リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『世界歴史とファーストキス?』
[絵画] ブログ村キーワード

 

ディアス・ファーストキス

ディアス・ファーストキス



東京、快晴!
10月のスタート!

本格的な秋の到来です。

スポーツ、旅行、読書、美術館、登山へと、
楽しい計画が、目白押しですね。

9月の不安定な気候を経て、
ようやく、安定を得られるこの季節。
嬉しいですね。

読書の秋だというのに、
しおりが挟まったままの本が積読状態。

時間の合間を見ながら、
今、手にしているのは、
塩野七生さんの、
「ルネサンスとは、何であったのか」

塩野さん独特の、
世界歴史の怜悧で斬新な切り口が、
興味深い一冊です。

20年近く前に、初めて、全15巻に渡る、
ローマ人の物語」を手にしました。

「こんな凄い女性の小説家がいるのだわ。」
と、カルチャーショックを受けました。

塩野さんは、今でこそ、
日本の文化勲章を授与されておられますが、
長い執筆活動の道程では、
歴史関係者から異端視され、
冷遇の憂き目にも、遭われたそうです。

「ローマ人の物語」は、
ローマ帝国の栄国と滅亡を基軸に、
初めてヨーロッパ世界というものを、
年号の暗記ではなく、
小説ならではの醍醐味と可能性で、
いきいきとした、血の通う人間描写で、
私に、世界歴史の面白さを教えてくれた作品でした。

又、全15巻を、
読み直す気力も無かったところで、
偶然立ち寄った書店に陳列されていたのが、
「ルネサンスとは、何であったのか」
という、対談集でした。

やはり、塩野さんらしく、
既成にしばられない、斬新なルネサンスの捉え方、
世界観が、事細かく語られていて、
私の秋の読み物になっています。

暗記ばかりの世界歴史が、
大嫌いだった私。

日本の地名を覚えるだけで精一杯で、
いつも赤点に怯えていた私。

今でも、歴史の先生の顔が誰一つ
浮かんでこない私。

塩野さんは、めでたく、
私と世界歴史に「ファーストキス」
させてくれたというわけです。


♪今宵の調べ・Appassionata・情熱♪








FC2ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ

暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


塩野七生『ローマ人の物語』スペシャル・ガイドブック塩野七生『ローマ人の物語』スペシャル・ガイドブック
(2007/05)
新潮社出版企画部

商品詳細を見る

スポンサーサイト
秋の読書は、やさしい物語




フジ子・ヘミング画・『柿色のTeeセット』





 秋の柿を頬張りながら、
温かい紅茶を入れて、
たまには、
ゆっくり読書も、良いものですね。




雪のひとひら



『雪のひとひら』


私の大好きな小さな可愛い本…

装丁に惹かれ、何度か開いた
とても優しい物語…


寒い冬の銀世界の中で、遙か遠い空の高みから、
雪のひとひらは、ある日突然、生まれます…

雪のひとひらは、
自分が、いつ生まれたのか、
どのように、生まれたのか、
まったく見当もつきませんでした。

この物語は、
雪のひとひらを、一人の女性の一生として、
擬人化されながら描かれたものです。


雪のひとひらは、
雪として、露として、水として、ひたむきに流れていきます。

雪のひとひらは、自然の困難に出会いながらも
けなげに流れていきます。

そんな、雪のひとひらにも、素敵な恋も芽生え、
良き伴侶、可愛い子供にも恵まれます。

けれど、愛しい雪の家族は
はかなく、つぎつぎと消えていき、
雪のひとひらを、ひとりぼっちにさせていきました…

ひとりで生まれ、ひとりで消えていく。
ひとそのままに…

ポール・ギャリコは、実に繊細に、優しい眼差しで
雪のひとひらを見守り続けています。

彼女の物語は、
こう、締めくくられています。


彼女の生涯はつつましいものでした。
この身はささやかな雪のひとひらにすぎず、
片時もそれ以上のものであったり、
それ以上を望んだりしたことはありませんでした。

けれども、こうしてふり返ってみると、
彼女は終始役に立つものであり、
その目的を果たすために必要とされるところに、
つねに居合わせていたのです。

そして、雪のひとひらは、
物語の最後に、この言葉を授かりました



『 ごくろうさまだった、小さな雪のひとひら、

   さあ、ようこそおかえり 』




汗



リヤドロ・甘い香り





ブログランキング




このブログをもっとお読み頂ける時は、こちらへ。
ジョゼの人形の部屋

Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。