リヤドロの美しさをお楽しみ頂きながら、日本や外国の旅の思い出、絵画と創作詩、美術館探訪etC・大人のロマンのひとときを。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「夕日百選、屋島の夕日へ」四国の旅その3

DSC04953

              
日本の夕日100景の一つ、屋島の夕日

 

DSC04958

 

屋島の戦いの名場面、

 平氏軍から美女の乗った小舟が現れ、

竿の先の扇の的を射よと挑発。

 

DSC04954

 

 受けて立ったのは源氏の那須の与一。

海に馬を乗り入れたかと思いきや、

弓を構え「南無八幡大菩薩」と唱え、

見事に扇の柄を射抜いた。

 

矢は海に落ち、扇は夕日の空を舞いあがった。

平家物語の名場面、「扇の的」

 

DSC04965

 

この美しい夕日を舞台に、

赤い日輪の扇が、白波を浮きつ沈みつ漂うさまは、

戦陣にあっても興趣を忘れない、

敵味方両者の美学を彷彿とさせます。


DSC04956

          

吉川英治の新・平家物語を読破したのは、

  確か30歳のはじめ頃。

        いきいきとした登場人物の魅力と、

小説の面白さにはまり、

    全巻を夢中で読み終えてしまいました。

  この世の無常というものを、

 まだ若かった私に全編を貫いて、

  痛烈な印象をもって教えてくれた作品です。

 

DSC04957

 

 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり。

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕はす。

奢れる者久しからず、ただ春の世の夢の如し。

  猛き人も遂には滅びぬ。

偏に風の前の塵に同じ。


DSC04963

 

屋島悠久ロマンの夕暮れ。

   



 


  ☆ゆっくりとめぐる日本の旅を、ご一緒〜☆

 いつもありがとうございます♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg

スポンサーサイト
「源平合戦の舞台、屋島寺へ」四国の旅その2

DSC04966

      
祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり

        日本一有名なイントロではじまる平家物語の舞台を訪ねて。         

すすきの穂が揺れる、夕暮れせまる屋


DSC04915

 

DSC04916

  

屋島壇ノ浦の戦いに勇んだ、

若き源の義経の弓流し、那須与一の扇の的をはじめ、

源平合戦の古戦場の勇者の姿が残されている。

DSC04913

 

源氏の兵が、

血のついた刀を洗ったという伝説がある「血の池」

DSC04917

 

 源平合戦ゆかりの宝物を有する四国霊場 

  第84番札所「屋島寺」

DSC04920


DSC04925

 蓑山大明神

本堂の右、四国狸の総大将「太三郎狸」と呼ばれる土地の氏神。

姿もほほえましい子宝の神さま。

DSC04934


DSC04935


子宝を願っての旅なのか、若い夫婦のお遍路さん


IMG_2741

 

それぞれの祈り、願い、希望、未来。

      

DSC04972

  
寺に続く参道。

歩き疲れたお遍路さんを、

お茶で出迎えてくれる地元の人たち。

 DSC04962

ご詠歌

梓 弓屋島の宮に詣でつつ 

 祈りをかけて勇む武夫

 

 

 

晩秋の日本の旅も、良いものですね〜☆

 いつもありがとうございます〜♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg

「鳴門海峡のうず潮へ!」四国の旅その1

DSC04905

 

 秋にめぐる日本の旅。

心地よい秋空にさそわれて、はじめての四国へ。

DSC04908

日本百景の一つ、鳴門海峡へ。
 

DSC04912


 世界3大潮流の一つ、鳴門海峡の渦潮。

IMG_2712
 

 逆巻く渦の飛沫が衣服を濡らすほど、

間近に迫る 「観潮船」

 DSC04900


すさまじい轟音を立てながら、

渦潮が交錯しながら流れていく壮観なさまは、
身震い
するほど。

 

IMG_2697

 

世界で3番目の速さといわれ、

海上45メートルの高さから、眼下に見下ろした渦潮。

IMG_2720
 

日の光を浴びた穏やかな海峡。
 

IMG_2721

 

まだ無名だった作家、吉川英治の名を、

不動のものにした作品「鳴門秘帖」

 

 ここ鳴門の渦潮を背景に、

多彩な人物が織りなした波瀾万丈の物語。

海峡を見おろすこの地には、

国民文学作家として愛された、

吉川英治を讃える文学碑がひっそりと残されています。

 



☆みなさんは、どんな旅を楽しまれましたか〜☆

 

〜いつも応援ありがとうございます〜♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。

〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg

「晩秋と墨の香り」絵とつぶやき
KnipsWXGA
 


東京、曇天。
朝からオランダ絵画のような、グレーの空。
 
11月もなかばの土曜日の午後。
昼食をすませ、珈琲カップ片手に、
久しぶりにパソコンに向かった。
 
 
秋口から、少々崩してしまった体調も、
ようやく回復しはじめた頃、
まったく異質な世界に出会った。
今までとは別の何かを始めなくてはという思いが、
始終、心の片隅に居つきはじめていた時、
私の眼の前に、
突然、モノクロの世界が広がった。
 
