リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「09・みちのくの旅・完結編!」種差海岸へ
[東北旅行] ブログ村キーワード


IMG_1829


「せっかく東北にきたんだから、
うみねこラインを走ろう

「八戸に、美味いラーメンがあるんだ。」

庭師さんの食べ物の嗅覚は、いつもながら鋭い

「あった。あの店だ。」

IMG_1828


帰りの道草は、幾つになっても楽しいな

新鮮なシーフードがたっぷり入った
ラーメンも美味しかった

お天気もぽかぽか~
きもちもからだも、伸~び伸び

IMG_1812


実は、ここ、
新日本観光地百選の、八戸の種差海岸でした

日本の渚・百選にもなっている
名勝海岸だったのです

IMG_1824


さすが、うみねこラインだわ

うみねこさんたち、綺麗に並んでいますね~

STA_1832


波打ち際まで広がっていく、広い広い、緑の芝生。

一匹のわんちゃんが、芝生を独占

幸せなわんちゃんね~

IMG_1818

IMG_1816


IMG_1844

IMG_1843


早速、岩場も探検

IMG_1827


この種差海岸は、
昔から、たくさんの文学者や芸術家に
愛されていたんですって。

大正の広重と呼ばれた吉田初三郎は、
種差にアトリエを構えて、
ここで、たくさんの日本の鳥瞰図を
残したそうです。

画家の東山魁夷は、代表作の「道」のスケッチを。

詩人の草野心平は、
「種差海岸」という題名の詩を。

あの司馬遼太郎さんまで、

「宇宙からの来訪者があれば一番に案内したい海岸」

と、語るほど、この海岸を愛していたそうです。


STG_1838


そんな気持にさせてくれる、
本当に素晴らしい場所でした

海良し、砂浜良し、緑良し、休み処も、こんなに広々。

IMG_1852


「ちょっと、そこまでリラックスしちゃうわけ?」

IMG_1863


「あの海ねこちゃん、迷子かな?」

IMG_1860


「あのぉ、僕のこと、呼んだ?」

IMG_1855


「何だ、えさをくれるのかと思ったのに。
ただの、冷やかしか。」

種差海岸1



みなさま、リタイア夫婦の、
長い、長い、東北便りにお付き合いいただきまして、
誠にありがとうございました。

温泉も紅葉も、ご一緒に楽しんでいただけて、
嬉しい、初めての連続更新となりました。

「やれば、できるでないの。」

カメラマンの庭師さんも、
ようやく、助手に満足したようでございます


RIMG0188


RIMG0187


八戸の駅から、Verry・Thanks

東北旅行7


あんなこと、

東北旅行8


こんなこと、

あったよね~






いつもありがとうございます。「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



送料無料の花ギフトはフラワーファーム

スポンサーサイト
「みちのくの旅」城ケ倉大橋の紅葉!
[東北旅行] ブログ村キーワード


IMG_1796


旅って、いいな~。

みちのくの紅葉を追い続けた一週間、
おまけまで、ついちゃった!

IMG_1805


「あの大きな橋は、何だ??
下をのぞき込んでる人たちがいるぜ。」

好奇心旺盛な庭師さんは、
カメラ片手に、ひょいと、どこでも降り立ちます。


IMG_1802


「お~い、早く、早く!素晴らしい景色だよ。」

STC_1792


「わぁ~本当だぁ~。」


城ガ倉大橋2



通りすがりに、車を止めた場所は、
日本一の長さを誇る、城ケ倉大橋でした!

城ガ倉大橋3



平成7年10月に開通したそうな。
日本一の、上路式アーチ橋!

谷底までの高さは、122mもあるんですって!


IMG_1782



八甲田山を向こうに、連々と続く紅葉。
美しいアーチのラインが、虹の橋のよう。


IMG_1787


思わず、橋の上からのぞき込んだら、
眼がクラクラ~


IMG_1803



わっ、紅葉って、生きてるみたい!


IMG_1798



人々の夢をかけた橋と、紅葉はとても仲良し。


IMG_1781



「あんだ~、東京からきたべ。

いいがら、紅葉さ、いっぺえ、楽しんでくんべ。 」



IMG_1780



旅の初日の宿、湖山莊の庭園は、
まだ緑の草木にほんのり、赤みを帯びているだけでした。

たった、6日間の間に、
大自然の草木の葉脈の中から、
七色の染色が、一気に溢れ出しました。


STC_1792



まだあげ初めし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛(はなぐし)の
花ある君と思ひけり

やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅(うすくれなゐ)の秋の実に
人こひ初めしはじめなり
                   
島崎藤村「初恋」から
 

IMG_1804



紅葉に恋した、初めての秋。

青い林檎が、見る見るうちに、
真っ赤に染め上がり、
蜜の味が、口の中いっぱいに広がったような、
自然美の大ご馳走でした!







