リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
座礁した、イタリアのコスタ・コンコルディア号の思い出。


IMG_0412.JPG


イタリアの豪華客船、コスタ・コンコルディア号が、
座礁したニュース映像には、
本当に驚いてしまいました。

写真の左が、座礁した、コスタ・コンコルディア号です。

右側が、地中海クルーズで、
私が乗船した、
同じイタリアの新造船、MSCファンタジア号です。


IMG_0411


ジェノバの港から、
仲良く出航した、二つの豪華客船。

IMG_0649


船内のデッキから、
コスタ・コンコルディア号を、
こんなふうに撮影しては、楽しんでいました。

IMG_0652

IMG_0653


船どおしが、近ずくたびに、
デッキから、手を振り合いました。

コスタ・コンコルディア号も、
MSCファンタジア号の乗船客も、
地中海クルーズの、旅の喜びと楽しさで、
デッキの上からでも、
その歓喜ぶりが、お互いに伝わってくるようでした。


IMG_0654


寄港地では、
こんなに、びったりと船体を寄せ合いました。

00.jpg


コスタ・コンコルディア号に起きた、
突然の悲劇!!

「まるで、タイタニックのようだった。」

生還された、アメリカ女性のことばです。

IMG_1012


あの華麗な船体が、
無残な姿で、
美しいエメラルド色の地中海に、
横たわっていることが、
今でも、信じられないような気持ちです。






~只今、コメントをお休みいただいています~
いつもありがとうございます


海外旅行・参加中


にほんブログ村  クリエイティブライフへ



~リヤドロミュージアム&手作りミニチュアドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋

スポンサーサイト
「世界遺産・チュニスのメディナへ!」地中海の旅・チュニジア編
[ヨーロッパ旅行] ブログ村キーワード


IMG_0519



北アフリカ、チュニジア第二弾!

世界遺産の街、
チュニスの旧市街地、メディナへ。


IMG_0521



さまざまな民族が奪いあった、
美しいアフリカの大地、

戦いの爪痕を超えた、平和国家チュニジア。

多くの文化が融合しあい、
歴史の教訓を元に、民族紛争のない国をめざし、
世界の人々の癒しの大地となったチュニジア。


IMG_0501



迷路のようなメディナに、入っていきます。


チュニス5



かつて、ヨーロッパとアフリカの交易の場として、
黄金期にあったチュニス。

メディナは、
14世紀の姿をそのまま残しています。


地中海クルーズ ・撮影II 2048x1536-29



青のドアに、飾られている色彩豊かなタイル画。


IMG_0514


IMG_0515


IMG_0518



薄暗い、メディナの奥に、
どんどん入っていくと、

突然、アラブの香りが立ちこめてきます。


地中海クルーズ ・撮影II 2048x1536-27



アラブの面立ちの人
先住民のベルベルの面立ちの人
イタリアの面立ちの人
フランスの面立ちの人

多種多彩な顔をもつ、メディナの人たち。


地中海クルーズ ・撮影II 2048x1536-30



国を超え、同じチュニジア人として、

しっかりと大地に根をすえ、
共に生きている姿が、
この国の奥深い魅力の一つのようです。


IMG_0517


IMG_0516



お店に並ぶ品々も、実に、民族色豊かです。


地中海クルーズ ・撮影II 2048x1536-33



ヨーロッパとの貿易に成功した、
宝石店主の堂々と自信に満ちた姿。


チュニス2


チュニス1



世界遺産の街が、
人間を創りだすのでしょうか。

平和を求める人間の叡智が、
街を創り出すのでしょうか。

歴史の汚点を、遙か海の彼方へ
全て持ち去っていってしまったかのような、
純粋無垢な、
チュニスの空の青さでした。






☆いつもありがとうございます~♪たくさんの感謝を☆

にほんブログ村  クリエイティブライフへ




FC2ブログランキング


ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


「シチリア島、プレトリア広場とマルトラーナ教会へ」地中海の旅・シチリア5
[ヨーロッパ旅行] ブログ村キーワード


IMG_0340



ぽっかり浮かぶ白い雲。

思い出も浮かんで流れて。


IMG_0380



クルーズの仲間達も元気いっぱい。

パレルモの市庁舎前、プレトリア広場。


IMG_0383



15世紀のセナトリオ宮殿と
16世紀のプレトリアの噴水。

神話の世界から飛び出した、
壮観な彫刻の主人公達。


IMG_0386



賑やかな街の中に、
そそり立つ神話の彫像群に、
圧倒されている人たち。


IMG_0387



世界の旅人たちの旺盛な好奇心は、
尽きることがありません。

回教の影響を残しながら、
東洋の美しい円形の赤い屋根を持つのは、
サン・ジョバンニ・デリ・エレミーティ教会。

左は、12世紀のマルトラーナ教会。

二つの教会の真ん中から、
一斉の歓声と拍手が沸き起こりました。

階段上には、
結婚式を挙げたばかりのカップルが、登場!


