リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「クアランプールの国家記念碑へ!!」マレーシアの旅・クアラルンプール編その6


DSC02920


クアラルンプール、国家記念碑。

DSC02921


美しいモスクのドームをくぐっていくと、

DSC02922



鮮烈な、兵士のブロンズ像が現れます。


DSC02931



1950年代の独立戦争で、
勇敢に戦った7人の兵士を称えるため、
建造された高さ約15mの大きなブロンズ像。

英国や日本の占領から、
マレーシアが、独立するまでの長い苦闘。


DSC02925


IMG_0501



ワシントンにある『合衆国海兵隊記念碑』と同じ、
アメリカ人彫刻家、
フェリックス・デ・ウェルドンの作品です。


DSC02923


DSC02924



今は、嘘のように、穏かな時間が流れています。

DSC02928



悲しい歴史の沈うつさなど、
まるで無かったかのように、

雲の色も、形も、
平和のさざ波のように、浮かんでいます。

DSC02927


この美しい蒼い水が、

ここを訪れる人々の心を、
そっと、浄化してしまうのかもしれません。


いつもありがとうございます


海外旅行・参加中


にほんブログ村  クリエイティブライフへ




ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋

スポンサーサイト
「クアランプールの王宮へ!!」マレーシアの旅・クアラルンプール編その5

DSC02882


豊かな緑の中に、
美しい白亜のアラビア風建築と金色のドーム。

クアラルンプール
市街地の南、イスタナ通りの、
マレーシア連邦国王の宮殿です。


IMG_0469


IMG_0467.JPG

門の前には、こうして衛兵さんが、立っていて、
内部には入れません。

DSC02884


でも、こうして外からでも、

IMG_0471


美しい緑の芝生が広がる整備された庭園を、
楽しむことができます。

DSC02889


この王宮は、錫で成功した中国人が建てた邸宅でしたが、
日本軍による占領時には
社交クラブとして使われていたこともあるそうです。


IMG_0472

IMG_0473

イギリス連邦加盟国で、
立憲君主制のマレーシア

現在は、国王公邸として、
たくさんの人々に愛される、王宮となりました。




いつもありがとうございます


海外旅行・参加中


にほんブログ村  クリエイティブライフへ

ブログセンター・ライフスタイル

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋

「クアラルンプールのコンドミニアム視察へ!!」マレーシアの旅・クアラルンプール編その4


DSC02942



マレーシアは今、5年連続で、
日本で、世界第一位の人気国です。

なぜ、そんなに、
ロングスティの人気が高まっているのでしょう?

それは、日本では、
考えられない位の広さと設備の、
コンドミニアムが、驚くような低家賃で、
借りたりすることができるからです。

この恩恵を生かして、
日本の家をそのままにしている方たち。

思い切って移住されている方たち。

又、気候が、一年を通じて常夏なので、
日本の猛暑や、冬の避寒というふうに、
リタイア後の健康を大切されている方たち。

スティを、ケースバイケースのスタイルで、
楽しむことができます。


DSC02873



早速、クアラルンプールのコンドミニアムを、
ご案内してみましょうね!


IMG_0446


クアラルンプールの街並みを背景にした、
緑の庭先からどうぞ~

IMG_0447


庭でくつろぐための、
日差しよけのパラソルまで見えますね。

IMG_0451



窓辺からは、こうして、
クアラルンプールの街まで一望できてしまうんですよ。

夜景も、とても美しいでしょうね。


DSC02868



こちらは、広くて清潔なLDです。

日本だったら、
高級マンションのモデルルームみたいでしょ。


DSC02869


DSC02861


もう一つ、驚いてしまうのは、
寝室の他に、

DSC02862


ゲストルームまであります!

日本の家族や友人が、ちゃんと泊まれるように、
なっているのが、安心でしょ。


DSC02866



家具から、キッチンの食器までついているので、
身一つで来ても、
すぐに生活がスタートできてしまえそうですよね。

IMG_0453



日本人向けに、
バスルームまで用意されているのが、憎いですね。


DSC02872



そして、コンドミニアムは、
南国らしいロマンを叶えてくれる、
プールつきが、ほとんどです!!

IMG_0456



コンドミニアムのタイプによっては、
その他、テニスコートやフィットネスジムまでがあったりと、
まるで、夢のようなお話。

長い間、日本でせっせと、
働いてきたご夫婦が、

「第二の人生は、こんなところに住んで、
思い切り、命のせんたくをしてみたいものだね。」

と語り合うのは、少しも不思議ではありませんよね。


IMG_0439



物価は、日本の三分の一!

国の経済政策の一環として、
受け入れ態勢万全のマレーシアの底力は、

まだまだ、続きます!!




いつもありがとうございます♪

にほんブログ村  クリエイティブライフへ




FC2ブログランキング


ブログセンター・ライフスタイル

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋
「クアランプール、№1の病院!!HSC・メディカルセンターへ!!」マレーシアの旅・クアラルンプール編その3

IMG_0413


走りぬける街並みは、
南国の花、ブーゲンビリアと高層住宅。

マハティール政権が、かかげた、ルックイースト政策。
「日本と韓国の、和の精神と勤労精神を学べ!」

マレーシアは、この政策によって発展し、
東南アジアで、世界有数の都市となりました。
親日感情が良いのも、
こんなところに、 秘密がありそうです。

今回の旅は、単なる観光ではなく、
午前中は、みっちりと、 ロングスティ財団の説明。

午後は、すでに移住されている方たちと、
会食しながらの、現地報告と意見交換。

そして、実際にスティした場合の、
生活に必要な、街の施設めぐりと、
ハードなスケジュールになりました。


IMG_0399

マレーシアは、
マレー系、中国系、インド系、 先住民族が、共存しあっています。

ですから、1つの都市に滞在していても、
さまざまな文化や、各国のお料理の変化が楽しめます。

第一言語、マレー語。
第二言語は、英語です。

日本人のブロークン英語でも、
笑ってコミュニケーションを とってくれようとします。

もちろん、英語が堪能な方なら、
すぐにでも、住めてしまうほど、
街の中は、素晴らしい施設ばかりです 。 IMG_0390

外国で病気になったらどうしよう~?

