リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カラヤン広場から良いお年を~♪
[ライフスタイルブログ] ブログ村キーワード


カラヤン広場


今年も残すところ、後2日となりました。

秋の、東北の旅のイベントも
たっぷりと楽しむことができました。
そして、もう一つ嬉しいことがありました

このブログにも、たびたび登場している
私の兄も、無事、
年末にリタイアを迎えることができました

カラヤン広場2


還暦祝いと退職祝いで、
夜の六本木にくりだし、カラヤン広場へと~

共に、実り多いリタイアライフを
楽しんでいきたいと思います


リヤドロと赤い薔薇2



月日が、走馬燈のように流れて行きます。

我が家の小さなリヤドロが、
こんなにたくさんの世界へ
私をいざなってくるることになろうとは、
夢にも思っていませんでした。

リヤドロにも、ありがとう


お礼のカード



一年間のご愛顧に、
心から感謝いたします


リヤドロの生まれた国、
スペインのパッションをお届けしたいと思います。



♪川井郁子・ EL FLAMENCO♪





力強い、新年の暁を迎えられますように、
心より、お祈りいたします







いつもありがとうございます。「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



送料無料の花ギフトはフラワーファーム

スポンサーサイト
「クリムト&薔薇」でメリークリスマス☆
[クリスマス] ブログ村キーワード


クリムトと薔薇



゚・*:.。。.:*・゜MERRY CHRISTMAS!! ゚・*:.。。.:*・゚


ジョゼ特製の、
クリスマスカードをプレゼント

このクリムトの聖母子像は、
伊豆の一碧湖美術館で出会ったものです。

お気に入りで、
いつも、リビングに飾っています


ジョゼ2



クリムトの聖母子像は、
リヤドロの作品も生み出しました。

数年前のイブの夜、
渋谷の文化村ミュージアムへ、
ロシアのサンクトペテルブルグ室内合奏団の、
クリスマスコンサートを、聴きに行きました。



美しい歌声に魅せられて、
それから、幾つもの『アヴェ・マリア』を、
捜すようになりました。


Libera - Ave Maria(Caccini) - Tom Cully





今年は、英国の、
サウスロンドンの少年合唱団、
『Libera- Ave Maria - Tom Cully』

を見つけました。


天へのいざない、清らかな歌声をご一緒に。


クリムトと薔薇



奇跡の天使の調べ、
Tom Cully少年の歌声は、
クリスマスの昼下がり、
リビングいっぱいに、広がってくれました。


心おだやかなクリスマスを







イブは、美味しいシャンパンで乾杯しました


いつも応援ありがとうございます。
「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



送料無料の花ギフトはフラワーファーム

花もライトも、クリスマス~♪
[クリスマス] ブログ村キーワード


2009-12-19-0447-092


青梅のシクラメン街道から、
やってきたお花たち~

寒さに強いシクラメンは、ベランダに。

陽射しが大好きなベゴニヤは、
真っ赤に元気に咲いています。

クリスマスとガーデニング


クリスマスモード全開!

写真だって、飾っちゃうぞ~

旅も、家遊びも、楽しいね!


RIMG0128


夜になると、ピカッ、ピカッ!

RIMG0069


クリスマスのお人形が、
一年に一度のご登場です。


RIMG0066


お人形の光と三色のライトが、
幻想的な雰囲気を出してくれます。

RIMG0068


真っ赤なベネチアガラスのお人形も、
ブルーの光の中で、別の美しさに変身。

RIMG0067


ゴールドのドレスが、
ぐっと、クリスマスモードを。

我が家のライトアップ


最後に、ライトの饗宴をお楽しみください!

素敵なクリスマスを!





