リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『リヤドロとクリムト・現代に生きる』


『リヤドロとクリムト・現代に生きる』
リヤドロプレミアム展・クリムト・旧作品2


リヤドロのアーティストは、
かつてより、世紀の名画を、
今世紀に再現するということを試みてきました。

リヤドロの大胆な旧作と新作の対比を
お楽しみ下さいね。

今までも、エロスの天才画家、クリムトの作品には、
並々ならぬアーテイストの想いを傾けてきました。


リヤドロプレミアム展・クリムト・旧作品1

まず、試みたのは、クリムトの情念を
スペインの土に凝縮させたようなこの作品。


『アート静美洞・クリムト』

クリムト・『接吻』




クリムトは絵画の中に黄金を散りばめた。

金色の煌めきに、
永遠の愛を封じ込めるかのように。

クリムトは、
エロスを追求しながら、
人間の生と死が、常に背中合わせに
存在しているという死生観を強く持っていたのでは。

甘美な至福の時であっても、
その至福は、
突然終わりを告げる命と同じように。

無常そのものが、
クリムトにとってのエロスだったのかもしれない。


リヤドロプレミアム展・クリムト新作1


瞬間を生ききるアーティストのエゴイズムは、
瞬間にして、変容してしまうむごさを
クリムト自身が、一番知っていたのでは。


リヤドロプレミアム展・クリムト新作3


クリムトの、世紀末の黄金時代を、
リヤドロは、ゴッドハンズとして見事に再現させた。

この表情をご覧ください。


リヤドロプレミアム展・クリムト新作4


~ クリムト(1862-1918) オーストリア・世紀末芸術~




いつもありがとうございます。「第1位」になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ



FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋

スポンサーサイト
Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。