IMG_0390



マルトラーナ教会の
ステンドガラスと見間違うような、
敬虔な光に導かれて。


IMG_0391



青とゴールドのモザイク画の、
神秘的な美しさ。

ノルマン建築とバロック建築が、
奏で合う、マルトラーナ教会。


パレルモ・マルトラーナ教会正面



全容に、
一歩づつ近づくたびに、心震えた瞬間。

イタリアルネッサンスの、
始まりを告げるかのように、

青とゴールドのモザイク画の奥から、
突如、浮かび上がってきた、
華麗なフレスコ画。



パレルモ・マルトラーナ教会正面2



天の祝福を全身に浴びながら、
喜びに満ちあふれ、
光々しく腕をかざす、キリストの姿。

シチリアの青い空に似て、
生命力に溢れた神は、
人々と自然の壮大な指揮者のようでした。


IMG_0339



楽しかったシチリアの旅に別れを告げて。


IMG_0408



イタリアの我らが家、
MSCファンタジア号に帰ろう!


IMG_0409



今宵は、船の上で、どんな夢を見れるでしょう。





☆いつも応援ありがとうございます~♪

にほんブログ村  クリエイティブライフへ




FC2ブログランキング


ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



リヤドロ・乙女・新しい波

「シチリア島、パレルモの街歩き!」地中海の旅・シチリア4
[ヨーロッパ旅行] ブログ村キーワード


IMG_0338.jpg


シチリアの匂いと風を吸いこんで、
街歩きをしようよ。



IMG_0335.jpg


路地裏のカフェは、
街の人たちの憩いの場。


IMG_0334.jpg


山盛りのジェラートに、
思わず舌なめづり!

「美味しかった!」


2010-03-28 14:43:02


街の中のおみやげさん!

のぞき込むのも、わくわく。


IMG_0337



心踊るような、イタリアンカラー!


IMG_0337



海、太陽、果実に恵まれた、
地中海で一番大きな島、シチリア島。

シチリアのシンボル、トリナクリアが、
色彩豊かにデザインされています。

トリナクリア??

写真の左上を見てくださいね。

この妖艶な3本足の美女のメデューサが、
シチリア島の州旗です。

3本の足は、
パレルモ、メッシーナ、シラクサの岬を、
表しているんですって。

トリナクリアは、シチリアの古い地名で、
ギリシア語では「3つの岬」という意味なんですって。

それにしても、
つややかな州旗ですね~


IMG_0333



聖堂広場の賑わいも楽しんで。


IMG_0341


IMG_0345



明日は、明日の風が吹く!

シチリア島、パレルモの陽気な空!