いつもありがとうございます。「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ




FC2ブログランキング




暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



送料無料の花ギフトはフラワーファーム


サンタさん、準備完了です~♪
[クリスマス] ブログ村キーワード


クリスマス用5


やれやれ、やっと準備が
できたようじゃ。

RIMG0101


お待たせしました
このとおり、準備万端~

天使もお待ちかね~

RIMG0102



のんびり屋のママを持つと、
気がきじゃないわよね。


RIMG0105



でも、ママが綺麗なお花のリースを
創ってくれたから、許してあげる


RIMG0111


私たち、まだ一度もパソコンに
出たことないの。

いつも、お昼ねしてるから、
忘れられちゃうのかな。

RIMG0110


わたしたち、双子の眠りの天使だから、
この姿が一番なの。
可愛く撮ってね

RIMG0039


小樽のガラスのツリーの前に、
昔、お義母さんが創ってくれた、男のこと女のこ。


RIMG0049


僕は、横浜のブリキのおもちゃ博物館の、
一年中クリスマスのお店、
“Christmas Toys”の洋館から、きたんだよ。

ママが、何度も手にとって、
じっと見つめられちゃたんだ

僕、オルゴールの得意わざもあるんだよ

君は、確か、
「箱根のガラスの森」から来たんだよね。


ヨコハマ1


大人も子どもも大好き!
Christmas Toysのイルミネーション

5


一年中クリスマスのお店、
横浜の、Christmas Toys







いつもありがとうございます。「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング




暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



送料無料の花ギフトはフラワーファーム

恒例!青梅シクラメン街道~♪


09シクラメン 064


すっかり温泉でふやけきってしまい
まわりは、どちらをのぞいてもクリスマス

慌てて、クリスマスモードに変換

一挙に、シクラメン街道へ~

09シクラメン 060


ご存じ、我が家恒例、青梅シクラメン街道~♪

今年も、喜び勇んで行ってきました

何たって、これがないと、
クリスマスもお正月も始まりません

09シクラメン 063


この、シクラメンたちに、会いたくて

小椋桂さんも、心憎い歌を残してくれたもの。

♪出会いの時の君のようです~


09シクラメン 061


一面のシクラメンの中で、
ひたすら、立ったり座ったり横になったり、接写!

