リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『イタリヤからのしあわせ便り』



『イタリヤからのしあわせ便り』

イタリア・ナルニの街並


ジョゼさん、こんにちは♪

おみやげのドールが住んでいたのは、
アパートのあるアメリアからバスで20分、
鉄道駅のあるナルニという古い町です。

旧市街の商店街にある小さなショップ、
この店の娘さんらしき女性が店番をしながら
写真のような手作りアクセサリーを作っていました。

イタリアでは、このようなリボン使いのネックレスや
手作り小物、アクセサリーが、
とっても流行っていたの。

イタリアのドールショップ


ショップの奥の棚の片隅に、
このような赤ちゃんのお人形たちがいて‥

イタリアのドールたち


その中に一人だけポツンと 
ちょっと場違いな彼女が座っていたのです。

「この人形、売り物ですか?」と聞きながら、
心の中では、絶対、この子を連れて帰ろう‥
と決めていたわ。

だって、彼女は
誰かが迎えに来るのを待っていたようでしたから。

海を渡って旅をして、
東洋の「ジョゼの人形の館」で
暮らすのは神が定めた運命だったのかも‥

リミンが迎えに来たわよ~
ジョゼのお家に行こうね~☆」



秋のある日、
こんな素敵なメールと写真が届きました!!

11月にイタリアから帰国された、リミンさんから、
我が家に、イタリアらしい陽気なお洒落な
紙包みが届きました。

早速袋から取り出したら…


嬉しそうに、
我が家の三人の天使たちがお出迎え!

ママ、べっぴんさんではござりませんか。





一粒づつ、可愛い宝石を、
もたらされている天使達も、
はにかみながら大喜び!!



『リミンさん創作のブリザードの薔薇の横で』

何て愛らしい、アンティークドールでしょう!

小さく、引き締まった赤い口元、
栗色の巻き毛、
そして、透き通るような青い瞳…

秋の穏やかな陽射しを浴びて…

~私、とうとう日本まできちゃったわ。~

でも、お店の中のたくさんのお友達の中で、
一人の日本のミセスが、私をじっと見つめて手にとり、
楽しいお喋りをしてくれたの。

私は、その時、このミセスと一緒に、
きっと、たくさんのドールたちに
会えそうな気がしたわ!!

思ったとおり、ドールや妖精や天使達が
待ちわびていてくれたの。

そして、私の巻き毛をさすりながら、
ようこそ!さあ、ここにどうぞ、座って!

そして、新しいママは、カメラ、カメラとパパを呼び、
どう、この角度、この場所、
凄く似合ってると思わない、なんて大騒ぎ!

数日後、ママは私の顔を何度も
見ながら名前を考えだしたの。

パパは、イタリヤのナルニからやってきたから、

ナルニカだ!!

パパが、私の名付け親!

日本の新しい住処は、お人形の館だったの!!


『旅先で創った押し花の額の横で』

こうして、我が家の新しい家族になった、、
イタリア生まれのチャームな巻き毛の女のこ、
ナルニカです!!


いつも爽やかな幸せを運んでくれる
秦野の里山暮らしに戻った
リミンさんご夫妻は、
今頃は、はてさてと




ブログランキング
♪コレクション部門に参加しています。クリックして下さると励みになります♪



このブログをもっとお読み頂ける時は、こちらへ。
ジョゼの人形の部屋



 リヤドロはスペインで生まれました! 