懐かしい墨の香りに誘い込まれ、
突然、師について水墨画を習いだした。
 
絵を観ることが大好きで、
さまざまな色の混色と表現に魅せられていた私には、
青天の霹靂のような出会い。
 
ブログにも、
たくさんの世界の名画に登場してもらっては、
絵画鑑賞に浸かっていたというのに、
唯一欠落していた、水墨画の世界。
 
 
幼いときに習っていた、
凛とした背筋をした書道の先生の、
落ち着いた笑顔と、
だだ、もくもくと墨をすり続けた静謐なあの時間。
 
こども時間の中で、
唯一、自分も大人になれているのではと、
思わせてくれたあのひととき。
 
晩秋という季節は、
遠い日の五感の一つ一つまで、
 
真っ白な画仙紙に、
墨色の記憶に変化しながら、
うっすらと、ゆっくりとにじんでいく。
 
 
 
 
☆朝夕、めっきり冷えてきましたね〜お風邪をひきませんように☆

 いつもありがとうございます♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
我が家の、手作りミニチュアドールハウスです
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg

「初秋と再会・・」絵とつぶやき

ミュシャ・コラージュ
ミュシャ・コラージュ posted by (C)ジョゼ

 

 

朝一番に、開け放った窓辺に、初秋の風。

やっと訪れた瞬間に、嬉しくて飛び起きてしまった。

 

 早い朝食を終えて、久しぶりに散歩に出かけた。

緑豊かな散歩道には、

老夫婦、犬の散歩、走っていく若者の姿。

私は、すっかり仲良くなったアイフォンのイヤホンで、

ヒーリングミュージックを聴きながら、

ゆっくりと小一時間ほど、歩いた。

 

言うことを聞かない駄々っ子のような、

長い長い夏が去りはじめ、

はにかみ屋の少女のような、

安らかな初秋の風が吹きはじめ、

とても幸せな気持ちになった。

 

この秋は、どんな秋になるのだろう。

 

「涼しくなったら会おうね。」

そんな約束をしていた、幼馴染たち。

38年ぶりに再会するはずのクラスメート。

次々に、懐かしい友の顔が浮かんできた。

 

初秋の風は、

いつも私に、優しい記憶を運んでくれる。



 


〜やっと涼しくなりましたね!素敵な秋をお過ごしくださいね〜♪♪

 

 

〜いつも応援ありがとうございます〜♪♪
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。

〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg

「ホーフブロイハウスで乾杯!!」ドイツの旅・ミュンヘンその3
3-DSC04071.JPG
 
 
ミュンヘンにきたからには、
 
通り過ぎることのできない歴史的な場所の一つ。
 
 
 ホーフブロイハウス.JPG
 
 
それは、「ホーフブロイハウス
 
ドイツの歴史の中でも、
世界中を震撼させた人物、
 
あのアドルフ・ヒトラーが、
2000人の聴衆を前に、堂々たる演説ぶりで、

 ナチスの旗揚げを行ったのが、
このビアホール、ホーフブロイハウスです。
 
 
 
7-IMG_1716.JPG

1-IMG_1714.JPG

 

300年以上の歴史をもち、

1階の丸天井のホールは7000人も収容できるという、

巨大なビアホールは、

今では、地元の人たちが夜ごと、人生を謳歌し、

世界中の人々の憩いと音楽とダンスの場所。

若い男女の踊り子たちは、

むせかえるような熱気の中で、

日夜、踊り続けています。

 

1-IMG_1710-002.JPG

 

ドイツの平和に乾杯!!

5か条綱領(。天気の良い日は中庭のビ
1-DSC04067.JPG
アガーデンもオープンする。バンドの演奏もある。二階ン、三階は1200席の大フロアで、陽気なショーを楽
2-DSC04068.JPG
しむ団体客で賑わう。

 6-DSC04075.JPG

 

 白夜のホーフブロイハウスの周囲に集う、

ミュンヘンの人々。

家族、友人たちとのひとときを、

何よりも大切に暮らすヨーロッパの価値観が、

どこかしこにも息づいています。

 

4-DSC04072.JPG

 

さあて、

今夜も、思い切り楽しもうぜ。


 

 

日本の猛暑と、ミュンヘンの熱気にも、グッパイ!〜♪♪


〜いつも応援ありがとうございます〜♪♪
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。

〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg

「マリエン広場に集う世界の顔!!」ドイツの旅・ミュンヘンその2

 