09シクラメン 062


こうなると、やめられません。

「お~い、どれにするか、早く決めないと。」

庭師さんと兄の呼び声も、そっちのけ

09シクラメン 051


見事なベゴニアも、
私に、写されるために咲いている

大きな勘違いをしても、
気がつかないところが、おばたり~あん

09シクラメン 067


毎年、新種が出るので眼がはなせないベゴニア。

09シクラメン 066


見事な咲きっぷりの、このベゴニアは、
贈り物に、大好評

車に、埋もれそうな位、
大きなシクラメンやベゴニアの鉢植え、
ミニシクラメンやパンジーやガーベラの苗を
積みこんで、ようやく、ホッと。

09シクラメン 078


こちらも、シクラメン街道にははずせない、
お気に入りの喫茶店、コンブリオ。
う~ん、やっぱり入り口も、クリスマス~

09シクラメン 081


カウンターの横には、すでにクリスマスの寄せ植え。

09シクラメン 080


このコンブリオは、お店の奧がギャラリーになっていて、
行くたびに、色々な作品が展示されています。

お客様のおじゃまにならないように。
少しだけ、バチリ。

09シクラメン 079


可愛いサンタや、小物がたくさん。

09シクラメン 082


センスの良い素敵なママさんのお店、
本当は、全部写したいくらい。

09シクラメン 084


12月の夕暮れが、暗くなり始めて、
可愛いイルミネーションが光りはじめました

真っ赤なお鼻のトナカイさんが~

さあて、我が家にもきてもらわなくちゃね~








いつもありがとうございます。「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング




暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



送料無料の花ギフトはフラワーファーム

「09・みちのくの旅・完結編!」種差海岸へ
[東北旅行] ブログ村キーワード


IMG_1829


「せっかく東北にきたんだから、
うみねこラインを走ろう

「八戸に、美味いラーメンがあるんだ。」

庭師さんの食べ物の嗅覚は、いつもながら鋭い

「あった。あの店だ。」

IMG_1828


帰りの道草は、幾つになっても楽しいな

新鮮なシーフードがたっぷり入った
ラーメンも美味しかった

お天気もぽかぽか~
きもちもからだも、伸~び伸び

IMG_1812


実は、ここ、
新日本観光地百選の、八戸の種差海岸でした

日本の渚・百選にもなっている
名勝海岸だったのです

IMG_1824


さすが、うみねこラインだわ

うみねこさんたち、綺麗に並んでいますね~

STA_1832


波打ち際まで広がっていく、広い広い、緑の芝生。

一匹のわんちゃんが、芝生を独占

幸せなわんちゃんね~

IMG_1818

IMG_1816


IMG_1844

IMG_1843


早速、岩場も探検

IMG_1827


この種差海岸は、
昔から、たくさんの文学者や芸術家に
愛されていたんですって。

大正の広重と呼ばれた吉田初三郎は、
種差にアトリエを構えて、
ここで、たくさんの日本の鳥瞰図を
残したそうです。

画家の東山魁夷は、代表作の「道」のスケッチを。

詩人の草野心平は、
「種差海岸」という題名の詩を。

あの司馬遼太郎さんまで、

「宇宙からの来訪者があれば一番に案内したい海岸」

と、語るほど、この海岸を愛していたそうです。


STG_1838


そんな気持にさせてくれる、
本当に素晴らしい場所でした

海良し、砂浜良し、緑良し、休み処も、こんなに広々。

IMG_1852


「ちょっと、そこまでリラックスしちゃうわけ?」

IMG_1863


「あの海ねこちゃん、迷子かな?」

IMG_1860


「あのぉ、僕のこと、呼んだ?」

IMG_1855


「何だ、えさをくれるのかと思ったのに。
ただの、冷やかしか。」

種差海岸1



みなさま、リタイア夫婦の、
長い、長い、東北便りにお付き合いいただきまして、
誠にありがとうございました。

温泉も紅葉も、ご一緒に楽しんでいただけて、
嬉しい、初めての連続更新となりました。

「やれば、できるでないの。」

カメラマンの庭師さんも、
ようやく、助手に満足したようでございます


RIMG0188


RIMG0187


八戸の駅から、Verry・Thanks

東北旅行7


あんなこと、

東北旅行8


こんなこと、

あったよね~






いつもありがとうございます。「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



送料無料の花ギフトはフラワーファーム

「みちのくの旅」城ケ倉大橋の紅葉!
[東北旅行] ブログ村キーワード


IMG_1796


旅って、いいな~。

みちのくの紅葉を追い続けた一週間、
おまけまで、ついちゃった!

IMG_1805


「あの大きな橋は、何だ??
下をのぞき込んでる人たちがいるぜ。」

好奇心旺盛な庭師さんは、
カメラ片手に、ひょいと、どこでも降り立ちます。


IMG_1802


「お~い、早く、早く!素晴らしい景色だよ。」

STC_1792


「わぁ~本当だぁ~。」


城ガ倉大橋2



通りすがりに、車を止めた場所は、
日本一の長さを誇る、城ケ倉大橋でした!

城ガ倉大橋3



平成7年10月に開通したそうな。
日本一の、上路式アーチ橋!

谷底までの高さは、122mもあるんですって!


IMG_1782



八甲田山を向こうに、連々と続く紅葉。
美しいアーチのラインが、虹の橋のよう。


IMG_1787


思わず、橋の上からのぞき込んだら、
眼がクラクラ~


IMG_1803



わっ、紅葉って、生きてるみたい!


IMG_1798



人々の夢をかけた橋と、紅葉はとても仲良し。


IMG_1781



「あんだ~、東京からきたべ。

いいがら、紅葉さ、いっぺえ、楽しんでくんべ。 」



IMG_1780



旅の初日の宿、湖山莊の庭園は、
まだ緑の草木にほんのり、赤みを帯びているだけでした。

たった、6日間の間に、
大自然の草木の葉脈の中から、
七色の染色が、一気に溢れ出しました。


STC_1792



まだあげ初めし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛(はなぐし)の
花ある君と思ひけり

やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅(うすくれなゐ)の秋の実に
人こひ初めしはじめなり
                   
島崎藤村「初恋」から
 

IMG_1804



紅葉に恋した、初めての秋。

青い林檎が、見る見るうちに、
真っ赤に染め上がり、
蜜の味が、口の中いっぱいに広がったような、
自然美の大ご馳走でした!







