リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『石の美術館・STONEPLAZA』那須の旅・その2




石の美術館入り口.



那須の旅、その2は、
芦野、『石の美術館・STONEPLAZA 』です。


前回のステンドグラスとは、又打って変わった
硬質な石の魅力をご案内したいと思います。


この、石の美術館の見所は、
有名な、芦野石で造られた、古い米蔵、正面を、
地元の石材会社自らが、再生させた美術館です

美しい青空と蘇った石の米蔵、
硬質な石、水の中に映え写る大昔からの町の緑…

静かな光の降り注ぎ、
この見事に調和した館の全景を、ご覧下さい。

石の美術館外景


内観も全て石創りなのですが、
設計担当の隈研吾氏の手により、
まるで、硬質な石を透過させてしまうような
独自の光りを注ぎ込んでいます。


ストーンプラザ内1

これが、石かしら…

女性の華麗な装いのような色彩に溢れた、
石のアートが、幻想的な雰囲気を
もたらしていました。


ストーン2

こちらは、硬派な男性的な石の作品群、
全て、地元の芦野石で創られていて、
多種多彩な石の原石を観ることができました。

ショップでは、力強いパワーストーンから
高価な翡翠石も観ることができました。


ストーンプラザ10

そして、感動したのは、石の壁による、
茶室風景です。

天井の木材と畳以外は、
全て石によって創られていますが、

やはり、自然光の見事なトリックで、
実に深閑とした、落ち着いた特別な空気を
創り出していました。


ストーンプラザ茶室・正面

石をこよなく愛する町の熱意と、

現代建築を、今ある資源だけで蘇らせようとした
一人の設計家、隈研吾氏のコンセプトにより
芦野の町に、独特の情緒をもたらしていました。


那須歴史館入り口

最後は、石の美術館のすぐそばに、那須の歴史館を
発見しました。

稲穂で創られた和紙の、壁面と天井からやはり、
落ち着いた陽射しが、私達の足元を導いてくれました…

自然の恵みを最後まで生かし切る…

建物の中に、古い歴史の営みがそのまま、
息づいていた、那須の一日でした…


那須風景2


roseline1r.gif



FC2ブログランキング
第一位になれました。応援にお礼申し上げます。



ブログランキング

♪コレクション部門に参加中です。ありがとう.gif



リヤドロ・ナチュラルフレーム・猫



リヤドロ・ ナチュラルフレーム・子犬




このブログをもっとお読み頂ける時は、こちらへ。
ジョゼの人形の部屋



スポンサーサイト
Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。