リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スコットランド女王の滅亡


RIMG1068.jpg


スコットランドは、
4日間のツーリストとして通りすぎてしまうには、
とても、もったいない場所でした。

RIMG1071.jpg

底知れない魅力を秘めたこの場所には、
こんな、思いかけないものまで、
私を待ち受けていました。

メアリー女王2

フリータイムに立ち寄ったスコットランド美術館。

ケースにおさめられることもなく、
天を仰ぎみるように
静かに手を合わせ眠っていた石像…

メアリー女王3

おそるおそる手を伸ばして、ドレスのフリルに
ほんの少し触れようとしただけで、胸の鼓動が高鳴りました。

シルバーの光の中の眠れる貴婦人。

この貴婦人こそ、エリザベス1世の終生の敵であり、
反逆罪で断頭台の露と化した、
あのスコットランドの女王、メアリー・スチュアートでした。

31mary.jpg


この女王の悲劇的な生涯は、
世界の文学、演劇、映画などで描かれ続けてきました。

一つの島に君臨した二人の女王。
運命のいたずらはこの二人の人生を明と暗に分けました。


38elizabeth.jpg

偉大な女王と、


処刑場のメアリー

処刑場に立つ女王として。


メアリー・スチュアートを語ることは、
エリザベス女王1世をそのまま語ることになります。

メアリー・スチュアートは、
類稀な美貌と見識、強い個性を兼ね備えた、
超一流の貴婦人でした。

「白の女王」と呼ばれたほど、白を愛しました。

私が目前にした、
荘厳なシルバーの光の色は、
メアリー女王をまとっていた白い美しい布が
長い歴史の中で、
まるで慇懃なシルバーに変色でも
したかのようでした。


女王メアリー


1603年、エリザベスの死とともに
エリザベスの遺言によって
メアリーの息子ジェームス6世が
ジェームス1世として王位を継ぎました。

こうして、イングランドとスコットランドは
一つに結ばれ、人々の悲願であった
連合王国が誕生しました。

メアリー・スチュアートの血筋は、
現代のイギリス王家に引き継がれ、

エリザベス1世は、子を遺さないという選択をし、
連合王国という、贈り物を国民に残しました。

憎しみあい続けた二人の女王、二つの国…


メアリースチュアート1

偉大な歴史の人物も、
市井の人々と同じように運命に翻弄されました。

11elizabeth.jpg


メアリー・スチュアートとエリザベス一世は、
ウエストミンスター寺院の同じ地下墓地で
静かに、眠っています。


39mary.jpg

メアリー・スチュアートは
「白の女王」のままに…










FC2ブログランキング

いつもありがとうございます。

ブログランキング

芸術・人文部門に参加しています。


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスはこちらです~

ジョゼの人形の部屋



世界歴史の旅 スコットランド (世界歴史の旅)世界歴史の旅 スコットランド (世界歴史の旅)
(2002/11)
富田 理恵

商品詳細を見る
スポンサーサイト
アーカート城とネス湖へ!


アーカート城とネス湖2


強者どもが夢のあと

この廃墟と化した古城は、
ネス湖に突き出す岬の上に建つアーカート城です。

13世紀に建てられ、
スコットランドとイングランドの独立戦争、
その後の、度重なる略奪と戦いの繰り返しの末、
17世紀には政府軍の手によって
自ら爆破されたと言われています。


アーカート城


古城の栄華も強者達の夢のあとさきも
鬱蒼とした神秘のネス湖の湖底に、
深く眠り続けています。


ネス湖B

神秘を超えた不気味な静けさ…

私は、一瞬、ネッシーがぬめぬめとした
巨体でこの不気味さの中から
姿を現すのではないかという妄想で寒気がしました。


ネス湖5


ネッシー伝説が図らずも生まれたのは、
全長37km、幅最低でも2km、
霞ヶ関ビルを丸ごと飲み込んでしまうという
とてつもなく不気味な暗雲のような湖の深さに、
背筋を氷らせた人々の
恐怖心と想像力からではなかったでしょうか。