里山暮らし、ときどきスペイン―やっと見つけた日本の本拠地!
中川 璃々 (2006/06)
太陽出版

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト
『ボジョレーと白薔薇』絵画と創作詩




カトラン『ぶどうの房のある静物』






『ボジョレーと白薔薇』


解禁の宵暮れ
薔薇ハンチングの
フランス女が

ワイン祭りで
もてはやされて 
ロゼのボジョレーを
飲みほした

ソムリエの
白薔薇達は
冷やかすように
ささやいた

耳たぶは
ほんのり色づき
美しいけれど

まだ胸奧が
きりきりするほど
鮮烈でもなし


解禁の宵暮れ
薔薇ハンチングの
フランス女が

伊達男達に
もてはやされて 
ロゼのボジョレーを
飲みほした

ソムリエの
白薔薇達は
女の背中から
ささやいた

ほんの少し
秋色アンニュイの香りが
するけれど

まだ記憶の奧に
消しても消せない
残り香ほどでなし

小粋なフランス女は…

とうとう
白薔薇達に
ぴしゃり

ソムリエさん方

私はもうとっくに
赤ワイン

ロゼなんか
似合うわけがない


                              ジョゼ 
     



カシニョール『ワイングラス』








ブログランキング
コレクション部門に参加しています。よろしければお願い致しします。





このブログをもっとお読み頂ける時は、こちらへ。
ジョゼの人形の部屋



とうとう、ブログ姉妹誕生!



 秋日和 

最近は、時間を見ては、年末に向けて
部屋の模様替えをしたりしています。

でも、もう一つ、このところ
頭の上のたんこぶだった
ブログの模様替え、
何とかなってまいりました。

実は、だいぶ前から、フォトがいっぱいになり、
消しながらの更新。

写真が多いせいか、
ついに、フォトがメタボになり、
管理者としては、
どうしたら良いものかと…

そこで、はっと思い出したのが、英国方式!

駅前留学のノバは、経営破綻を起こす騒ぎ、
信頼できる、日本語の話せる英国人!!

そうだ、いたいた!

ブログオープン時からのお友達、
すでに、グーグル検索で1位!!

「イギリス国際あんなことこんなこと」
のみやこさん!!

この英国方式は、
完成するまでに、色々な方から
一つ一つ、確か、ご意見を聞いていたわ!


すぐに、門下生になるべく、ネットヘリに搭乗!


リヤドロ〉可愛いパイロット



みやこさ~ん、あのぉ~…

私のブログ、フォトがメタボちゃんになり、
肥満率の上限なんです。

みやこさん、ぜひお力添えを

まあ、ジョゼさん、いらっしゃい!

私でお役に立てれば何なりとどうぞ!


 イアンちゃ~~ん♪ 
(だんな様をいつまでたっても、こう呼ぶ熱さ!)

お茶とおせんべいね~♪   
(えっ、英国紅茶とスコーンは?)

英国といえば、絵本『ピーターラビット

このさい、映画のお話しも少し…

みやこさんのブログを読んでいて、
先日、映画『ミス・ポター』を観に行きました。

原作者ビアトリクス・ポターが、
愛する婚約者の突然の死に、遭遇し、

悲嘆の中で、暮らし始めた湖水地方、
その広大で、肥沃の大地の自然の中で、

ミス・ポターは、魂までも新生され絵筆を握り、
こよなく愛する小さな動物達を
再び、紙面に蘇らせていきます。

そして、ポターは、
自然破壊の手に染まろうとしている湖水一帯を
全財産を賭して、守り抜きました。

~湖水地方が夢まで出てきた、ミセス・みやこ~


みやこさん、助かります。
よろしくよろしく、お願いします!

それから1ヶ月以上、テスト、テストの繰り返し

うーん、やっぱり新しい事は、中々手強いわ!

かくして、
私は良き先生のご指導の元に、

やっと、フォトメタボから解放されました。

こちらから、新居の入り口となります。

玄関です!

行き来は、自由にできるよう設計して参ります。

『ふつつか者ではございますが、リヤドロジョゼと改名致しました。

これからも、どうぞ可愛がって下さいませ。




ブログランキング
コレクション部門に参加中です!