☆いつも応援ありがとうございます~♪

にほんブログ村  クリエイティブライフへ




FC2ブログランキング


ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


「シチリア島、モンレアーレ大聖堂!」地中海の旅・シチリア3
[ヨーロッパ旅行] ブログ村キーワード


IMG_0306



やってきたのは、
パレルモ、モンレアーレ大聖堂広場。


地中海クルーズ ・撮影II 2048x1536-22



シチリア王国の絶頂期の遺産。

異文化の混合によって生み出された、
世界に類を見ない、シチリアのロマネスク。


IMG_0312.jpg


イタリアのあらゆる建造物、芸術を見て歩いた、
塩野七生さんをして驚嘆させた、
このモンレアーレ大聖堂。


IMG_0309



光の向こうから、徐々に姿を現して来た、
金色に輝くモザイク画の全容。


IMG_0327



文盲の人々にも裾野広く、
聖書の教えを伝えるために、
最も有効な手だては、
こうして聖書を、絵物語にすることでした。


地中海クルーズ ・撮影II 1536x2048-15



金色の光の中から現れた、
このキリストの姿は、
人々の五感を完膚に圧倒し、
魂の奥深くまで、信仰心を揺り起こしたことでしょう。


シチリア島・パレルモのモンレアレ大聖堂。



力強い黄金の羽をまとった、
全能者キリストの姿は、
人々の生きる苦しみを、
誇らかに包み込もうとしているようでした。

かつて見てきた、
処刑台のキリストよりも、
この小さな村のモンレアーレの聖堂からは、
なぜか、壮大な歓喜の歌声が、
聞こえてくるようでした。


IMG_0319


IMG_0326



壁面を色彩るビザンチン芸術のモザイク。


IMG_0315



ビザンチン芸術のモザイク画と、
イスラム建築の美しい調和と融合。


IMG_0317


IMG_0311



シチリアに培われていた平和共存の精神が、
世界にもまれな、荘厳に溢れた大聖堂を
創りだしたのでしょうか。


IMG_0313



新約・旧約聖書の二つの物語が、
帯ただしいモザイク画で、
埋め尽くされている重厚な側廊。

塩野七生さんは、
「イタリア人からの手紙」にも、
「ルネッサンスとは何であったのか」の中でも、
モンレアーレ大聖堂について語っています。

「まったく声もでなかった」と。







☆いつも応援ありがとうございます~♪

にほんブログ村  クリエイティブライフへ




FC2ブログランキング


ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


イタリアからの手紙イタリアからの手紙
(2003/08/28)
塩野 七生

商品詳細を見る

「シチリア島、パラティーナ礼拝堂!」地中海の旅・シチリア2
[ヨーロッパ旅行] ブログ村キーワード


IMG_0283



シチリア島、パレルモのパラティーナ礼拝堂。


IMG_0282



ビザンチン、アラブ、ノルマンという、
国際色豊かな文化を生み出した、中世シチリア王国。


IMG_0355



17世紀、ドイツの文豪ゲーテは、
ここシチリア島を、
「世界で最も美しいイスラムの都市」と
イタリア紀行の中で残している。

三帆マストの船に揺られながら、
嵐と船酔いの末に、やっとたどり着いた時、
ゲーテの見上げた地中海の美しい空。


IMG_0284



9世紀、北アフリカのイスラム勢力に、
ナポリを制圧された後、シチリア島陥落。

イスラム王朝の首都は、パレルモに移され、
シチリア島にイスラム文化が開花した。


IMG_0363



ノルマン王宮内にあるパラティーナ礼拝堂。

白い大理石に浮かび上がる、
豪華絢爛なモザイク画。

IMG_0365



塩野七生氏は、
「ルネサンスとは何であったのか。」

の対談集の中で、

シチリア王国を世界に知らしめた、
異色の皇帝フェデリーコ2世の存在こそ、
宗教の既成概念を打ち破り、十時軍の戦いを拒絶し、
当時の最高権威、ローマ教皇から、
2回も破門されながら、
政教分離思想を打ち立て、
その信念を貫き、
異文化への理解と寛容によって、
イタリア・ルネサンスのいしづえを創った皇帝として、
熱く語っている。