いつもありがとうございます。「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング




暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



送料無料の花ギフトはフラワーファーム

「みちのくの秘湯めぐり」酸ヶ湯温泉へ!
[温泉] ブログ村キーワード


東北旅行4



行ってみなければ、わからない。
行ってみなければ、味わえない。

紅葉の美しさも温泉の色も。
その土地の人たちの温かさも。

IMG_1809


ここも、紅葉の見所の一つ、睡蓮沼。

IMG_1808


毎年、たくさんの紅葉ファンが
カメラを持って集まるそうです。

自然そのものが色彩のマジシャン。


IMG_1745


見上げる、どの風景にもつい眼が止まり、

私のカメラの音も、止まりませんね。

IMG_1807


向こうに見えてきた、あの屋根は

酸ヶ湯温泉玄関1


秘湯めぐりのラスト
温泉ブームに火をつけた、ヒバ千人風呂の酸ヶ湯温泉。


IMG_1774


開湯は、江戸時代前期の1684年頃とされ、
八甲田の山奥だというのに、古く愛されてきた酸ヶ湯温泉。

硫黄特有の匂いが、漂よってきます。

八甲田連峰の登山者が、
重いリュックを背負って、次々と宿入りしてきます。

ポスター


国鉄のポスターになったことで、
酸ヶ湯温泉の人気はうなぎ登りに。

残念ながら、入浴シ~ンは、カット

IMG_1772


2階の窓から見える、不思議なシンメトリーの紅葉。

酸ヶ湯温泉室内1


室内も、江戸大正の浪漫たっぷり。

ガラス越しに見える湯治部の窓。

手元を照らす電球の古い木枠。

懐かしい障子の桟。

IMG_1767


宗方志功が愛した、酸ヶ湯温泉。

高い天井いっぱいに立ちこめる、
ヒバの千人風呂の、
もうもうとした白い湯気の中から、
志功は、どれだけの観音さまと、
挨拶を交わしたのかしら。

志功の母性溢れる豊かな観音さまが、
眼に浮かびました。

IMG_1771


極寒の山奥で、冷え切った人々の心身を温め、
明日への活力を与え続けてくれた、酸ヶ湯温泉。

ここは、まるで、一つの村!