このブログをもっとお読み頂ける時は、こちらへ。
ジョゼの人形の部屋



秋の読書は、やさしい物語




フジ子・ヘミング画・『柿色のTeeセット』





 秋の柿を頬張りながら、
温かい紅茶を入れて、
たまには、
ゆっくり読書も、良いものですね。




雪のひとひら



『雪のひとひら』


私の大好きな小さな可愛い本…

装丁に惹かれ、何度か開いた
とても優しい物語…


寒い冬の銀世界の中で、遙か遠い空の高みから、
雪のひとひらは、ある日突然、生まれます…

雪のひとひらは、
自分が、いつ生まれたのか、
どのように、生まれたのか、
まったく見当もつきませんでした。

この物語は、
雪のひとひらを、一人の女性の一生として、
擬人化されながら描かれたものです。


雪のひとひらは、
雪として、露として、水として、ひたむきに流れていきます。

雪のひとひらは、自然の困難に出会いながらも
けなげに流れていきます。

そんな、雪のひとひらにも、素敵な恋も芽生え、
良き伴侶、可愛い子供にも恵まれます。

けれど、愛しい雪の家族は
はかなく、つぎつぎと消えていき、
雪のひとひらを、ひとりぼっちにさせていきました…

ひとりで生まれ、ひとりで消えていく。
ひとそのままに…

ポール・ギャリコは、実に繊細に、優しい眼差しで
雪のひとひらを見守り続けています。

彼女の物語は、
こう、締めくくられています。


彼女の生涯はつつましいものでした。
この身はささやかな雪のひとひらにすぎず、
片時もそれ以上のものであったり、
それ以上を望んだりしたことはありませんでした。

けれども、こうしてふり返ってみると、
彼女は終始役に立つものであり、
その目的を果たすために必要とされるところに、
つねに居合わせていたのです。

そして、雪のひとひらは、
物語の最後に、この言葉を授かりました



『 ごくろうさまだった、小さな雪のひとひら、

   さあ、ようこそおかえり 』




汗



リヤドロ・甘い香り





ブログランキング




このブログをもっとお読み頂ける時は、こちらへ。
ジョゼの人形の部屋

『秋の日曜日』何でも、楽しもう!!



デュフィ『日曜日』
デュフィ・アートへのご案内!!



秋の日曜日は、どんな風に過ごされていますか?

我が家の日曜日は、ゆっくり起きだして、
7時頃からウオーキング、1万歩位歩いてきます。

夏は、涼しい土手、
秋からは、少し遠いけれど、可愛いお花が見られる
公園まで、足を伸ばします。

散歩の途中で、いつも素敵なご夫婦に出会います。

マラソンランナーで頑健だったご主人が、脳梗塞で倒れ
左側が不随になられたそうですが、
奧様の励ましで、お散歩を、毎日続けられているうちに
だんだんと歩けるようになられたそうです。

いつも、遠くからお互いの姿を見つけ合うと、
手を振り合います。

おはようございます!! とにっこり!

立ち止まり、お天気とか、飼っておられる猫ちゃんのこととか、
たわいないお喋りをしては、
じゃあ、又!!  と手を振ります。

散歩仲間のお爺ちゃんが、ご夫婦のお写真を撮りました。

薄暗い、ガード下で、のっぽのご主人と小柄な奥さん…

今の歩みの、なんというゆるやかさ…
お背中の、なんという穏やかさ…

道すがらのお爺ちゃんは、きっといつも、
このお二人の背中を写したいと思っていたのでしょう。

いつか、このお爺ちゃんの、少し丸まった、
両肩が、愛嬌良く、上がったり、さがったり。
温かく、満ち足りた、背中を撮ってあげたい。

坦々と、歩めるようになるようまでの、
長い歳月…

美しい背中だ…


帰宅後、シャワーを浴びて朝食。
珈琲の香りを楽しみながら、音楽

こんな日曜日の朝を、迎えられるのも、
年輪のプレゼントかもしれない。

我が家の庭師さんは、ベランダの手入れに
余念がない。

一通り終えては、シアターに耽溺。

我が家は、読書も音楽も映画も、全くジャンル
お構いなしに楽しむ。

良いものは、まっこと良いし、
楽しいものは、まっこと楽しい。

庭師さん、お疲れさま!

我が家の夜景(新3)花瓶

秋の夜には、リヤドロも、まっこと美しい






リヤドロ・穏やかな光



ハイ、これも庭師さんのお陰!

我が家の夜景(新2).jpg





ブログランキング
コレクション部門に参加しています♪


Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。