ご心配にはおよびません。

クアラルンプールには、公私立含めて、
たくさんの病院があるんですよ。

まず、ご案内したのは、 こちら、

東南アジアで、最も、 新鋭の検査設備と、
技術を備えているといわれている、
クアラルンプールの 「HSC・メディカルセンター」の入り口です。

インドネシアの謀大統領も、 健康診断を受けにこられたそうですよ。


IMG_0394

DSC02852

日本の受付けとは、大違い??
ゆったりとした雰囲気にびっくり!!

DSC02851

日本人スタッフも、常駐しているので、
細かな、病状も聞いてくれることが、 大きな安心!!

そして、医療の大きな違いは、
日本の大病院にありがちな、3分診療ではないそうです。

マレーシアのお医者さんは、
英国の大学で学んで、医師になる為、
英国方式の、患者優先の診察となり、
患者とのコミュニケーションが、 最も大切にされるそうです。

DSC02850


その証拠に、ドクターの部屋は、
こんなふうに、一つ一つが個室です。

心臓のカテーテル手術もしてくださる、
日本のドクター、 江頭先生のお部屋です。

IMG_0392

☆ジャパンクリニック☆

「在留日本の皆様のご健康を よろしくお願いします。」     

在・マレーシア大使の、暖かな言葉が添えられていますね。 

       DSC02849

昼間の病院?? とは思えないほど、
明るく、ゆったりとした待合室。

リタイア世代は、成人病世代でもありますね。
持病があっても、安心して暮らせる国、

これも、
マレーシアの大きな魅力の一つのようです。

いつもありがとうございます
   にほんブログ村  クリエイティブライフへ
ブログセンター・ライフスタイル ~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~ ジョゼの人形の部屋

「ロングスティ視察、クアランプールの街へ!!」マレーシアの旅・クアラルンプール編その2

加工済み1.jpg


「最近、あちこちで、
マレーシアマレーシアって聞くもんだから、
ついに、来ちまったよ。

ここが、クアラルンプールか。
東京と、変わらない位、にぎやかな街だな。」


IMG_0383
加工済み2.jpg

「ちゃんと、モノレールまで走ってるぜ。」

IMG_0385
IMG_0386


「若くて、綺麗なお姉ちゃんたちも、
街を闊歩してるな~。」

「ちょいと、おまえさん、
ろんぐ、ろんぐ~すてぃ~
しっかり、下見してきてよ!」

おっと、いけね。
女房から、尻をたたかれてきたんだっけ~

えぇ~と、

サービスアパーメントに、コンドミニアム、
市場に、ショッピングセンターに病院、
エトセトラ、、、

しっかり、観ていかないとな~


DSC02847


「ここが今夜、泊まるホテルかいな。
なかなか、洒落てるぜ。」

IMG_0367のコピー.jpg


今回は、下見の旅だから、
色々なタイプを知るために、
わざわざ、短期スティ用の部屋に、
してくれたんだとさ。

「食器から、コンロから、キッチンまで、
何でも、ついてるぜ!」

部屋の裏側には、
クローゼット、 全面鏡、アイロンまであるから、
2、3週間の短期スティだったら、
こういうホテルでも、充分だな~


IMG_0411


下見のおじさまたちも、
ご機嫌な旅のはじまりのようです。

退職者天国の、マレーシア!

ロングスティ先として、 熱いまなざしを受けて、
クアラルンプールの街は、
只今、建設ラッシュのまっただなかです。




いつもありがとうございます♪
にほんブログ村  クリエイティブライフへ
FC2ブログランキング ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~ ジョゼの人形の部屋


「ロングスティの人気国!!マレーシアへ!!」クアラルンプール編・その1

  IMG_0505


まわる、まわる世界時計!!

どこか、 外国の街で暮らしてみたいと、
思ったことはありませんか。

異文化の街並みにたたずんで、
新しい発見と感動に、わくわくしてみたいと、
思ったことはありませんか。

リタイア夫婦の今年の旅、
いよいよ、初めてのアジア!!

今、日本で、
一番人気のロングスティ国、
マレーシアへ。


DSC02940


1897年、英国統治時代の名残り、
サーモンピンク色の美しいムーア建築様式。

現在は最高裁判所として使用されています。

IMG_0515 IMG_0516


出会うもの全てが新鮮で、
東南アジアで一番治安が良い国、マレーシア。

たくさんの外国の人々が訪れていました。

IMG_0508


国立モスクは、敬虔な祈りを捧げる神聖な場所。


美しい西洋の人たちも、
きちんと、イスラムのしきたりに従って、
皆、肌を覆ってから、モスクに入っていきます。



IMG_0507 IMG_0509


祈りのためだけの、虚飾のない静けさ。

IMG_0514

IMG_0513

初めて見る、整然とした、イスラムのお墓。

IMG_0403


エキゾチックな、イスラムの風と匂いと、

IMG_0408

近代的な高層コンドミニアムが、
不思議に共存している、マレーシア。

さてさて、
人気の秘密を、
そろり、そろりと、
探っていくとしましょうか。



☆いつもありがとうございます~♪☆
にほんブログ村  クリエイティブライフへ
ブログセンター・ライフスタイル
~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~ ジョゼの人形の部屋

Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。