、あえて創りませんでした。

観る人々が、あたかも、
天使の白く細い指先から、
ハーブの音色が聞こえてくるように、
体現したかったと、書かれています。


地中海クルーズ ・全般 1536x2048-38



キリストの降誕を祝う歓喜の音楽。

2000年、15体の天使像ができあがり、
最初のファサード、
「生誕の門」完成。

スペイン人の熱い血潮に負けず、
昼夜、石と語らい続けた、
外尾悦郎さんの快挙に、
心から拍手を送りたいと思います。








☆いつもありがとうございます~♪☆


海外旅行・参加中


にほんブログ村  クリエイティブライフへ




ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


ガウディの伝言 (光文社新書)ガウディの伝言 (光文社新書)
(2006/07/14)
外尾 悦郎

商品詳細を見る


関連記事
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。