いつもありがとうございます。「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング




暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



送料無料の花ギフトはフラワーファーム

「みちのくの旅」八甲田山へ
[東北旅行] ブログ村キーワード


IMG_1749


八甲田山のロープウェイ。

山岳小説家、新田次郎の作品、
『八甲田山死の彷徨』


あの八甲田の山を、訪れるなんて。

IMG_1753


ロープウェイ頂上は、
冷たい強風が暴れまわっていて、
皆、ぶるぶると震え出しました。

ここまできたら、やっぱり、行くしかないか。

寒さに、めっぽう弱い私は、
靴紐を締め直し、歩きはじめました。

IMG_1761


八甲田山の映画の中で、
若き北大路欣也扮する、神田大尉の名台詞。

「天は我々を見放した。」

この美しい山にも、
大自然の氷雪の魔神が住みついています。

IMG_1760


八甲田山雪中行軍遭難事件は、
およそ100年前、明治35年1月に実際にあったお話です。

対露戦争に備え、
雪中での行軍を想定して行われた軍事訓練です。

選ばれた、青森歩兵第五聯隊210人が、
雪中行軍の訓練のために八甲田山に入り、
199人が凍死するという、
世界最大の山岳遭難事故でした。


IMG_1759



異常寒波の恐れがあったにもかかわらず、
自然の脅威を甘く考えた、
軍の上官命令のもとに強行され、
恐ろしい惨劇を招く雪中行軍となりました。


IMG_1763



ロープウェイ山頂の休憩所の中では、
大きなストーブを囲みながら、
大勢の人たちが時間待ちをしていました。

ストーブにあたりながら、
この八甲田山の映像を、皆で観ていました。

氷雪に閉ざされた山の中、方向を見失った軍人達が、
つぎつぎと、生きたままの立ち姿で、
凍死していく惨劇の映像に見入っていました。


IMG_1765



八甲田は、世界でも有数の豪雪地帯。

真冬には、2メートルほど雪が積もるそうです。


IMG_1754



八甲田の氷雪の犠牲となった、若く優秀な軍人たちは、
せめて、歴史の真実を伝えてほしいと
願っているのかもしれません。


IMG_1747



地獄沼の紅葉風景。


RIMG0184


下山して、震える身体をさすりながら、

「何か、温かいものでも飲みたいね。」

立ち寄ったのは、
ログハウスの宿、「八甲田ホテル」


RIMG0181


豪雪を迎える前の穏やかな秋の夕暮れ。

RIMG0183



「秋の果て幾百もの蛍の火」 
                       ジョゼ







いつもありがとうございます。「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


八甲田山死の彷徨 (新潮文庫)八甲田山死の彷徨 (新潮文庫)
(1978/01)
新田 次郎

商品詳細を見る


送料無料の花ギフトはフラワーファーム

「みちのくの旅」奥入瀬渓谷へ
[東北旅行] ブログ村キーワード


IMG_1724



十和田湖を後にして、
やってきたのは、
一度は訪れてみたかった、ここ奥入瀬渓流


IMG_1728


清流うつくし、やさしいもみじ。

こころ浮きたち、あしどり軽やか。

みちのくの秋の中に立つ若い恋人たち

IMG_1729


奥入瀬は十和田湖から流れ出る唯一の渓流です。

滝の流れと、あわやかな草もみじ。

IMG_1726


渓谷の静けさの中の滝音。

IMG_1733


時には強く、
楚々とした清流が、男性的な姿に変わります。

IMG_1730


IMG_1734


どの風景を切り取っても、絵になります。

IMG_1732


幾つもの滝音を聞きながら、
落ち葉を踏みしめて行きます。

IMG_1736


幻想的な渓流美と光輝く黄葉。

「歩け奥入瀬・・三里半」

昔から、そんなふうに歌われていましたっけ。

ゆっくりと、渓流沿いを歩く時間が、
奥入瀬の一番贅沢な味わい方のようでした。






いつもありがとうございます。クリエイティブライフ・「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋




送料無料の花ギフトはフラワーファーム

「みちのくの旅」大湯・環状列石へ
[東北旅行] ブログ村キーワード


IMG_1693



自由な旅の良いところは、
時間にも、場所に縛られないこと

「大湯環状列石」

RIMG0160


「面白そうだから、行って見よう。」

RIMG0167


まあ、なんと、
縄文時代の大型の配石遺跡が現れました。

IMG_1707


これは、びっくり

RIMG0168


大湯環状列石(ストーンサークル)は、

まあ、教科書にも載っているほど、
有名な貴重な遺跡でした。

IMG_1696



日本の特別史跡ですって


IMG_1709


縄文人が、ここで暮らしていたなんてね。
浪漫だわ~

大湯川を一望する丘からは、
土器を埋設した炉が発見されたり、
ここで祭祀が行われていたかもしれないんですって。


IMG_1710


遺跡が大好きで、若い頃、
発掘調査をしていた友人のジープに乗って、
立ち入り禁止の発掘現場で
一緒に、シャベルを手にした時のことを、
懐かしく思い出しました。


RIMG0171


奥深い、みちのくの歴史。

どこを訪れても、真っ青な空の高さが嬉しくて、
何度も深呼吸をしてしまいました。

こんな素晴らしい遺跡に出会えるなんてね

RIMG0163


若いご夫婦が、
木陰で、小さな赤ちゃんを抱っこしていました。

広大な自然の中で育つ赤ちゃん、
きっと、大きな人になるんだろうな。

RIMG0162


縄文浪漫を、心おきなく味わえた
みちのくの秋の一日でした。








いつもありがとうございます。クリエイティブライフ・「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


紅葉を撮るカメラワーク―写真テクニックと撮影地紹介 (孔雀ブックス)紅葉を撮るカメラワーク―写真テクニックと撮影地紹介 (孔雀ブックス)
(1998/08)
千葉 克介

