リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界遺産エジンバラへ!その1


エジンバラ風景2

スコットランドの首都、世界遺産エジンバラ。
11世紀、
スコットランド王マルコム3世は巨城を建てた。

ケルト人の砦を起源とした、
強靱な岩窟王のような歴史の街、エジンバラには、
スコットラン人の誇り高い
精神の強さが存在していた。

エジンバラ風景8

そびえ立つ黒褐色の街の時計台に、
真っ赤な車。

バグパイプ

赤いタータンチェックを身にまとい、
バグパイプの音色。

街の窓わくとベンチは、
真紅の薔薇のような深い色合い。
何度も色の歴史も重ね続けたのだろうか。

エジンバラ風景14

奮え立つような城塞の石の世界は、
一瞬にして私を魅了させた。

石の世界に、引き込まれて行く列の中で、
ひときわ眼を引くのが、
豊満なご婦人の赤いブラウス。

エジンバラ街1

エジンバラに、何十年も住んでいるという、
ガイドの「いつこさん」は、にこやかな日本女性。
赤い可愛い窓枠のお店を案内してくれた。

赤いマフラーの日本のご婦人は、
ヨーロッパ30カ国制覇の強者、
フリータイムも、揚々と一人で街を闊歩していた。

エジンバラ風景05

信号機はついているが、
あくまでも人間優先のストリート。

車に遠慮している顔は見かけない。

エジンバラ風景03

レストランも、主役は建物。
蒼いがっしりとしたドアだけが、客を待ち受けている。

エジンバラ風景18

白夜は、エジンバラの古城と街に、
浪漫の光を優しく注ぎ込んでいる。

オーク色の城塞、赤と緑のこの対比。

エジンバラ風景17

芸術、文化の都エジンバラに住む
老紳士は、今でも薔薇一輪を
胸に秘めているのかもしれない。

ズボンのポケットに手を入れて、
恋人を待っているような立ち姿。

エジンバラ風景02

水平線と、雄大な空と雲しか見えない…

エジンバラ

堅固な城砦の街は、
たくさんの美しい色を、
秘密の宝庫のように隠しもっていた。






FC2ブログランキング

いつもありがとうございます。

ブログランキング

芸術・人文部門に参加しています。



~リヤドロミュージアムはこちらです~

ジョゼの人形の部屋



スコットランドを旅するスコットランドを旅する
(2005/07/25)
辻丸 純一

商品詳細を見る

関連記事
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。