1-IMG_1694.JPG
 
 
ドイツの大都会、ミュンヘン
 
広場前に、
壮大に立ちはだかる
重厚な ネオゴシック様式の市庁舎。
 
 
3-DSC04019.JPG
 
 
世界中の旅人も、
さあ、みんな一緒に、
 
マリエン広場に集まろうよ。

 
2-DSC04064.JPG
 
 
マリエン広場の主役は、
何といっても、この仕掛け時計。
 

馬上の勇敢な騎士たちが、
毎日、時間になると、
くるくる、くるくると廻りだします。
 
 
1-IMG_1703-001.JPG
 
 

集う人々の熱気と、強烈な暑さで、

もう、頭から湯気が出そう〜

 

2-IMG_1696.JPG

 

4-DSC04022.JPG

 

5-DSC04023.JPG
 
 
ご覧のとおり、
 
右を向いても、左を向いても、
見渡す限りの人の山、山!!
 

 1-DSC04047.JPG

2-DSC04061.JPG


 人 口130万人、

昔から「ドイツ最大の村」と言われ、

人々から愛されてきた街のダイナミズム!!

  3-DSC04062.JPG


 あなたもいつか、

この溢れかえる熱気の街で、

馬上の騎士はいかが??


〜いつも応援ありがとうございます〜♪♪  

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。

〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg


「晩夏に降る雨」絵とつぶやき
夏の想い出
夏の想い出 posted by (C)ジョゼ

 

東京に、14日ぶりの恵みの雨。

 

 午前の家事の手を止めて、

思わずベランダにかけよってしまった。

乾ききったコンクリート道を、
思い切りたたきつけていく、
小気味よいほどの雨の音。

 

ふっと、瞬間の涼風を感じて、

突然、雨に降られた歩道の人たちのことも忘れて、

 何だか急に、ほっとしてしまった。

もうとっくに、晩夏のはずなのに、

 狂った夏が、

なかなか過ぎ去ろうとしてくれないので、

雨で煙った灰色の空が、

妙に心を落ち着かせてくれた。

 

通り過ぎた瞬間の雨が、

小さなしあわせに感じられた9月のはじまり。




 

〜9月になりました♪♪ 早く涼しくなると嬉しいですね〜♪♪

 

〜いつも応援ありがとうございます〜♪♪  

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。

〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg

「バイエルン国立歌劇場とミュンヘンの街!」ドイツの旅・ミュンヘンその1

 

1-DSC04004.JPG

 

ミュンヘンの青空は、ため息が出るほど美しい。

大空に手をかかげる、マクシミリアン・ヨーゼフ像。

2-DSC04005.JPG

 

石畳に市電が通り抜ける、マクシミリアン通り。

9月から6月まで、ほぼ毎日、オペラやバレエが上演される、

世界的に有名な バイエルン国立歌劇場前。

ワーグナーの音楽に溺れ、

その音楽世界に全てを賭けた、

あの、ノイシュバンシュタイン城のルートヴィヒ2世は、

この劇場で、深夜たった一人で、

ワーグナーの歌劇に酔いしれたそうです。 

 

1-IMG_1634-001.JPG
 

 まだ、ミュンヘンの入り口に立ったばかり。

1-IMG_1635-001.JPG

 

 ドイツ人口第三位の、

ミュンヘンのホテルは、機能的でシンプル。

 

3-DSC04027.JPG

 

 自由気ままな、いでたちで闊歩する人たち。

 

4-DSC04028.JPG

 

そう、百夜のヨーロッパの街に、
夜は無いのだと、

いつも思い出させてくれる、こんな光景。

 

5-DSC04033.JPG

 

お洒落な帽子屋さん。

 

6-DSC04038.JPG

 

  さすが、ビールの国ドイツ。

街中で、ジョッキをぐびぐび!

 

2-IMG_1632.JPG

 

外も中も、ビール、ビール!

おじさまたち、お腹も、お見事なビール腹!

トイレ前のチップ譲も、もう、にんまり〜
 
 
1-IMG_1631.JPG
 
 
ビールと音楽と陽気な笑い声。
 
ミュンヘンの白夜は、まだまだこれからです。

   

 

〜いつも応援ありがとうございます〜♪♪  

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。

〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg

「午睡の思い出」絵とつぶやき。

竹久夢二・コラージユ

 

クーラーの無かった幼い頃、

朝の涼しいうちに夏休みの宿題を済ませ、

昼ごはんを終えると、良く昼寝をさせられた。

遊びたいので、

いやいや畳に横たわるのだけれど、

いつのまにか、枕一つ、ふにゃりと眠りにおちた。

 

そんな日は、

たいてい私の方が早く目覚めてしまうので、

眠りに飽きてしまった私は、ごぞごそと動いては、

何とかして母を起こそうとするのだが、

夏の家事で疲れた母は眠りから覚めない。

あきらめては仕方なく、隣の母の寝息を聞いていた。

 