商品詳細を見る


送料無料の花ギフトはフラワーファーム


「みちのくの旅」十和田湖へ
[東北旅行] ブログ村キーワード


RIMG0155



みちのくの紅葉絵巻、絶好調

とうとう、十和田湖まできちゃった

IMG_1688



青森県と秋田県にまたがる十和田湖は、
今から200年前に出来たカルデラ湖。

こんなに綺麗だったのね

STB_1678


十和田湖の絶景地。

自然の命が季節ごとに衣を変えて、
秋にはこうして、木々の終焉のきらびやかな
命の輝きを発光させます。

IMG_1682



悠久の時を刻み続けてきた十和田湖は、
人をよせつけない深い青さ。

IMG_1684



~八郎太郎・十和田湖伝説~

むかしむかし、
全国を行脚していた修験者の南祖坊と、
大蛇になった十和田湖の主、八之太郎は、
十和田湖をめぐって、
凄まじい、7日7夜の戦いをしおった。

でんも、南祖坊の法力に負けた八之太郎は、
秋田へ逃げて、八郎潟を造ったとな。


STA_1677


東北の美しい湖には、
どこを訪れても、日本らしい数説に及ぶ伝説が。

IMG_1676


30年ぶりに訪れた十和田湖。

けれど、若い日の記憶は遠く霞んで、
私には、初めて見る、
新鮮な美しい湖、そのもののようでした






いつもありがとうございます。クリエイティブライフ・「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋


みちのく彩時季―青野恭典写真集みちのく彩時季―青野恭典写真集
(2003/05)
青野 恭典

商品詳細を見る


送料無料の花ギフトはフラワーファーム


「みちのくの旅」八幡平・大沼湿原へ
[東北旅行] ブログ村キーワード


IMG_1596


八幡平は、
遠景も良し、近景も良し。

それぞれに味わいがある山でした。

IMG_1620


変わりやすい山の天気、
突然、こんな雲の晴れ間もやってきます。

八幡平途中3


それでは、八幡平のもう一つの見所、
大沼湿原をご案内します。

湿原紅葉1


大湿原に舞い降りた秋。

秋の風の匂いに、
全身が包まれてしまうような、褐色の遊歩道。

湿原沼1


ひっそりとした大沼。

STB_1646


あまりの静けさに、言葉も出なくなってしまいました。

STE_1649


深い草もみじの色だけが、寂しい沼の友。

東北1


秋の寂寥が水面をおおいつくす、
八幡平大沼全景。






いつもありがとうございます。クリエイティブライフ・「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



送料無料の花ギフトはフラワーファーム

「みちのくの旅」八幡平山頂へ!
[東北旅行] ブログ村キーワード


IMG_1735


吹き抜ける秋の風と、
紅葉景色が延々と続く、八幡平アスピーテライン。

八幡平途中2


どこに立っても、一面の紅葉錦。

東北の旅の中で見つけた
山の極上時間。

IMG_1622


石畳の遊歩道を、ゆっくりと登り始めます。

IMG_1617


だあれもいないのが嬉しくて、
八幡平の石畳を、
子どものように歩きまわりました

IMG_1619


「永遠に育む原生林」と書かれた
山頂の目印の下で。

やったね

IMG_1630


山に最後に登ったのは、
いつだったかしらん。

目前に広がる木々の息吹、
どこまでも続くなだらかな山の裾野。

何十年ぶりに、
こうして又、山へ来れた嬉しさで、ルンルン

IMG_1627


この「鏡沼」は、
