リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「能登・曹洞宗大本山へ!」能登・金沢の旅4


DSC02219



北陸の奥へと。
能登・輪島市門前町。


訪れたのは、風光幽玄な、
曹洞宗大本山の面影をしのばせる、一大聖地。

 

DSC02222



閑散としたこの寺院は、

福井県の永平寺、神奈川県の總持寺と並んで、
曹洞宗の大本山として、
崇敬を集める總持寺祖院(そうじじそいん)です。


IMG_0186


曹洞宗、開祖は道元禅師。

700年の時を経て、
曹洞宗のルーツとして、
修行に打ち込む雲水たちの姿とともに、
禅の心を、現代に伝え続けています。



IMG_0188




DSC02215



華美を払拭した、静謐な空間。


IMG_0193



元享元(1321)年、
瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)禅師によって
創建された總持寺祖院。



IMG_0190


IMG_0191


IMG_0196


瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)禅師の、
生涯の物語が、20年の歳月をかけて、
名匠、親子二代に渡って掘り続けられています。


DSC02204


DSC02212



仏像が、いとも簡単に盗まれてしまう現代、
日本人の心の荒廃を、
思わずにはいられませんでした。


DSC02224


DSC02218


北陸の灰色の空と、
静まりかえった厳かさ。

かつて、自然と共に育まれた深い信仰心。

日本と日本人の原風景が、
ふっと、しみ入る古寺の旅の午後でした。






☆いつもありがとうございます~♪☆


海外旅行・参加中


にほんブログ村  クリエイティブライフへ




ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋

スポンサーサイト
「和倉温泉・虹と海へ到着!」能登・金沢の旅3


DSC02133.jpg

富山を北上して、リタイア夫婦の気まま旅、
お次は、能登の和倉温泉!

2010年4月オープンしたばかりの、
スタイリッシュなホテル、
「虹と海」


DSC02134


DSC02135


エントランスに入ったとたん、
雄大な七尾湾の海!


DSC02167


モダンなエントランスは、
安らぎの入り口。

現代的で、
シックなフロントロビーからは、
アロマがほのかに香ってきます。


IMG_0168.jpg


海を背景に、
メインラウンジで、
すぐに、ティータイムのおもてなし。


IMG_0153



部屋の窓いっぱいに広がる、
七尾湾の静かな海。

向こうに見えるのは能登島です。


DSC02180


DSC02192


白を貴重とした、光と影の空間演出が、
大人の旅に、ぴったりです。


DSC02138


DSC02193


DSC02194


加賀の伝統文化が、
夜のエントランスに色鮮やかに
浮かびあがります。


DSC02187


真昼の白の地中海の香りと、
チャイナ・李朝のディティールが、
神秘的な雰囲気を醸し出す、

「虹と海」の夜が、
静かに更けて行きました。




拡大画像は、こちらからご覧いただけます






☆いつもありがとうございます~♪☆


海外旅行・参加中


にほんブログ村  クリエイティブライフへ




ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋

「五箇山 ・小さな世界遺産の村へ!」能登・金沢の旅2



IMG_0092


秋の薄日にやってきた、緑深い山あいの里。

ここは、世界遺産・五箇山合掌造り集落。


IMG_0093


絵本の昔話のような、
のどかな田園風景をたたえる、小さな村。

たった23棟だけの、相倉合掌造り集落です。


DSC02057


日本有数の豪雪地帯が、
この村の人々の暮らしを、世界にも稀れな、
独特の建築と日本文化を生みだしました。


DSC02065


200年を経て、今も変わらずに、
正三角形の茅葺きの屋根が、
村の暮らしを豪雪から守っています。


IMG_0108.jpg

1995年、世界遺産に登録されてから、
この小さな村は、
世界の人たちから愛されるようになりました。


DSC02085


村の人たちの素朴な人柄と、
温かい、家庭料理の味わいが、
忘れられない場所。


DSC02082


大きなお盆にたんまり盛られた定食と、
ぜんざいの美味しかったこと。
食欲もりもりの夫は、ご満悦!

若い女の人から、おじいちゃん、おばぁちゃんまで、
それは、元気にくるくると立ち働いています。


DSC02088


昼時を過ぎた後の静けさ。

DSC02117


そして、もっと、小さな小さな村。
菅沼合掌造り集落へ。


DSC02118



戸数8戸だけのひっそりとした水音。

豪雪の時の水道の蛇口は、
いったいどうなってしまうのでしょう!


IMG_0142


人の途絶えた頃合いに、
こうして、夢中でシャッターを押し続けます。

DSC02109


DSC02098


村を訪れる人たちのために、
玄関前も、可愛いお花で飾られていました。

DSC02101


遠くから、面白そうな物を発見!

DSC02130


軒先に並べられたお野菜、
すべて、手作りでびっくり仰天!

古民家ドールハウスを思い出してしまった私。


DSC02124


小川の流れや田んぼのあぜ道、

目に映る景色すべてが、
日本の昔話のままに、大切に守られて。


DSC02090


DSC02120


おだやかな秋の午後、
コスモスに送られて、
小さな世界遺産の村に別れを告げました。




拡大画像は、こちらからご覧いただけます





☆いつもありがとうございます~♪☆


海外旅行・参加中


にほんブログ村  クリエイティブライフへ




ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋

「この秋は、富山・大牧温泉からスタート!」能登・金沢の旅1


2010-11-03 15:16:15


じゃ~ん!


こちら、富山の大牧温泉から、
ご無沙汰のごあいさつ。

紅葉前に出かけた、能登、金沢への温泉めぐり。

東京に戻ったとたん、
真冬並の寒波で、ブルブル~~

「はっ、はっくしょ~ん!!」

はぁ、年々、回復が遅くなってしもたわ~


ご無沙汰のおわびの変わりと、
言っては何ですが、

ピチピチギャルの笑顔をどうぞ


DSC02026



は~い、
この可愛い笑顔は、
庄川遊覧船の、何と、船長さん~♪


DSC02030



左側のデッキを上がる、長い足の持ち主!

何しろ、この大牧温泉に着くためには、
1日、4回しか運行されない、
この遊覧船だけが、頼りという、
知る人ぞ知るの秘湯です。


IMG_0054



昭和5年、小牧ダムの完成とともに、
湖底に沈められた村落。

この温泉宿一軒だけが、
ダム湖と切り立つ断崖の間に、
ひっそりと、取り残されました。



IMG_0055



峡谷の底に沈められた村落と、
生き残った宿への郷愁が、
日本の人たちの心をとらえ、

数え切れないたくさんの人々が、
この大牧温泉を訪れています。


IMG_0056


IMG_0057



四季の中でも、
真冬の雪に閉ざされた、
幽幻な風景は、格別に美しいそうです。


IMG_0069



開湯から、800年を経て。


IMG_0075



見渡すところ、
自然だけがご馳走のひととき。


IMG_0074


IMG_0072



平家の落人伝説とともに、

「船でしか行けない秘境の一件宿」

日本の百名湯、大牧温泉。

リタイア夫婦の今年の秋の旅は、
こうして始まりました。




拡大画像は、こちらからご覧いただけます





☆いつもありがとうございます~♪☆


海外旅行・参加中


にほんブログ村  クリエイティブライフへ




ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋

Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。