今思い返してみると、そんなふうにして、

熱さから体力を温存しようとしていたのかもしれない。

そんな昔のことを思い出させるほど、

今年の夏は、たくさん午睡してしまった。

 

ここ数年の異常気象で、夏の心身が悲鳴を上げ、

自然の休息を求めているのかもしれない。

あの頃、熱中症という言葉があったのだろうか。

まだそこそこに、人々と電力は、

適度に折り合いがついていた時代だったのかもしれない。

 

コンビニも無い都会の片隅で、

いつでも好きなように、

午睡に落ちることができることのありがたさが、

やけに身にしみた、今年の夏の日々でした。

 


 

〜まだまだ熱い日が続きそうです。お身体に気をつけて〜♪♪

〜いつも応援ありがとうございます〜♪♪  

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。

〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg

「カール・テオドール橋を渡ろうよ!!」ドイツの旅・ハイデルベルク編その3

 

1-DSC03913.JPG
 

何世紀もの間、
「魂の都」と呼ばれてきた、ハイデルベルク。
 
学問、音楽、文化、芸術、建築の礎は、
この街から、ドイツ全土へ広がった。

4-IMG_1563.JPG
 
 
その象徴として、 ネッカー川に立つ、
プファルツ選帝侯時代のカール・テオドール像。
 
 
1-DSC03918.JPG
 
この別名、「古い橋」の上で、
恋人たちは、嬉しそうに抱き合い、
 
 
3-DSC03920.JPG
 

選帝侯
カール・テオドール像の下で、
若者は、アコーディオンを弾く。

 
1-IMG_1560.JPG

 

石のアーチをくぐり抜けて。

 

1-IMG_1570.JPG
 

 

6-IMG_1575.JPG

 

 ハイデルベルクの旧市街は、
歩くほどに、懐かしいセピア色。

 

2-IMG_1545.JPG

 

そして、あのロマン派のシューマンも、

若かりし日、

ハイデルベルク大学の法学部に転学した秀才の一人。

妻、クララと共に住んだ愛の住処がありました。

 

5-IMG_1568.JPG

 

法律よりも音楽を!

 

夢をあきらめなかった若き日のシューマン

シューマンの音楽の翼は、

ここハイデルベルクの空から、全世界を駆けめぐりました。

 
 

 

〜ドイツの奥深さを知る、ハイデルベルクの旅でした〜♪♪

〜いつも応援ありがとうございます〜♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。

〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg

「ハイデルベルクの街を歩こうよ!!」ドイツの旅・ハイデルベルク編その2
 
1-IMG_1548.JPG

 

ドイツのあの爽やかな、初夏の午後が懐かしい。

 

 ドイツ最大の文教都市、ハイデルベルクの魅力を探りに、

カメラ片手に、街歩き!!

 

1-IMG_1554.JPG

 

 ドイツの日常、 街の人の顔、

通り過ぎてしまったら、

あっという間に消えていく風景。

 

2-IMG_1541.JPG

 

 ドイツのどこよりも早く春の花が咲く、ハイデルベルク。

 

1-DSC03909.JPG
 
 
可愛いベビーは、将来のハイデルベルクの学生候補?

 人口13万9300人のうち、

アメリカ人軍関係者が約2万人、

学生が2万5800人という大学の街。

そのうち、約3000人が外国人留学生で、

その出身国は、世界80カ国にわたるとか。

 
2-DSC03904.JPG

 

 学生さんたちの大好きな、パン屋さん。

 

3-DSC03910.JPG

 

路上に、謎の砂袋? 

まさか、砂キャンデイ?

 

4-DSC03911.JPG
 
1-DSC03923.JPG

 

 第二次世界大戦の被害を受けずにすんだ街のせいか、

 若者たちは、歴史あるたたづまいに溶け込みながら、

陽気にのびやかに大学生活をエンジョイしているようです。

 
 
1-DSC03903.JPG

 

多くの詩人や芸術家が魅了された街。

 

日本のオールド・ドイツファンに人気のある、

マイヤー・フェルスター作・「アルトハイデルベルク」の舞台も、

ここ ハイデルベルク。

 

2-DSC03929.JPG

 

路地裏で生まれるたくさんのヒストリー。

 

1-DSC03891.JPG

 

 

赤いレンガの旧市街の街並みと、

ネッカー川と古城と緑のおりなす美しい調和。

66歳のゲーテが24歳のマリ アンヌと、

予期せぬ恋に落ちた街。

 

ゲーテは、

 「私はここで愛し愛され、幸せだった」と

ハイデルベルクの石碑に詩っています。

 

〜いつも応援ありがとうございます〜♪♪
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。

〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg

「ハイデルベルク城と、ドイツ最古のハイデルベルク大学へ!!」ドイツの旅・ハイデルベルク編その1

 

04-IMG_1514.JPG

 