古い噴火口に、水が貯まって、できたんですって。

IMG_1624


山奥深く眠る「鏡沼」は、まあるい手鏡のよう。

IMG_1623


噴火の悪戯で、
双子のような形をした、「めがね沼」。

IMG_1611


春夏なら、きっとたくさんの高山植物の花たちが、
可愛いい姿で迎えてくれるのでしょうね

IMG_1613


だあれもいない、
ひんやりと冷たい風の吹き抜けるこの沼の光景は、
幾度となく、噴火を繰り返しては、
やっと、安らかな終息を迎えた、
美しい静けさをたたえていました。


IMG_1597



岩手、秋田県にまたがる広大な火山台地、
八幡平国定公園。







いつもありがとうございます。クリエイティブライフ・「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



送料無料の花ギフトはフラワーファーム

『みちのくの旅』盛岡・その1
[旅ブログ] ブログ村キーワード


IMG_1567


突如、秋の紅葉絵巻!!

10月半ばの秋晴れの日、
「みちのくの秘湯めぐり」の旅に出かけてきました。

高校の修学旅行以来のみちのくとあって、
意気揚々と東北新幹線に乗り込みました!

「お昼は、やっぱり盛岡冷麺だよね。」
「どこのお店にしようかな。」

頭をひねっているうちに、
あっという間に、盛岡に到着!

空腹に絶えられない庭師さんは、
駅の真ん前にある「ぴょんぴょん舎」へ直行!

ちょっぴり不安な気分で、ドアを開いてみたら、
素敵なレストランのようにシックな雰囲気。
広くてゆったりとした店内に、洒落たインテリア。

「盛岡冷麺」は、
今やファッショナブルな料理なんですね。

RIMG0002


冷麺が運ばれて来る前に、パチリ!

RIMG0003


庭師さんは、元祖ぴょんぴょん冷麺を。

RIMG0004


私は、30食の限定冷麺!

啄木であい道1


美味しい冷麺に、すっかり満足して、
盛岡の街めぐりへ。

北上川の、
「啄木であい道」をゆっくりと散歩しました。

小雨のちらつく、北上川の向こうに、
啄木の愛した岩手山が、うっすらと見えました。

「ふるさとの山に向ひて言ふことなし
ふるさとの山はありがたきかな」

石川啄木と盛岡中学からの親友だった、
言語学者の金田一京助は、
固い友情で結ばれていました。

啄木のご長女のお名前は、
国語辞書の神様から授けられた「石川京子」さん。

金田一京介に、
ご長女が生まれた時、
啄木が添えた祝いの短歌二首。

生まれたといふ葉書みてひとしきり顔をはれやかにしてゐたるかな。

そうれみろあの人も子をこしらへたと何か気の済む心地にて寝る。
                              ※『悲しき玩具』収録


啄木が夭折した時に、
金田一京介が偲んだ読んだ歌は、

わかくして別れしひとのいつまでもわかやかに来て面影に立つ

雄大な岩手山のふもと、
偉大な若き文人ふたり。

岩手山は、悲しく逝った若く偉大な文人を、
紅葉の山合いの懐深く、
いだき続けてくれているのでしょう。

東北








FC2ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ

暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



啄木・道造の風かほる盛岡啄木・道造の風かほる盛岡
(2001/03)
山崎 益矢

商品詳細を見る

Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。