リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リヤドロプレミアム展・王女メニーナ


リヤドロ・メニーナ・ベラスケスに捧ぐ
リヤドロ・メニーナ・ベラスケスに捧ぐ


待望のリヤドロプレミアム展!
春のある日、意気揚々とスペイン大使館へ。

はてさて、以前ご案内した、
王女メニーナの変貌ぶりは

プレミアム展王女右1

可憐な乙女だった、王女メニーナが、
いつのまにか、ヨーロッパ社交界の花形に

すっかり、堂々とした大人の貴婦人に
で~も、王女の姿の左右前後も、
よ~く、比べてご覧下さいね

何やら、白い形のものが見えますね

これは、何なのでしょう

「ヨーロッパの愛好家達は、
リヤドロのテーマに、多様な要求をしてきます。
私達は、常に新しいテーマを形にして
ご覧いただかなければなりません。」

スペインのコーディネーターの紳士は、
流暢な日本語ですばやく答えてくれました。

リヤドロプレミアム展・王女左1

リヤドロ、世界の気鋭デザイナーを起用

1950年代から、磁器の質感や繊細な彩色を研究し続け、
独自の磁器を生み出したリヤドロは、
世界中のファンを魅了し続けてきました。

更に飛躍する今、世界の若手クリエイタートップの、
ハイメ・アジョン氏をアートディレクターに迎えました。

「最初の三ヶ月はリヤドロという、
伝統あるブランドの理解に時間を費やした。
そして製作工程をみながら、
どうすれば磁器をインテリアに使えるかを模索し続けた。
リヤドロのブランドのDNAを活かし、
その上に新しいプラットフォームを作ろうと考え、
そして、現在ある作品を、違った角度から見た時に、
『色を抜きとる』ことを、ついに思いついた。
※アジョン氏のインタビュー


リヤドロプレミアム展・王女シルバー1
「Re・Deco(リ・デコ)」

そして生まれたのが、大胆きわまりないこの作品です。
完全に色を払拭した、シルバーの輝き

古代ヨーロッパの彫刻のよう

リヤドロが、現代に求めたものは、伝統と革新。

世界が注目する国際的クリエイター、
スペイン生まれの、ハイメ・アジョンは、
伝統を受け継ぎながら、
斬新かつ、果敢にリヤドロの可能性に挑みました!

リヤドロ、やっぱり眼が離せませんわ




FC2ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ


暮らしとファミリー ブログセンター]



リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


関連記事
この記事のトラックバック
TB*URL

リヤドロプレミアム展・王女メニーナ
リヤドロ・メニーナ・ベラスケスに捧ぐ待望のリヤドロプレミアム展!春のある日、意気揚々とスペイン大使館へ。はてさて、以前ご案内した、この、王女メニーナの変貌ぶりは[続きを読む>>]下書き保存ばかりで、それでも、愛好家と言えるの人形たちも、梅雨のうっとぉしさで...  [つづきを読む]
ジョゼの人形の部屋 | 2009/06/18(木) 08:51
Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。