未知の世界だったドイツ。

その未知の世界が、視界いっぱいに広がった。

ドイツの古城の中でも、最も歓声のどよめきが、

沸き起こる場所。

 

 

05-IMG_1517.JPG

 

ハイデルベルク城から一望する眼下、 

旧市街の赤い屋根の町並み、ネッカー川の流れ、緑の森が、

一気に眼に飛び込んできて、

その美しさに何度もシャッターを押してしまいました。


01-DSC03888.JPG

 

 廃墟となったハイデルベルク城の風情は、

ロマン主義の芸術家を魅了し、ゲーテも何度も訪れています。

03-DSC03892.JPG

 廃墟のうら寂しさと、

700年の出来事を秘めた城の歴史。

07-IMG_1523.JPG

 

 栄華と戦いの名残。

崩壊寸前の外壁だけを残した城。

 

1-IMG_1528.JPG

 「エリザベスの門」

 

フリードリッヒ5世は、愛する英国生まれの妃、

エリザベス・スチュワートの19歳の誕生日のために、

 一夜のうちに、この門を建てさせたそうです。

 誕生日の朝、いつもの散歩道で、

昨日までは無なかった、自分の門を見つけて、

他国から嫁いだ、うら若い王妃は、

どんな高価な宝石よりも、

嬉しかったのではないでしょうか。

   

08-DSC03899.JPG

 

 ドイツ最古のハイデルベルク大学。旧校舎。

ヨーロッパの古い大学は、

こうして殆どが、目立つこともなく町に調和されています。

 

09-DSC03900.JPG
 
地味な新校舎。
 
日本の大学のように、門扉を構えたキャンパスは、
ヨーロッパでは、歴史の浅い新参の大学と見られるとか。
 
11-IMG_1538.JPG

 

16世紀に建てられた学生牢。

酔っ払ったり、決闘 したり、血気盛んな若者たちが、

いましめのための収監に、使われていたそうです。

それでも、授業はちゃんと受けさせてくれたなんて、

やっぱり、懐が広いですね。

 

12-IMG_1539.JPG
 
 学生牢入り口。
 
牢内の壁や天井には、
 
落書きや自分の名前、
おまけに自分の自画像まで、

 ろうそくのすすで、丹念に描かれ、
びっちりと埋め尽くされ、お見事、隙間もありません。

 

10-DSC03901.JPG

学生牢に名を残すことを、
競いあっていた貴族の若者達。

 いつの時代も、
ほほえましい青春の勲章の足跡。

 

美しいハイデルベルク、次いてお楽しみくださいね〜♪♪



〜いつも応援ありがとうございます〜♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。


〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg

「フランクフルト旧市街からリューデスハイムへ!!」ドイツの旅・ロマンティック街道その6

 

2-IMG_0377.JPG
 
 
 ライン川の支流、
マイン川の流れる首都フランクフルト

階段状の切妻屋根がひときわ美しい、

この都市貴族の3軒の館は、

15世紀初めに市に買い取られ、

レーマー(旧市庁舎)となりました。

 

 
 
3-IMG_0704.JPG
 
 
ニコライ教会を背景に、レーマー周辺をパチリ。

世界的な文豪ゲーテは、 このフランクフルトで生まれ、

フランクフルト市民の偉大な息子」と呼ばれ、

市民の大きな誇りとなっています。

 

1-IMG_0690.JPG
 

 色まちまちの木組みの家並み。

1-IMG_0389-001.JPG
2-IMG_0390-001.JPG

 

雨にぬれた石畳の散策にも、わくわく。

 

2-IMG_0701.JPG
 
ライン川に沿って町が開けた、
世界遺産、 リューデスハイムのつぐみ横丁。

 

4-DSC03794.JPG

 

こんな、こぢんまりと可愛らしい町なのに、

やっぱり、ドイツは、世界遺産の宝庫。

 

8-DSC03806.JPG

 ワインの町、

リューデスハイムのお楽しみは、居酒屋めぐり。

5-DSC03799.JPG
 
7-DSC03804.JPG

 

 花咲き乱れる素敵な庭先の上は、

何と、ワインの居酒屋さん!

たくさんの国の人たちが、

たっぷりとワインの豊穣な香りに酔いしれていました。

 

 

〜美味しくて、ついワインの試飲をしすぎてしまいました〜♪♪

 


〜いつも応援ありがとうございます〜♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。

〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg

フォトに泣いて、昼寝三昧〜♪
1-2011-01-07.jpg
 
 
先日から、更新をはじめたドイツの旅めぐり。
 
何とか、写真の整理に、
効率の良い方法はないものかと、
 
頭を痛めながら、ピカサアルバムや、
フォト蔵でアップしてみましたが、
夏休みのせいか、どちらもダウンロードに失敗〜
 
仕方なく、放置していた楽天写真館に、
チャレンジして、どうにか、旅日記を一つ仕上げ、
下書き保存してみたら、
 
またまた、
ダウンロードに失敗しました〜〰の、
メッセージが!!
 