IMG_0366



フェデリーコ2世は、
ギリシャ語、ラテン語、ドイツ語、
フランス語、イタリア語、アラビア語を
完璧に書き話せた、当時最高のバイリンガル。

「王座の最初の近代人」と呼ばれ、
異文化への理解と寛容の広さには、
イスラム人も尊敬の念を現しました。


IMG_0371



そんなフェデリーコ2世の、
グロバールな価値観は、
キリスト教を一神とするローマ法王の眼には、
教会を脅かす反逆児としか写りませんでした。


IMG_0368



あくまでも、平和交渉で、
聖地エルサレムに無血入城したフェデリーコ2世。


IMG_0369



フェデリーコ2世の、輝くばかりの知性にひれ伏し、
イスラムは、
『エルサレム国王』として冠を授けました。


IMG_0370



異なる宗教と異文化を受容することで、
平和共存を目指した、シチリア王。


IMG_0372



いつの時代も、歴史は人間によって作られる。


IMG_0358



シチリアに咲いた知性の大輪の華。
早すぎたルネサンス人、フェデリーコ2世。

現代も、
宗教戦争は終わることなく続けられている。







いつも応援ありがとうございます~♪

にほんブログ村  クリエイティブライフへ




FC2ブログランキング


ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


ルネサンスとは何であったのか (塩野七生ルネサンス著作集)ルネサンスとは何であったのか (塩野七生ルネサンス著作集)
(2001/04)
塩野 七生

商品詳細を見る

花ギフトフラワーファーム


「MSCファンタジア号で行く地中海クルーズ!」シチリア島1
[ヨーロッパ旅行] ブログ村キーワード


船室のバルコニーから。



カーテンを開けた、バルコニー。

エメラルドブルーの朝。

水平線に向かって、ゆっくりと浮かぶ船。


IMG_0618



地中海の海には、人魚姫が住めなさそう。

あまり透きとおっていて、
隠れようもない位です。


IMG_0268



朝食を終えて、
「さあ、今日も出かけるぞ。」

クルーズのお仲間が、
いっせいにバスに乗り込みます。


IMG_0409.jpg


ここは、シチリア島のパレルモ


IMG_0406



港でお留守番の
MSCファンタジア号。


バスの窓から「行ってきます~」


IMG_0402



MSCファンタジア号、
バスの中から振り返ると、
都会の駅前の、マンションみたいでしょ。


IMG_0294



パレルモの街を走り抜けていきます。


IMG_0400



おおらかな、お国柄だから

路上を塀で囲って、
カフェにしちゃってる


IMG_0277



見えてきた建物は、
パレルモのオペラハウス「マッシモ劇場」


IMG_0279



何か、見覚えありませんか

ご存じ、
コッポラの大ヒット作、
‘ゴッド・ファーザーpart3’の舞台となった「マッシモ劇場」

アル・パチーノの、
あの鋭く大きな眼が浮かんできます。

溺愛する娘メアリーが、
撃ち殺されたあの階段です。


IMG_0278



マフィアの街、パレルモ。

暗黒街の匂いと、
19世紀に極めた、
アール・ヌーヴォーの香りが混在する街。


IMG_0343


フランス文化とイスラム文化が、
美しく融合されたパレルモの空。






いつもありがとうございます♪

にほんブログ村  クリエイティブライフへ




FC2ブログランキング


ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


花ギフトはフラワーファーム

「世界遺産・衝撃のポンペイ!」地中海の旅・ナポリ3
[ヨーロッパ旅行] ブログ村キーワード


世界遺産・ポンペイ遺跡で15



地中海クルーズで巡る、世界遺産。


IMG_0245


ポンペイ遺跡の発掘現場
1600年の眠りを経て、
逃げ遅れた人々は、
古代ローマに生きた証を見せました。


世界遺産・ポンペイ遺跡で16



考古学者たちは、
発見された遺体の中に、
石膏を流し込み復元させました。



世界遺産・ポンペイ遺跡で17



一瞬にして、火の灰に奪われた命。
救いを求め、苦しみもだえた姿。


地中海クルーズ ・撮影II 2048x1536-13



古代ローマ人の亡骸を前にして、
興奮にかき立てられた私は、
夢中でシャッターを押し続けました。


IMG_0244


焔の中で、
悶絶していった動物の姿。

一夜の惨劇に飲み込まれた、
ポンペイ最後の人々の姿。


IMG_0240



現代と変わらぬ、
水道の蛇口の水を口に含み、


IMG_0238



石釜で、パンを焼いて食べ、


IMG_0236



堅牢に整備された石道を、
毎日行き来した人々。


IMG_0248


最も純粋に、
古代ローマの伝統を守り続けたと言われるポンペイ。

ナポリを一望しながら、
発掘は、現在もこうして続けられています。


IMG_0204



古代ローマの栄華と滅びを、
心おきなく体験することができた、
ナポリ、ポンペイ遺跡。

知識だけでは、
味わえない世界歴史の醍醐味でした。







いつも応援いただきましてありがとうございます♪

にほんブログ村  クリエイティブライフへ




