リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『醍醐桜』 春をさがして

  
『醍醐桜』
稲垣雅彦『醍醐桜』



世中にたえてさくらのなかりせば
春の心はのどかけらまし
                     在原業平


私は昨年末から、よなよな、BS放送で
まだ見ぬ日本の風景の、映像の旅をしている。

新日本百選はもとより、
知られざる日本の秘境を、春を待ちながら静かに訪ねていた。

美しい日本人の心の在処は、
言葉は少なくとも自然を心から愛し、
共に生涯を送り続けている事を教えてくれる。

私はこの、ビジュアルな自然の旅の中に、
毎回引き込まれ、眼が離せなくなくなる。

自分の中の日本が、現実を離れて彷徨をはじめる。
それほど、深い感動にいざなわれていく。

日本の自然の美しさには、眼も眩みそうであり
そこに生きる人々には、後光の光が存在している。


~岡山の山奥の小さな村~

樹齢、700年とも1000年とも口伝えられてきた、
仏の化身のような、大木の桜がある。

醍醐桜…

後醍醐天皇が隠岐に遷幸された際、
この山の上の大木になる桜を賞賛されたそうな…

この山奥の集落の人々は、
全ての村人の名字が「春木さん」である。

この大木の下で生きる、
それぞれの春木さん達の姿を、
映像は静かに追っていく。

何十人しかいない、村の春木さん達は、
毎年、醍醐桜の咲きっぷりに、
四季の生の喜びを凝縮させようとしている。

観光客のもてなし方も知らず、
手作りの土産の計算もままならず、
それでも、一年間、大切に手塩にかけた、
我が子の晴れ姿を見てほしくてたまらないのだ。

もし訪れる事ができるのなら、
毎朝、山の坂を上り、
我が子を慈しむように大木を見つめている
一人暮らしの老婦人、
春木さんの朴訥で真っ正直なあの手を握りたい…



横山守・朝霧の道
bin0708221501430010.jpg


~自然は、私達に無償の喜びを与えてくれている~
                                      ジョゼ

  





FC2ブログランキング

いつもありがとうございます。

ブログランキング

芸術・人文部門に参加しています。

このブログをもっとお読み頂ける時は、こちらへ。
ジョゼの人形の部屋


スポンサーサイト
Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。