アーカート城2


真偽は、謎に包まれているもの。


アーカート城投石機・


石を砕け合う人間と人間の
気の遠くなるような長い闘いがあり


アーカート城3


城も破壊させた…


アーカート城3


自然の力は、闘い敗れた兵士達の
恥辱の血痕を一つ残らず
湖に持ち去ったのかもしれません。


アーカート城1


歴史を見つめさせてくれる窓…


アーカート城とネス湖1


廃墟とネス湖を組み合わせた自然の神は、
周到な歴史の舞台演出家なのかもしれません。








FC2ブログランキング

いつもありがとうございます。

ブログランキング

芸術・人文部門に参加しています。



~リヤドロミュージアムはこちらです~

ジョゼの人形の部屋



ビアトリクス・ポター ピーターラビットと大自然への愛ビアトリクス・ポター ピーターラビットと大自然への愛
(2007/11/08)
リンダ リア

商品詳細を見る
スコットランド、空もよう&街もよう!


RIMG1026.jpg

スコットランドの街並みは、
悠久な営みに満ち溢れていました。

丘の上は、大英帝国になるまでの
長い闘いの痕跡があり、
下の街路は、
現代の人々が車社会で競いあっています。


スコットランド風景7

きりっと膝を立て、街を見下ろす青い女神。
ライオンは、守護神のように寄り添っていました。

RIMG1019.jpg

整然と続く家々…

この小さな屋根の一つ一つの全てに
数えきれないヒストリーが詰まっている事が、
私の心をよけいにわくわくさせました。


RIMG1040.jpg

天候不順も楽しんでしまいましょうか。

曇天の寒さでコートを羽織り、
がたがた震えているかと思うと、
悪戯な天使のように瑞々しい緑が姿を見せます。

スコットランド

街の中の小さなお店の顔は、
皆、個性的なメイクで競い合っています。

小さな看板まで、色使いがパワフル

RIMG1088.jpg

ちょっと、ちょっと、
お昼寝する場所が違ってませんか

RIMG1044.jpg

どこを覗いても、もう一つ秘密の館が

RIMG1043.jpg

近代建築が、怖い物知らずの若者のように出現。

RIMG1102.jpg

女心より、素早いお天気の変化、
曇天かと思うと、夕方にはこんな青空

白夜、真っ最中のこの季節、
オフタイムを迎えた人々が、
いっせいに集まりだします。

RIMG1010.jpg

サマータイムこそ、曇天と霧に生きる、
英国人の人生の華燭の季節!