えぇっ、又、文章を書き直すの??
 
それでなくても、最近の物忘れには、
もしかして 、認知症??
ホーゼンとすることが多いこの頃。
 
あぁ、もう嫌になっちゃった〜
 
もう、寝ちゃおうっと!
 
こうして、私のブログライフは、
脳年齢と共に、後退 していくのでありました。
 
 
 
〜夏休みの宿題がたまっちゃった、小学生気分です〜
 

 

〜いつも応援ありがとうございます〜♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。

〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg

「世界遺産・ヴュルツブルクのレジデンツへ!!」ドイツの旅・ロマンティック街道その4

 

02-IMG_1594.JPG

 

 ヴュルツブルクは、ドイツ中央部にある中世の宗教都市。

曇天のヴュルツブルクの街。

 

IMG_1602.jpg

         

やってきたのは、レジデンツ前。 (大司教の宮殿)

04-IMG_1600.JPG


 バロック様式のこのレジデンツは、

18世紀、建築家 バルタザール・ノイマンによって、

司教のための館として建てられました。

 

05-IMG_1603.JPG

 

この大宮殿は、当時、類をみないスケールと斬新さだった為、

建築当事は、設計ミスだ、

何かあればすぐにでも壊れてしまうと、

散々に酷評されましたが、

 ノイマンは「砲弾を打ち込まれても、決して崩れない」と、

                  世間に大反論しました。

01-DSC03937.JPG


 レジデンツ正面の広場には、

  フランケン地方の守護神、フランコニアの噴水。

3-資料5.jpg

 

     最も有名な「階段の間」は、   

     柱の無い広大な吹き抜けに、画家ティエポロの描いた、

世界で一番大きい、
670平方メートルもあるこのフレスコ天井画。

世界の四大陸である、

アジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカの風景と、

それを代表する人物や動物、神々が描かれています。

見上げているのがやっとという、

大きさとスケールに只 、圧巻されっぱなしでした。

 
1-資料8.jpg

 

1-資料7.jpg


  豪華絢爛な宮殿内を、

撮影禁止のため、数枚のポストカードでしか、

お見せできないのが大変残念です。

 

03-DSC03939.JPG
 

「絶対に崩れる」と騒がれていた吹き抜けは、
第二次世界大戦の空襲でも、崩れることはなく、

大フラスコ天井画は、
今でも世界の人たちを圧倒させています。
 
ノイマンの高い技術と誇りの勝利でした。

 

2-IMG_1608のコピー.jpg

              

 レジデンツの裏に広がる、ホーフ庭園

 「ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場」として、
世界遺産に登録されています。

 

08-DSC03945.JPG

          

09-DSC03946.JPG

 

世界遺産と共に暮らす、普通の人たち。

06-DSC03942.JPG

 

07-DSC03943.JPG

 

 世界一の天井フレスコ画の興奮と、

    広大な緑に見送られ、
夢うつつな幸せな午後のひとときでした。
 

 

〜なでしこジャパン、やりましたね!!〜

    
いつも応援ありがとうございます♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。

〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg


《只今、コメントをお休みさせていただいております。
ご感想は、拍手欄から、お手数ですが、お願いいたします。》
「世界遺産・アウグストゥスブルク宮殿へ!!」ドイツの旅・ロマンティック街道編

 1-IMG_0905.JPG

 

大都市ケルンの郊外ブリュール。

 

ブリュールの雨雲を予感させながら、

遠くに浮かび上がる、アウグストゥスブルク宮殿。

 

01-IMG_1476.JPG

 

 宮殿に向かって、

 期待を膨らませながら、ゆっくりと門に向かいます。

02-IMG_1477.JPG

 

  美しい庭と、森に囲まれた、ロココ様式の宮殿。

 

03-DSC03870.JPG
 
 
1725年、ケルンの大司教が鷹狩用の別荘として建て、
 
たくさんの貴族たちが集い、鷹狩に興じました。
 
04-DSC03872.JPG
 
 
撮影禁止でお見せできないのが残念ですが、
 
建築家フランソワ・ド・キュヴィリエによる、
宮殿内の装飾は、

当時の優秀な芸術家たちが競って腕を奮っただけに、

絵も彫刻も、眼に見張るものがありました。

 


07-DSC03882.JPG
  06-DSC03880.JPG 

森の中にひと際生える、大きな彫像。

 

09-IMG_1489.JPG
 
裏庭の美しい庭園。
 
10-IMG_1490.JPG
 
 
女性的な緑のラインが、心なごやかにしてくれます。
 
08-IMG_1485.JPG

 

ドイツは、33箇所の世界遺産の宝庫です。

 

晴れかけた空と広大な緑に見送られ、

又一つ異文化と共に過ごせた、

幸せな午後のひとときでした。




~ドイツの世界遺産を巡る旅、又、お楽しみくださいね~♪

〜いつも応援ありがとうございます〜♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。
〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg

  

《只今、コメントをお休みさせていただいております。失礼をお詫びします。m(_ _)m》

暑中お見舞い申し上げます!!

