リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「チュニジアのルーブル、バルドー博物館へ!」地中海の旅・チュニジア編
[ヨーロッパ旅行] ブログ村キーワード





後世にまで名をとどろかした、
歴史的な天才戦略家、
ハンニバル英雄伝を生んだチュニジア。

古代世界の栄華を極めたカルタゴの幻は、
今も人々のロマンをかきたててやみません。

ここは、
チュニジアのルーブルの異名を誇る、
バルドー国立博物館


2010-05-16 15:58:53

IMG_0582



薄日の差し込む博物館。

壁面一面、モザイク画で埋め尽くされています。

世界一といわれる、
無数のモザイクコレクションの数々。

IMG_0547



1階から3階まで埋め尽くされた、
無数のモザイクに圧倒されている人たち。

オスマン帝国支配下の宮殿全体が、
バルドー博物館。


IMG_0545


首を奪われ、

IMG_0556



鼻をもぎとられた彫像の姿は、
歴史の支配者の勝利の証。


IMG_0569



鮮やかな色彩は、ローマ帝国の栄華。


IMG_0563


IMG_0534



タイルの小片から、
有色無色のガラスや貝殻まで、
寄せ合わせて埋め込められた、
モザイク芸術の最高峰。


IMG_0554


壁から床まで、

IMG_0549


IMG_0553


まさに神話一色の世界。

IMG_0576



どれだけの数の、
古代人の手になるものでしょうか。

一枚の図柄に使われている
帯ただしいモザイクやガラスや貝殻。


IMG_0539

IMG_0540

IMG_0542



いつの世も、
支配者のいるところは、贅が尽くされ、
絢爛たる寝殿や客室や居間が存在する。


地中海クルーズ ・撮影II 1536x2048-29


旅人達は、古代人の息吹を感じとり、

IMG_0533


歴史の扉をくぐって、
現代のチュニジアの街に戻って行く。

IMG_0524


教育を優先させ、
新しい時代に備えたチュニジア。

このキャンバスから、
たくさんの若者たちが
世界に羽ばたいていきます。






☆いつもありがとうございます~♪☆

にほんブログ村  クリエイティブライフへ




FC2ブログランキング


ブログセンター・ライフスタイル


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋



スポンサーサイト
Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。