リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『舞妓・冬』絵画と創作詩





 

宮下柚葵『舞妓・冬』




『舞妓冬道』


藍染めまとい
行く道に

雪さらら

可愛き舞妓の
雪かんざし

藍染めまとい
行く道に

雪さらら

可愛き舞妓の
雪えりあし

赤帯きりり
しめたけど

故郷の
恋しきは
雪水仙

父さん母さん
一目会いたや
年玉あげたや


雪暮れて とほき山肌 白き花

                             ジョゼ


         




舞妓のやるせない望郷にも似て、
懐かしき日本の白き情緒…



今年は、たくさんのご愛顧頂きまして、
本当にありがとうございました。

お友達の皆さんが
一年の佳きしめくくりを過ごされること、
心からお祈りいたします。





ブログランキング

♪コレクション部門に参加中です。f_balloon5.gif



このブログをもっとお読み頂ける時は、こちらへ。
ジョゼの人形の部屋

スポンサーサイト
アヴェ・マリアでメリークリスマス!



リヤドロ花を持つマリア


リヤドロ



メリークリスマス

クリスマスの今宵、いかがお過ごしでしょうか

我が家は、ワインを飲みながら、

音楽を聞き、

いつものように、静かに過ごしています…

5年前のイブの夜、ロシアの、

サンクトペテルブルグ室内合奏団の、

クリスマスコンサートを聴きに行き、

『クリスマス・アヴェマリア』の、

美しい歌声に、すっかり魅了されてしまいました。

この調べが忘れられず、柔らかな夜の灯りの中で、

合奏団の名曲に耳を傾けることも、

聖夜の楽しみの一つになりました…
 
                                  
アヴェ マリア

アヴェ マリア わがきみ

  野の果てに嘆こう 乙女の祈りを

  あ われと聞かせたまえ

  みもとに安らけく 憩わしめたまえ

  悩める心 君に祈(ネ)ぎまつる

  アヴェ マリア

  アヴェ マリア わがきみ

  野の果てに嘆こう 乙女の祈りを

  あ われと聞かせたまえ

  みもとに安らけく 憩わしめたまえ

  悩める心 君に祈(ネ)ぎまつる

  アヴェ マリア アヴェ マリア


リヤドロ【花を持つマリア】


雪降る街、雪降る山、雪降る国…

そんな皆さんにも、メリークリスマス!!
白薔薇.gif



ブログランキング

♪コレクション部門に参加中です。f_balloon5.gif



このブログをもっとお読み頂ける時は、こちらへ。
ジョゼの人形の部屋





里山暮らし、ときどきスペイン―やっと見つけた日本の本拠地!
中川 璃々 (2006/06)


この商品の詳細を見る
おとこたちのシクラメン街道!


イラスト・シクラメン

真綿色した~♪♪
シクラメンほど~♪すがしいものはない~~

毎年、待ちこがれて出かける
恒例の、青梅シクラメン街道巡り!!

今年は、風邪を引いた私はお留守番と
あいなりました。

お花大好きの男組二人は、
今年も勇んで、掘り出し物と
美味いもの探しへと出かけました…

じゃ~~ん!!

やっぱり、シクラメン一色!!


04.jpg


シクラメンの数と色の豊富さに
負けず劣らない
見事なベゴニア群!!

初めて兄から届いた、大きな箱の中を
のぞいた時の、真っ赤なベゴニアは、
一瞬、薔薇かと思う位
見事な、咲きっぷりでした。


青梅4・ベゴニア1


どういうわけか、いい場所を探し出すのが
得意な男組み二人

お昼の、お蕎麦屋さんの地続きには、
こんな、素晴らしい眺めの旧家のお休み処があり、
この風景を眺めながら、お汁粉と珈琲を頂いたそうです。
ぐやじぃ~~


青梅1.jpg


畳敷きの部屋の中には、
和の香りが漂いつつ…


青梅3・人形


可愛いい日本人形に見つめられながらの
お汁粉は、さぞかし美味しかった事でしょう。


青梅3・人形2.jpg


右側の、黒光りする廊下側からは、
美しい大輪の白菊が…


青梅2.jpg


夕方遅くに、元気に、ただいま~~

風邪ひきが、一人で待っているから
夕飯は、食わずに帰ってきてやったぞ!エラソウニ、アニ…

それは、それはご迷惑さんどしたなぁ~

庭師さんは、戦利品を、飾るのにもう夢中!!

紅白歌合戦

いえいえ、赤白ベゴニア合戦、
これで決まり、クリスマス&お正月!!


ベランダ夜・2007ベゴニア




ブログランキング

♪コレクション部門に参加中です。ありがとう.gif



リヤドロ 花の香りに包まれて




リヤドロかぐわしき花


roseline1r.gif


このブログをもっとお読み頂ける時は、こちらへ。
ジョゼの人形の部屋



快晴!お花もスクスク!お掃除日和!


 
花の詩

花の詩『吉岡浩太郎・一覧』



東京、快晴!!

