リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「みちのくの秘湯」黒湯温泉へ・その2
[温泉] ブログ村キーワード


RIMG0113


黒光りする階段と廊下。
黒湯温泉、自炊部の入り口です

リュックをおろした人達が、
ゆっくりと、階段を上がって行きます。

RIMG0122


好奇心いっぱいで、左側の部屋の中の様子を観察

まるで、修学旅行のように、
お布団が高く積み重ねられていました

RIMG0114


窓から射し込む光の向こうにも、
紅葉がくっきりと見えます。

カメラ2台で、パチリバチリ

広大な風景が得意の庭師さん。

細かい観察は、やっぱり私。

「まだ、撮ってるの。早く行こうぜ。」

「ちょっと待って~プレイバック

黒湯温泉


あまり雰囲気が良いので、
右の建物を横からも

RIMG0115


興味しんしんで、つい覗いてしまうのも、私

温泉の歴史を物語る丁度品、
壁には、黒湯温泉の四季折々のたくさんの
写真が飾られていました。

RIMG0119


こんなふうに、温泉と部屋を行き来します。

RIMG0111


こちらは、内湯の女性風呂。
この源泉の色と、木の古さがたまらないわ

IMG_1570


外の場所に、打たせ湯だけの源泉があり、
木の椅子に座って、ゆっくりと肩を温められます。

IMG_1572


黒湯温泉は、どの場所から眺めても、
古い歴史ある源泉宿の風情に溢れていました

IMG_1561


温泉の一番上で、
紅葉風景を際だたせているのが、「離れの宿」です。

ゆっくり、このもみじ温泉を独占できそうですね

IMG_1584


早朝の湯けむり立ちこめるこんな風景も又、
秋田藩時代からの湯治場の郷愁を、
温かく届けてくれました。



~黒湯温泉アクセス~
秋田新幹線田沢湖駅よりバスで約55分で終点。
徒歩約20分。
泉質・硫黄泉・青みがかった乳白色。






いつもありがとうございます。クリエイティブライフ1位になれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ

FC2ブログランキング


暮らしとファミリー ブログセンター]

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋




送料無料の花ギフトはフラワーファーム

スポンサーサイト
Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。