伊東深水・浴衣

 

暑中お見舞い申し上げます 

 

今年も、連日の猛暑が続いていますが、
お元気でお過ごしでしょうか。

真冬は寒く、真夏は暑い私のパソコン部屋。

クーラーの節電のために、

この時期は、ほとんどリビンクで過ごすことになります。

 おまけに、アイフォンで、何でも見られるので、

パソコンもますます、遠い存在になりがち〜

 長期の旅以外は、ほとんど、インドア派の夫婦が、

一日中、同じ部屋にいて、

朝は、連ドラの梅ちゃん先生からはじまり、

BS放送、海外ドラマ、映画、

おまけに今は、連日のオリンピック観戦と。

 

こうなると、

いつも観たいものが同じというわけにはいきません〜

   

「 iPad、買うか! 」

   

ご存じ、メカが大好きな夫の言葉に、ギクッ!!

 ようやく最近、アイフォンの便利さに目覚め、

やっと仲良しになれたこの私なのに??

   

8月、とうとう、我が家にやってきた、iPad!!

 

しぶしぶだった私の眼に、

飛びこんできた、美しく鮮明な画像!!

 ゴロゴロしながら、

何でも好きな番組が、観れてしまいます♪

 

というわけで、旅の写真の整理もできぬまま、

今年も、毎日が寝ぶたまつり〜〰

 


 

〜うなぎが高くなりすぎて、がっくりですが、夏バテにお気をつけて〜♪♪

   

〜いつも応援ありがとうございます〜♪♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。

〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg

突然、画像が消えたお詫びです!!


パラソルのリヤドロ~♪
パラソルのリヤドロ~♪ posted by (C)ジョゼ



一作日から、はじめたばかりのドイツの旅行記。


だいたい、更新のおさぼりが多い私、、

足跡を残してくださったり、ご訪問していただいたり、

気まぐれな更新なのに、本当に、ありがたいことです〜♪

おさぼりの原因の一つは、
フォトがいっぱいになってしまったこと。

それで、だいぶ前から、
フォト蔵を使用していましたが、
旅の写真が多すぎて、ブログのレイアウトを
考えながら転載するのに、
これもまた、時間がかかりすぎ、
眼は疲れるし、肩は凝るし、頭を痛めていました。



最後の手段、グーグルのピカサを使って、
やってみよう〜と、いうわけで、
ドイツの旅行記をスタートさせてみたら、

何と、昨日から突然、

画像が消えちゃいました!

検索で調べたら、
グーグルさんも、最近こういうことがあると知って、
もう、ショック〜〰



せっかく、ご訪問いただいた方たちに、

ひと言、おわびをしなくてはと、、、

グーグルピカサが、ちゃんと復帰するまで、
もう少し、様子を見て、対策を考えますので、
しばし、ごめんなさいませ。

~梅雨空の上、又、頭痛の種が増えた私です~





〜いつも応援ありがとうございます〜♪♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。


〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪

<br />ジョゼの人形の部屋.jpg




「世界遺産・ブィースの巡礼教会へ!」ドイツの旅・ロマンティック街道その2

2-IMG_0844.jpg

 

ロマンティック街道、ドイツ・アルペン街道。

シュタインガーデン、

世界遺産、ヴィースの巡礼教会へ。

 

 1-1-資料3.jpg

 

のどかな村の牧草地に、

ひっそりと立つ素朴な草原の教会。

 3-IMG_1683.JPG

 

 質素で素朴な外観からは、

想像もできない、眼の覚めるような天井画。

  天才建築家ドミニクス・ツィンマーマン、渾身の装飾。

「天から降ってきた宝石」といわれる、

ロココ建築の教会の世界の最高傑作。

 

   6-IMG_1688.JPG

厳粛なオルガンの音色が響きわたって。

2-IMG_1682.JPG

 5-IMG_1687.JPG

 

 『鞭打たれる救い主』像。

このキリスト像のあまりに 痛々しい姿は、

信者の不評になり、

長い間、修道院の食堂主人の屋根裏に放置されていました。

1738年6月14日、農婦マリアが哀れに思い、

像を引き取り、祈りを捧げていたら、

キリストの瞳から、涙が流れたという奇跡のお話。

 

 1-IMG_1679.JPG

 

「ヴィースの涙の奇跡」に心誘われて、

世界中から、たくさんの巡礼者が訪れています。

 

 1-IMG_1690.JPG

ヴィースは、ドイツ語で、「草原」


   4-DSC03998.JPG

 