FC2ブログランキング


ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


ローマ亡き後の地中海世界(上)ローマ亡き後の地中海世界(上)
(2008/12/20)
塩野七生

商品詳細を見る

ローマ亡き後の地中海世界 下ローマ亡き後の地中海世界 下
(2009/01)
塩野 七生

商品詳細を見る


花ギフトはフラワーファーム

「世界遺産・ポンペイ遺跡と壁画!」地中海の旅・ナポリ3
[ヨーロッパ旅行] ブログ村キーワード


世界遺産・ポンペイ遺跡・浴槽跡



ベスビオ山の火砕流がもたらした、
ポンペイの悲劇は
古代ローマ帝国の栄華を、
今に伝えることになりました。

豊かな水と火に恵まれていたことを
そのまま物語る優美な大理石の浴槽跡。


地中海クルーズ ・撮影II 1536x2048-6



「ポンペイ最後の日」を語り続けた、
唯一の生き残りの死刑囚。


地中海クルーズ ・撮影II 2048x1536-17



誰からも信じられることもなく、
伝説として残り続け、
とうとう、
発掘されることになったという逸話が、
そのまま現れた遺跡跡。


IMG_0230


1600年を経て、
世界中を驚愕させた、美しい「ポンペイ・レッド」


地中海クルーズ ・撮影II 1536x2048-5



灼熱の炎と戦った、「ポンペイ・レッド」は、
一夜にして焼き尽くされた人々の魂を、
こうして、残したかったのでしょうか。


地中海クルーズ ・撮影II 2048x1536-14



ポンペイの貴族たちは、
この美しい壁画に囲まれて、
夜毎、饗宴を催していたのでしょうか。


IMG_0226



裕福な貴族たちの暮らしの場。


地中海クルーズ ・撮影II 2048x1536-15



「犬に注意!」と書かれている、
貴族の屋敷の玄関の入り口。

細部に渡った、古代人の工夫と美意識。


地中海クルーズ ・撮影II 1536x2048-8


釜あとは、
古代ローマ人の豊かな暮らしぶりを
そのままに残しています。


地中海クルーズ ・撮影II 1536x2048-7


貴族の中庭。


世界遺産・ポンペイ遺跡で9。



広い庭は、裕福な貴族の証。


世界遺産・ポンペイ遺跡で8。



古代と現代が、行きつ戻りつする、
イタリア、ナポリのポンペイ遺跡。







いつもありがとうございます♪

にほんブログ村  クリエイティブライフへ




FC2ブログランキング


ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



リヤドロ・ 楽園の鳥


花ギフトはフラワーファーム


「世界遺産・ポンペイ遺跡へ!」地中海の旅・ナポリ2
[ヨーロッパ旅行] ブログ村キーワード


IMG_0200



ナポリ、ベスビオ山。

静かに眠るベスビオ山。


IMG_0186



紀元79年年8月24日、
イタリア、ナポリに突然沸き起こった地獄の暗雲。


地中海クルーズ ・撮影II 1819x963


天の怒りの鉄槌だったのでしょうか。

べスヴィオ山は、地獄の火の山と化し、
豊かなポンペイの町を一夜にして、
焼き尽くしました。

地中海クルーズ ・撮影II 2048x1536-9



降り続けた火の灰は、
自然も建造物も人間も、
あらゆる全ての生き物を、
熱砂の濁流で覆い尽くしました。

そして、地中5メートルの奥深くまで、
地獄の暗闇の世界に葬りました。


IMG_0208



地中深く眠っていたポンペイは、
1748年に発見され、
今尚、発掘調査が進められています。


世界遺産・ポンペイ遺跡



数年前、BS放送のドキュメントで、
初めて、ポンペイ遺跡の映像を観た私。


IMG_0206



あの衝撃の映像を、
ポンペイの遺跡から、ご一緒に。


地中海クルーズ ・撮影II 1536x2048-12


地中海クルーズ ・撮影II 2048x1536-7



ベスビオ山に、思いを馳せる人たち。


地中海クルーズ ・撮影II 2048x1536-12



そびえ立つ、歴史の証。


地中海クルーズ ・撮影II 2048x1536-11



阿鼻叫喚が聞こえてきそうな井戸。


地中海クルーズ ・撮影II 1536x2048-11



美しく整備されたままの、石の馬道。

古代ローマ帝国の栄華、いずこへ。




いつもありがとうございます♪

にほんブログ村  クリエイティブライフへ




FC2ブログランキング


ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



リヤドロ・ニューホライズン


花ギフトはフラワーファーム

「地中海クルーズ、はじめての朝!」ナポリへ1
[ヨーロッパ旅行] ブログ村キーワード


IMG_0254



MSCファンタジア号で、
初めて迎えた朝の空と海。


IMG_0255


未知へいざなってくれる海。


IMG_0452



シャワーで、スッキリ爽快の後は、
バルコニーで、モーニング珈琲を。

驚いたことに、
クルーズに滞在中は、
室内の飲み物からフルーツまで、
ルームサービスは全部無料!

朝昼夕の食事も、
ミネラルウォーターとワイン以外は、
これもまた全部無料!