温泉のおかげで、村人たちのコミュニケーションは、
和気あいあいで、とても賑やか。

ちゃんと、温泉治療室まであって、
その人の病に合わせた、指導もしてくれるので、
村人や、湯治人のお医者さまです。

村人総出で、元気に、立ち働き、
温泉経営に、一生懸命たずさわる姿が、
いきいきと、伝わってきます。

有名になりすぎて、
人が多すぎるかもしれないけれど、
最近の混浴風呂のマナーの悪さも、
少し耳にしてしまうけれど。

ちゃんと、
酸ケ湯温泉混浴を守る会も、
できてました。

酸ヶ湯温泉には、
雑多な、江戸時代庶民の、
銭湯のワイド判のような迫力が、溢れていました。

東北旅行6


みちのくの秘湯めぐりは、
毎日が、新しい発見の連続でした。

温泉宿の、さまざまな楽しみ方を知って、
ますます、日本の旅へのキャパシティが、広がりました

東北旅行5


行ってみなければ、わからない。
行ってみなければ、味わえない。

紅葉の美しさも温泉の色も。
その土地の人たちの温かさも。







いつもありがとうございます。「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


旅行マニアの地理と歴史と街歩き―青森・秋田・岩手編旅行マニアの地理と歴史と街歩き―青森・秋田・岩手編
(2005/03)
盛田 昭彦

商品詳細を見る


送料無料の花ギフトはフラワーファーム


「みちのくの旅」八甲田山へ
[東北旅行] ブログ村キーワード


IMG_1749


八甲田山のロープウェイ。

山岳小説家、新田次郎の作品、
『八甲田山死の彷徨』


あの八甲田の山を、訪れるなんて。

IMG_1753


ロープウェイ頂上は、
冷たい強風が暴れまわっていて、
皆、ぶるぶると震え出しました。

ここまできたら、やっぱり、行くしかないか。

寒さに、めっぽう弱い私は、
靴紐を締め直し、歩きはじめました。

IMG_1761


八甲田山の映画の中で、
若き北大路欣也扮する、神田大尉の名台詞。

「天は我々を見放した。」

この美しい山にも、
大自然の氷雪の魔神が住みついています。

IMG_1760


八甲田山雪中行軍遭難事件は、
およそ100年前、明治35年1月に実際にあったお話です。

対露戦争に備え、
雪中での行軍を想定して行われた軍事訓練です。

選ばれた、青森歩兵第五聯隊210人が、
雪中行軍の訓練のために八甲田山に入り、
199人が凍死するという、
世界最大の山岳遭難事故でした。


IMG_1759



異常寒波の恐れがあったにもかかわらず、
自然の脅威を甘く考えた、
軍の上官命令のもとに強行され、
恐ろしい惨劇を招く雪中行軍となりました。


IMG_1763



ロープウェイ山頂の休憩所の中では、
大きなストーブを囲みながら、
大勢の人たちが時間待ちをしていました。

ストーブにあたりながら、
この八甲田山の映像を、皆で観ていました。

氷雪に閉ざされた山の中、方向を見失った軍人達が、
つぎつぎと、生きたままの立ち姿で、
凍死していく惨劇の映像に見入っていました。


IMG_1765



八甲田は、世界でも有数の豪雪地帯。

真冬には、2メートルほど雪が積もるそうです。


IMG_1754



八甲田の氷雪の犠牲となった、若く優秀な軍人たちは、
せめて、歴史の真実を伝えてほしいと
願っているのかもしれません。


IMG_1747



地獄沼の紅葉風景。


RIMG0184


下山して、震える身体をさすりながら、

「何か、温かいものでも飲みたいね。」

立ち寄ったのは、
ログハウスの宿、「八甲田ホテル」


RIMG0181


豪雪を迎える前の穏やかな秋の夕暮れ。

RIMG0183



「秋の果て幾百もの蛍の火」 
                       ジョゼ







いつもありがとうございます。「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


八甲田山死の彷徨 (新潮文庫)八甲田山死の彷徨 (新潮文庫)
(1978/01)
新田 次郎

商品詳細を見る


送料無料の花ギフトはフラワーファーム

「みちのくの秘湯めぐり」蔦温泉へ
[温泉] ブログ村キーワード


IMG_1740


日本百名湯の一軒宿、「蔦温泉」

明治、大正の文豪、大町桂月が愛し、
終焉の地とした、ここ蔦温泉。

蔦2


木造2階建ての風情ある宿構え。

蔦


黒光りする廊下、
こういう味わいある古い老舗旅館ほど、
部屋が取れませんでした。

温泉が日本の人たちに愛されている証拠ですね。


IMG_1742


名湯に浸かるだけでも良いという人たちが、
次ぎ次ぎと訪れては、車で去っていきます。

IMG_1739



蔦旅館を囲む秋の池。

大町桂月は、奥入瀬渓流の、滝や岩の名づけ親でもあり、
東北の美しさを、いち早く世に知らしめました。

なかでも、この蔦温泉には、
2度も冬ごもりをして、

「蔦温泉帖(つたおんせんちょう)」
「冬籠帖(ふゆごもりちょう)」を書き残しました。


IMG_1741



古い日本の木造家屋が、そのままに受け継がれ、
現代まで、疲れた人々の心身を温め癒してくれる風景。

「世の人の命を 蔦の山 湯のわく 処水清きところ」  
                         大町桂月


IMG_1738


56歳の生涯を、ここ蔦の地で閉じた、
桂月の辞世の句

「極楽へ越(こ)ゆる峠の一休(ひとやす)み
 蔦の出湯(いでゆ)に身をば清めて」







いつもありがとうございます。「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


一度は泊まりたい「温泉遺産」 厳選100+397軒 (講談社 Mook)一度は泊まりたい「温泉遺産」 厳選100+397軒 (講談社 Mook)
(2007/11/29)
不明

