リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「芭蕉と雲厳寺」那須の旅2
[旅] ブログ村キーワード


DSC01693



月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。

松尾芭蕉、45才、

俳聖の高みに憑かれ、漂泊の思いやまず、
住み慣れた深川の芭蕉庵を、人に譲り渡し、
一路、奥の細道へと。


IMG_0022



栃木県那須郡黒羽町、
雲厳寺。

強い夏の日射しと俗世から、
身を守るかのように、
緑の木立から姿を現した、
厳かな山門と赤いかてつ橋。


IMG_0028



静謐な隔世の場所。

芭蕉は、ここ、雲厳寺に、
深川時代から禅の教えを受け、
俳諧師として、最も影響を受け敬愛した、
禅の「仏頂和尚」を訪ねました。


IMG_0021



木啄も 庵はやぶらず 夏木立
  (きつつきも いおはやぶらず なつこだち)

山奥の「仏頂和尚」の草庵を前にした、
芭蕉の句。

うっそうと茂る夏木立の中に、
静かに建っているこの庵を、
さすがの、きつつきも遠慮して、
静けさを破るまいと。



DSC01685



「竪横の五尺にたらぬ草の庵
むすぶもくやし雨なかりせば」



縦横五尺に満たない草の庵だが、
雨が降らなかったらこの庵さえ必要ないのに。
住まいなどに縛られないで、
生きたいと思ってるのに。



「仏頂和尚」は、雲厳寺の岩に、
世捨て人らしい歌を残しています。


IMG_0027



芭蕉は、奥の細道の道中、
ここ、那須・黒羽に14泊も滞在しました。


DSC01687



今世の執着から、
解き放たれたいと願い、


DSC01689



朽ちた苔寺の本尊の姿に、
俳聖人の境地を託し、


DSC01688



「仏頂和尚」の、
無私無欲の面影を追い、


DSC01691


DSC01702



雲厳寺に降り注ぐ夏の光に立ち、
青々と葉を茂らせた、
緑の木立を見上げたことでしょう。


DSC01696



鐘楼の木々の日陰に汗をぬぐいながら。


DSC01686



孤高に草庵で果てた、
「仏頂和尚」の姿を深く刻みながら、
芭蕉は、雲厳寺に別れを告げました。


DSC01705


暑い落葉の中、

芭蕉の、奥の細道の旅は続きました。



黒羽・東山雲厳寺・重要文化財





☆いつもありがとうございます~♪☆


海外旅行・参加中


にほんブログ村  クリエイティブライフへ




ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋

スポンサーサイト
Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。