どれだけ食べても無料と聞いて、
庭師さん、満面の笑み。


IMG_0168



ヨーロッパの人達は、
朝からデッキでヨガレッスン。


IMG_0165


プールで、ス~イス~イ。

IMG_0164



夜のショータイムを観賞し、
ディスコで踊り、
カジノで嬌声をあげ、
バーで語りあかし、
浴びるほどのお酒を飲んで、
眠らないヨーロッパの人たち。

朝には、嘘のように、
船内のジムで汗を流します。


ティーラウンジの二人



初老のお二人は、
ティーラウンジで仲良くおしゃべり。


もうすぐナポリです~♪



刻々と見えてきたのは、
地中海の紺碧の大空と海原。


ナポリの風景が見えてきました~♪


いよいよ、ナポリ!

MSC・ Fantasia号は、
このナポリの港で、
2009年、デビューを飾りました。

船の命名者は、
あのイタリアの大女優、ソフィア・ローレン !


IMG_0407


心うきうき、
下船の足取り軽やか。


MSCファンタジア号



イタリア生まれの世界で一番美しい船、
地中海の華、MSCファンタジア号!






いつもありがとうございます♪

にほんブログ村  クリエイティブライフへ




FC2ブログランキング


ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



リヤドロ・海の乙女

花ギフトはフラワーファーム

「地中海に行こうよ!」地中海の旅・ジェノバ2
[ヨーロッパ旅行] ブログ村キーワード


IMG_0176



颯爽たる船上のナイスガイ!


IMG_0172


海洋都市のジェノバらしい港町風景。

大小、色とりどりの船がぎっしり。


IMG_0138-1.jpg


無事に乗船を終えて、ほっと一息。

これから、地中海クルーズへ
誘ってくれる船室。


青い海が一望できる、
サンテラスのある、
ゆったりとした、窓がわの部屋でした。

夕方の出港まで、まだたっぷりと時間があります。


IMG_0135-1.jpg


シアターホールで、船内の説明会を終えてから、
さっそく船内探検!

ここからは、必ず首に、
こうして、白い乗船カードがぶらさがります。

クルーズを終えるまでの、
大切なパスポートのようなものです。

広すぎて、迷子になっても、
このカードがあれば大丈夫。


IMG_0162



ヨーロッパ中の人たちで、
賑やかなロビー。


IMG_0161



エレベータで、甲板へ。


IMG_0134-1.jpg


どこから眺めても、キラキラなロビー。


IMG_0171



もう大勢の人たちが、集まっていました!


IMG_0169



ベビーカーの赤ちゃん連れから、
ご高齢のご夫婦まで、
ヨーロッパの人たちは、楽しむことに夢中みたい。


IMG_0146



夕方、やっと出航 !


IMG_0145



イタリアらしい、山肌の風景。


IMG_0144



コロンブスの故郷ジェノバ !

又、戻ってくるね!

see you again!




いつもありがとうございます♪

にほんブログ村  クリエイティブライフへ




FC2ブログランキング


ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



リヤドロ・The Lover


花ギフトはフラワーファーム


「地中海に行こうよ!」地中海の旅・ジェノバ①
[ヨーロッパ旅行] ブログ村キーワード


IMG_0120



春だもの

大空を抜けて、
思い出雲も、ビュンビュン、飛んで行く

どこまで


IMG_0080



パソコン飛行機は早いよね

ローマを超えて、
ここは、もう、

イタリア、ジェノバの
「ジョリー・マリーナホテル」のロビー。


好奇心旺盛なリタイア夫婦は、何でもトライ

生まれて初めての、地中海クルーズ!

「早くさっさと、記事にしないと、
次の旅が待ってるぜ。」

「うん、でもね、お面をかぶせるのに
やたらと時間がかかるんだよね。」

「面が割れたって、いいじゃないさ。
別に指名手配されてるわけじゃなし。」


IMG_0091



というわけで、お面省略

おめんなすって。


イタリアの新しい豪華客船、
MSCファンタジア号は、
この通りの巨大ビル!


IMG_0092



この船、大きすぎます~
まずは、乗船前に横からパチリ!


IMG_0093-1



いよいよ、船内に入場~


IMG_0096



世界各地から集まった老若男女の
乗客数、3000人以上

入り口で一組づつ、まず、記念撮影ね。


IMG_0098



イタリア最大の貿易港、ジェノバの港の風景。


IMG_0097



人口約600,000人が密集する海洋国家。

地中海の旅の始まりは、
この活気溢れるイタリアの要港、
ジェノバからスタートし、
ジェノバでラストを迎えます。





いつもありがとうございます♪

にほんブログ村  クリエイティブライフへ




FC2ブログランキング


ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



リヤドロ・花の精


花ギフトはフラワーファーム

Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。