リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『コスモス随想』
[絵画] ブログ村キーワード

 
コスモス



初秋の夕暮れ、冷たい風が頬を撫で、
ポロシャツの首筋も、心なしかひんやりして、
慌てて襟を立てました。

朝の散歩道には、初秋の野草がチラホラと
可愛い姿を見せ始め、

「今年も会えたね。」

はる
なつ
あき
ふゆ

四季の輪郭が、
まだ、とても鮮明だった頃。

映像が入れ替わる度に、
ちょっぴり、胸が痛かったような気がします。

コスモスの群生が、
ざわざわと、
譜面の音符のさざ波になって、
私に語りかけてきます。

幾つもの
はる
なつ
あき
ふゆ

手のひらに持ちきれないほどの、
記憶のフィルム。

捨てたはずのフィルムが、
幾枚も、幾枚も
コスモスの花びらのように、
さわさわ。
さわさわ。

群生の彼方に見える白濁色の世界。

秋の絵を見つめながら、
ふっと、気がつくことがあります。

私のフィルムに写る、
輪郭のあやうげな優しさに。

時間は、きっと、
誰にとっても一番優しいもの。

遠景の水面の光の下で、
時間という釉薬に、
ゆっくり、ゆっくりと、
溶け出されていく、帯ただしいフィルム。

幻影の水面下には、
きっと、
忘却という老木の守り手が、
時間の送りびとになって、
眠っているのかもしれません。

無数の数えきれない
朽ちた四季の葉に抱かれて。

深く深く埋もれながら。









FC2ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ

暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


関連記事
この記事のトラックバック
TB*URL

『コスモス随想』
[インテリア]ブログ村キーワード大野純一・コスモス初秋の夕暮れ、冷たい風が頬を撫で、ポロシャツの首筋も、心なしかひんやりして、慌てて襟を立てました。朝の散歩道には、初秋の野草がチラホラと可愛い姿を見せ始め、「今年も会えたね。」はるなつあきふゆ四季の輪郭が...  [つづきを読む]
ジョゼの人形の部屋 | 2009/09/14(月) 22:11
Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。