リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スコットランド女王の滅亡


RIMG1068.jpg


スコットランドは、
4日間のツーリストとして通りすぎてしまうには、
とても、もったいない場所でした。

RIMG1071.jpg

底知れない魅力を秘めたこの場所には、
こんな、思いかけないものまで、
私を待ち受けていました。

メアリー女王2

フリータイムに立ち寄ったスコットランド美術館。

ケースにおさめられることもなく、
天を仰ぎみるように
静かに手を合わせ眠っていた石像…

メアリー女王3

おそるおそる手を伸ばして、ドレスのフリルに
ほんの少し触れようとしただけで、胸の鼓動が高鳴りました。

シルバーの光の中の眠れる貴婦人。

この貴婦人こそ、エリザベス1世の終生の敵であり、
反逆罪で断頭台の露と化した、
あのスコットランドの女王、メアリー・スチュアートでした。

31mary.jpg


この女王の悲劇的な生涯は、
世界の文学、演劇、映画などで描かれ続けてきました。

一つの島に君臨した二人の女王。
運命のいたずらはこの二人の人生を明と暗に分けました。


38elizabeth.jpg

偉大な女王と、


処刑場のメアリー

処刑場に立つ女王として。


メアリー・スチュアートを語ることは、
エリザベス女王1世をそのまま語ることになります。

メアリー・スチュアートは、
類稀な美貌と見識、強い個性を兼ね備えた、
超一流の貴婦人でした。

「白の女王」と呼ばれたほど、白を愛しました。

私が目前にした、
荘厳なシルバーの光の色は、
メアリー女王をまとっていた白い美しい布が
長い歴史の中で、
まるで慇懃なシルバーに変色でも
したかのようでした。


女王メアリー


1603年、エリザベスの死とともに
エリザベスの遺言によって
メアリーの息子ジェームス6世が
ジェームス1世として王位を継ぎました。

こうして、イングランドとスコットランドは
一つに結ばれ、人々の悲願であった
連合王国が誕生しました。

メアリー・スチュアートの血筋は、
現代のイギリス王家に引き継がれ、

エリザベス1世は、子を遺さないという選択をし、
連合王国という、贈り物を国民に残しました。

憎しみあい続けた二人の女王、二つの国…


メアリースチュアート1

偉大な歴史の人物も、
市井の人々と同じように運命に翻弄されました。

11elizabeth.jpg


メアリー・スチュアートとエリザベス一世は、
ウエストミンスター寺院の同じ地下墓地で
静かに、眠っています。


39mary.jpg

メアリー・スチュアートは
「白の女王」のままに…










FC2ブログランキング

いつもありがとうございます。

ブログランキング

芸術・人文部門に参加しています。


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスはこちらです~

ジョゼの人形の部屋



世界歴史の旅 スコットランド (世界歴史の旅)世界歴史の旅 スコットランド (世界歴史の旅)
(2002/11)
富田 理恵

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。