FC2ブログランキング

いつもありがとうございます。

ブログランキング

芸術・人文部門に参加しています。



~リヤドロミュージアムはこちらです~

ジョゼの人形の部屋



里山暮らし、ときどきスペイン―やっと見つけた日本の本拠地!里山暮らし、ときどきスペイン―やっと見つけた日本の本拠地!
(2006/06)
中川 璃々

商品詳細を見る

スコットランドの旅・アバディーンへ



アバディーンの街


スコットランドの三大都市の一つ、
アバディーンに入ると、
緑の匂いと素敵な花壇の花が歓迎してくれた。

ヨーロッパの「石油の首都」だ。


アバディーン・庁舎時計


古いお城も公共施設として生き返り、
緑の造成の時計が美しい。


アバディーンの街8


世界から、「花崗岩の街」と呼ばれている
アバディーンの石の建造物は堂々とそびえ立つ。


アバディーンの街5


19世紀のナポレオン戦争の時代を経ても、
花崗岩=御影石の街は、
はるか彼方まで続いていた。


アバディーン大学入り口


1495年に創立されアバディーン大学は、
ネオゴシック様式。


アバディーン大学構内2


アバディーンは、英国有数の教育の都市、
4人のノーベル賞受賞者が誕生しているとか。

何番目の受賞者さんですか。


アバディーン大学構内1


壁一面の肖像画を脇目に、
こっそり、講堂の奧まで歩いていくと、
ステンドガラスの窓辺の下で学生達が受講中。


アバディーンの街4


背のすらっとした若い女性は、
ゆっくり腕を背中に回し、
新鮮な空気を思いきり吸い込んでとても満足そう。


スコットランド・アバディーンの街2


小さな村々を歩いていて、ついのぞきこんでしまった。

いつもこんなふうに、
古い緑色の木戸を開け放しにしてるのかしら。


スコットランド風景2


石創りの小さな屋根は、山々の裾野まで続いていて、
どの屋根にも必ず煙突がついていた。

サンタさんは、大変そう。

曇り空の中でも、青年の樹はやっぱり颯爽として
野草はとても可愛らしい。

スコットランド風景3


こうして、未知の異国には、
かつて見たこともない建物がそびえ立ち、
いにしえの空があり、歴史の匂いがあり、
何層もの豊かな緑の文様で私を迎えてくれた。


スコットランド風景4


アバディーンから一歩、カントリーサイドに向かうと、
突然世界が変わりだした。

なだらかな丘稜が水平線までどこまでも続き、
菜の花畑が鮮やかに浮き上がってきたら、
思わず歓声をあげてしまった。








FC2ブログランキング

いつもありがとうございます。

ブログランキング

芸術・人文部門に参加しています。

~リヤドロミュージアムはこちらです~

ジョゼの人形の部屋



ビアトリクス・ポター ピーターラビットと大自然への愛ビアトリクス・ポター ピーターラビットと大自然への愛
(2007/11/08)
リンダ リア

商品詳細を見る
イギリスから帰国しました!


 

イギリス公園1

五月香る、花と緑の国~

憧れの英吉利から
何を届けましょう~

たくさん、たくさん、ありすぎて

湖水地方全景3

スコットランドから~イングランド~湖水地方~
チェスター~コッツウォルズ~ロンドンまで~

まず、地図を見てからっと

イギリス - Map

初めてのヨーロッパ~
観るもの、聞くもの、キョロロンッパ~


女のこ2階の窓1

ママさん、地図見てもわかるのかしら

女のこピアノ部屋1


留守番も大変だわ

ワンのお散歩からニャンのご飯まで

おみやげは、お友達が座るピンクのチェア、
上にはまだケースの中のテディベァ、
とっても可愛いいから、お披露目~

湖水地方のピーターラビット2

わたくし、ヒルトップのグランママですの

どうやら、湖水の国の躾けが、
少し必要みたいだわ


湖水地方のピーターラビット1

あの、ぼくも、湖水で
一目惚れされてやってきたんだよ

ギョッ、このおうち、
ヒルトップのように仲間がいるよ


古参のピーターラビットです

長旅、おつかれさまね~
わたしたちは、もうずっと長~くから
ここに住んでいるから安心してね

ここのママさんたら、
去年、ミス・ポターさんの映画を観てから
どうしても、湖水に行きたいって
大変だったのよ

ミス・ポターさんや、わたしたちのお話しだって
全部、飛行機に乗る前に読んでたのよ

コーダー城のミニチュアです


パパさんは、家だけでなく
お城まで、たくさん観てきたらしいな

又、すぐに大工道具出して、
玄関からカーデニングまで、やりだしたぞ

新ドールハウス・外観円形新1


建築士さんは、新築の家を完成させるために、
可愛い小物を壊れないように、
着内持ち込みで運んで帰国しました。
この小物は、さて、どこからやってきたのでしょう

イギリスの家1

ただいま~

新しい家族の待つ家に、無事に帰国しました~


アバディーン・コーダー城に向かって


『ジョゼのイギリスパソコン周遊ツァー

2週間の旅の回転舞台、
バージョンいろいろ

はじまり~はじまり~







FC2ブログランキング

いつもありがとうございます。

ブログランキング

芸術・人文部門に参加しています。

~リヤドロミュージアムはこちらです~

ジョゼの人形の部屋



ピーターラビットとビアトリクス・ポターの世界ピーターラビットとビアトリクス・ポターの世界
(2002/11)
カミラ ハリナン

商品詳細を見る




Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。