さあて、最高のお掃除日和!!
先週は、年賀状を作り終えました。

冬のお花もスクスク元気に!!
鼻歌交じりに、水やりしたり…


すると、リビングボードの片隅から
何やら、ぶつぶつと…


ドールハウスの動物たち


ねぇ、もうすぐクリスマスだよね~~

うちのママったら、寝たり起きたり、
洗面室でやたら、うがいをゴロゴロしては、
ハァーなんてため息ついてるけど、
僕達のこと、サンタさんに、ちゃんと
コンタクトとってくれてるのかなぁ~~


ドールハウス白猫2



そうなの。
私も、それが心配なの。

私は今年、
お洒落な椅子がけがほしいって頼んだの。
でも、あの忘れっぽいママが、
私達のリクエスト、全部覚えてられると思う?


ドールハウスの動物たち4


えっー。そんなぁ~~
ボクは、すぐにでも毛布ほしいよ~~
しゃむぃ~~


くんくんいい匂い

へたりんこ~~
わいだって、そろそろ、嫁さんほしいねん


~頼りない、人形の部屋の持ち主に、

あとから、あとから…つぶやきが

ドールハウスの住人たちは、心配の様子!

まあ、ママにまかせなさい!!

ドールハウス2.jpg
『我が家のドールハウス・夫作』


angel4.gif





リヤドロ【サンタのお手伝い】





リヤドロ・おしゃべりしましょう



ブログランキング

♪コレクション部門に参加中です。
 
FC2 Blog Ranking



このブログをもっとお読み頂ける時は、こちらへ。
ジョゼの人形の部屋
 

リヤドロから王女マルガリータまで?




東京は、素晴らしい青空でした。

日記も、すっかりご無沙汰してしまい
ご心配おかけしました。

子供の頃から、扁桃腺が弱く、
今回は、とうとう熱を出してしまいました。トホホ…

早めに病院ヘ行ったら、先生が
インフルエンザも風邪も流行っているよと、
お話ししてくれました。皆さんも気をつけて下さいまし。

全快するまで、ソファーに横になりながら、
シリーズの世界の歴史と美術館巡りを…

テレビのBS特集には、素晴らしい番組がたくさんあり、
日本や世界の歴史探訪ができるのも嬉しいです。

先日も、
十六世紀前半、
「日没なき世界帝国」にまでのぼりつめた、
ヨーロッパ、ハプスブルク家のルドルフ一世から始まる
「美の帝国」の栄華と興亡の歴史が三夜連続で
放送されていました。

熟年になるほど、日本史や世界史に興味を持つのも、
日本や世界各地のブログ友の影響(?_?)

1273年、
スイスの弱小貴族にすぎなかった
ハプスブルク家に、まるで
「ひょうたんからこま」のように、
突然、神聖ローマ皇帝の地位が転がり込みます。

庶民に例えたら、突然、凄い宝くじをあてた!!
というような…
例えが庶民的すぎかしらん

何しろ、超、超ラッキーな
出来事だったんでしょうねぇ! 

ハプスブルクは領土拡大の強運に恵まれ、
最大の武器は、何と、日本の戦国時代に似て、
軍事力より、政略結婚によるものなんですね。

中でも、皇帝マクシミリアン一世は、
子供と孫の結婚で、武器を持たずに
平和を志すハプスブルク!を築きあげました。

「戦争は他国にさせておけ。
幸いなるオーストリアよ、汝は結婚せよ」。

この有名な、マクシミリアンの言葉通り、
結婚政策によってハプスブルク帝国の領土は、
南アメリカ大陸にもおよび、
十六世紀前半には
「日没なき世界帝国」といわれるまでに
一挙に、のぼりつめていくんですねぇ。

この結婚政策、血縁で結ばれた
オーストリアとスペインの間を、
何組もの花婿、花嫁が往来していたのには、
改めて驚きます!

その中には、フランス革命で、
悲惨な最期を遂げた
王妃マリーアントワネットもいます。

芸術家達のパトロンだった、
ハプスブルク家は、
スペインバロック絵画の巨匠だった、ベラスケスに、
不朽の名作、ラス・メニーナス(女官たち)を初め、
多くの宮廷絵画を描かせています。


私が、リヤドロのメニーナを、
最近、新作の中で、ふと見つけた後に、
たまたま、番組を観たのも、

ふ し ぎ な お は な し…



リヤドロ・メニーナ・ベラスケスに捧ぐ

『リヤドロ・メニーナ・ベラスケスに捧ぐ』


未だに、世界の人々から大賛辞を受けている
王女マルゲリータの何とも、高貴で可憐な顔が
お人形さんのように、
印象に残ってしまったというわけでござります。

リヤドロのアーテイストは、
古代の宮廷絵画のヒロインにまで、
インスピレーションが湧き立ち、
作品にしてしまうなんて、
壮大なロマンを追い続けているようで、
思わず感動してしまいますね。



マルガリータ

『王女マルガリータの伝説をどうぞ』


上の肖像画は、王女が8歳のときに
ウィーン・ハプスブルク家への贈り物として、
当時の宮廷画家、最高峰のベラスケスによって描かれ、
王女マルガリータの肖像画は、何枚か描かれ、
この作品はなくなる1年前に完成されたそうです。

まあ、こんなふうに
私のアート探訪は、風邪をひいても健在でありました!




リヤドロ月でひと休み



ブログランキング

♪コレクション部門に参加中です。
 



このブログをもっとお読み頂ける時は、こちらへ。
ジョゼの人形の部屋



Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。