商品詳細を見る


送料無料の花ギフトはフラワーファーム

「みちのくの秘湯めぐり」大湯温泉・龍門亭 
[温泉] ブログ村キーワード


大湯6


大湯温泉のお宿は「龍門亭・千葉旅館 」

名前の由来は、

『一タビ龍門ヲ登レバ則チ声価百倍』

この李白の一文から、「龍門亭」と命名されたそうです。

篆刻で刻まれた名前、 気品と風格漂う 山間のお宿。


大湯温泉玄関1


千葉旅館は、南部北家の藩士をしていた、
千葉禮八胤虎(ちばれいはちたねとら)が、
明治二年、
「旅人宿」として開業したという歴史あるお宿でした。

シックでモダンな玄関。

IMG_1712


部屋の中も、とてもシンプルで落ち着いています。

IMG_1713


部屋の窓から見える庭園風景。

IMG_1714


東北のお宿は、窓からの景観が見事でした。

IMG_1716


開湯800年の歴史をもつ湯量豊富な大湯温泉。。

IMG_1715


IMG_1717


美しい庭園を望む湯浴みは、旅の至福のひと時。

御影石の露天風呂。

大湯夕食1


これこそ、旬香彩味。

旬の食材がふんだんに使われた、心憎いまでの秋の味。

IMG_1721


華美ではないのに、口に含むと、一品一品の芳香が
ゆっくりと広がって、つい、地酒もすすみます。

大湯5


更けゆくみちのくの秋、ほのかな灯りが、
湯浴みを楽しむ旅人に、安らかなひとときを
もたらしてくれます。


~弄花香満衣 掬水月在手 ~

春の野辺、花をもてあそんでいると、
花の香が衣服に満ち溢れてくる。

秋の夜、水を手に掬い取ると、
手の中の水に月が映っている。

日本人だけが織りなすことのできる四季の感性が、
そのままに、生き続けていました。







いつもありがとうございます。クリエイティブライフ・「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


奥の細道温泉紀行 (コロナ・ブックス)奥の細道温泉紀行 (コロナ・ブックス)
(1999/03)
嵐山 光三郎

商品詳細を見る


送料無料の花ギフトはフラワーファーム

「みちのくの旅」奥入瀬渓谷へ
[東北旅行] ブログ村キーワード


IMG_1724



十和田湖を後にして、
やってきたのは、
一度は訪れてみたかった、ここ奥入瀬渓流


IMG_1728


清流うつくし、やさしいもみじ。

こころ浮きたち、あしどり軽やか。

みちのくの秋の中に立つ若い恋人たち

IMG_1729


奥入瀬は十和田湖から流れ出る唯一の渓流です。

滝の流れと、あわやかな草もみじ。

IMG_1726


渓谷の静けさの中の滝音。

IMG_1733


時には強く、
楚々とした清流が、男性的な姿に変わります。

IMG_1730


IMG_1734


どの風景を切り取っても、絵になります。

IMG_1732


幾つもの滝音を聞きながら、
落ち葉を踏みしめて行きます。

IMG_1736


幻想的な渓流美と光輝く黄葉。

「歩け奥入瀬・・三里半」

昔から、そんなふうに歌われていましたっけ。

ゆっくりと、渓流沿いを歩く時間が、
奥入瀬の一番贅沢な味わい方のようでした。






いつもありがとうございます。クリエイティブライフ・「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋




送料無料の花ギフトはフラワーファーム

「みちのくの旅」大湯・環状列石へ
[東北旅行] ブログ村キーワード


IMG_1693



自由な旅の良いところは、
時間にも、場所に縛られないこと

「大湯環状列石」

RIMG0160


「面白そうだから、行って見よう。」

RIMG0167


まあ、なんと、
縄文時代の大型の配石遺跡が現れました。

IMG_1707


これは、びっくり

RIMG0168


大湯環状列石(ストーンサークル)は、

まあ、教科書にも載っているほど、
有名な貴重な遺跡でした。

IMG_1696



日本の特別史跡ですって


IMG_1709


縄文人が、ここで暮らしていたなんてね。
浪漫だわ~

大湯川を一望する丘からは、
土器を埋設した炉が発見されたり、
ここで祭祀が行われていたかもしれないんですって。


IMG_1710


遺跡が大好きで、若い頃、
発掘調査をしていた友人のジープに乗って、
立ち入り禁止の発掘現場で
一緒に、シャベルを手にした時のことを、
懐かしく思い出しました。


RIMG0171


奥深い、みちのくの歴史。

どこを訪れても、真っ青な空の高さが嬉しくて、
何度も深呼吸をしてしまいました。

こんな素晴らしい遺跡に出会えるなんてね

RIMG0163


若いご夫婦が、
木陰で、小さな赤ちゃんを抱っこしていました。

広大な自然の中で育つ赤ちゃん、
きっと、大きな人になるんだろうな。

RIMG0162


縄文浪漫を、心おきなく味わえた
みちのくの秋の一日でした。








いつもありがとうございます。クリエイティブライフ・「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


紅葉を撮るカメラワーク―写真テクニックと撮影地紹介 (孔雀ブックス)紅葉を撮るカメラワーク―写真テクニックと撮影地紹介 (孔雀ブックス)
(1998/08)
千葉 克介

商品詳細を見る


送料無料の花ギフトはフラワーファーム


Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。