リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「マレーシア・キャメロンハイランドへ!!」マレーシアの旅・キャメロンハイランド編

DSC02901

IMG_0519

首都、クアラルンプールに別れを告げて、

IMG_0521

バスで、北へ約4時間、向かったところは、

IMG_0535

マレーシアの高原避暑地、キャメロンハイランド!
標高1500mの高原に広がる、 緑豊かな紅茶畑。

年間を通して15℃~20℃の気温のため、
南国とは思えないほど、
ひんやりと澄んだ空気に包まれます。

IMG_0536

松本清張の推理小説、
タイのシルク王の失踪事件を題材とした、
「熱い絹」の舞台となりました。

日本の軽井沢と呼ばれている、
この高原リゾート地には、
北欧3国やオランダ、イギリス、オーストラリアなどから、
年間40、000人の人が避寒、避暑に訪れているそうです。

IMG_0539

イギリスの統治時代に開発されたリゾート地。
泊まったホテルは、 ヘリテージ・キャメロンハイランド

IMG_0542

落ち着いた、チューダー様式の外観。

IMG_0541

朝の散歩道は、清々しい空気。

IMG_0550
IMG_0547

夜は、ホテルの一室で、
すでに、現地でロングスティされている、
二組の日本人ご夫妻の方との夕食会。

住んで5年目のご夫妻は、
毎日がゴルフ三昧だそうで、 日に焼けて、健康そのもの。

このキャメロンハイランドは、
ゴルフ好きな方たちに大人気の場所です。

何しろ、ゴルフ代が、
日本では考えられないようなお安さで、びっくり!

一年目のご夫妻は、 仲良くトレッキングしたり、
自然散策が楽しくてたまらないご様子。

IMG_0561

街の中には、
イギリス風のコンドミニアムもたくさんありました。

お買い物はどうかな??
IMG_0545

一番にぎやかな、商店街。
スーパーで、旅で弱った胃袋のために、
ペパーミントティーをゲット!

さすが、紅茶の産地、
ハーブティーも種類が豊富で、箱も大きい!

IMG_0560

こちらは、市場の入り口。

DSC02954

新鮮な高原野菜や、果物がたくさん!

IMG_0565

外国の人たちも、こんなふうに、買出しです。

DSC02953

昔の、日本のお花屋さんみたいでしょ。

IMG_0543

夕暮れのキャメロンハイランド

序々に、霧が立ちこめはじめ、
冷気に包まれはじめると、
思わず、 曇天のイギリスの空を思い出してしまいました。


いつもありがとうございます

海外旅行・参加中
にほんブログ村  クリエイティブライフへ
ブログセンター・ライフスタイル

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~ ジョゼの人形の部屋

スポンサーサイト
Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。