 広大な草原の風に吹かれながら行く、

ロマンティック街道の旅空。

 

 



~うっとおしい毎日ですが、 ドイツ世界遺産、お楽しみくださいね~♪


〜いつも応援ありがとうございます〜♪♪



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。


〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg



「ドイツ・ノイシュヴァンシュタイン城へ!」ドイツの旅・ロマンティック街道その1
 1-IMG_1648.JPG
 リタイア夫婦のヨーロッパめぐり!
緑まばゆい、森の国、ドイツへ。
5-IMG_1664.JPG
  風薫る、マリエン橋を渡ろうよ。
   3-DSC03971.JPG 
 世界の名城の一つ、あのお城を訪ねて。
 1-最近の更新36.jpg
 深い森の渓谷に、
くっきりと姿をあらわした、新白鳥城。
 4-DSC03977.JPG
 このお城が、世界の人たちを、惹きつけてしまうのは、
1-資料1.jpg

「美の化身」と謳われた、バイエルン国王ルートヴィヒ2世と、
ヨーロッパ史上、絶世の美女の名を欲しいままにした、
オーストリア皇后エリザベートの、
二人の数奇で悲劇に満ちた物語。
  2-IMG_1655.JPG
18歳でバイエルン国王に即位した、
多感で繊細な夢見る青年だった ルートヴィヒ2世
  2-DSC03966.JPG
 
政治や人間の争いから逃避し、
ひたすら、中世のロマン主義を追い求め、
ワーグナーの音楽世界に心酔するあまり、
「美の化身」から、やがて、狂王へと。
 6-IMG_1670.JPG

城内を埋め尽くす、

ワーグナーのオペラのモチーフをを描いた壁画の数々。

自殺説、他殺説、その謎の死と共に、

 未完成のまま終わった、ノイシュヴァンシュタイン城

  3ノイシュバンシュタイン.jpg
 ワーグナーの音楽の彼方に消えた、
世紀の悲劇の物語。

青空の下、白亜に輝きそびえ立つ、




~大変ご無沙汰してしまいました。  
又、ゆらりと、ドイツの風景、お楽しみくださいね~♪


〜いつも応援ありがとうございます〜♪♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


~本館・オリジナル・リヤドロミュージアムをお楽しみ下さいね~
<br />本館・オリジナル・リヤドロミュージアム。


〜我が家の、手作りミニチュアドールハウスです〜♪
<br />ジョゼの人形の部屋.jpg



黄金の間・ノーベル賞祝賀パーティの舞踏会会場!!」北欧の旅・スウェーデン編4

IMG_2002


ストックホルム市庁舎で、
世界の人々が立ち寄る、もう一つの場所は、

IMG_2006.jpg

二階の「黄金の間」です。

DSC00307


ノーベル賞受賞パーティーの、
舞踏会広間として使われる、
この「黄金の間」。

DSC00304

大壁画「メーラレンの女王」

王座に坐った女王の手には、
王冠と王笏(おうしゃく)。

戦争への怒りをこめた厳しい顔つきが、
市民の賛否両論を生んだそうです。

DSC00306

1900万枚の金箔モザイクで作られた、
壁画の数々。

DSC00303

DSC00310


照明の抑えられた広間から、

くっきりと、浮かびあがってくる、
黄金の壁画の数々。

DSC00309

金箔モザイクの見事さ。

IMG_2010

外光で、市庁舎の赤レンガの壁面を、
よく見てみると、

表面を突いて凹凸を残す、
精密な「敲仕上げ(たたきしあげ)」に、
あらためて驚かせられます。

DSC00318

メーラレン湖と、明るい平和な笑顔。

DSC00321

そろそろ、ランチタイム。

レストランの入り口で、
可愛い天使が迎えてくれました。




~ストックホルム、お次は、どこでしょう~♪


☆いつもありがとうございます~♪☆

にほんブログ村  クリエイティブライフへ


FC2ブログランキング

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~
ジョゼの人形の部屋

「ストックホルム、ノーベル賞晩餐会会場の市庁舎へ!!」北欧の旅・スウェーデン編3

DSC00320


ストックホルム最大のランドマーク、
ノーベル賞の記念晩餐会が行われる市庁舎です。

DSC00285


12年の歳月をかけた、
赤レンガ造りは、堅牢な城塞のように壮観。

市庁舎は、
ストックホルムの自由と自治、正義のシンボル。

DSC00284

壁面は、100万個の赤レンガの表面を、
手作業で細かく穴をあける工夫がされ、

DSC00311


こうして、会場内の光と音が、
柔らかく反射、反響するように工夫されています。

大勢のスタッフが、コンピューターを駆使して、
立ち働いていました。

DSC00292

DSC00287

ダイナマイトを発明した、アルフレッド・ノーベル。

ノーベル賞は、その遺言によって設けられ、
世界平和のために、貢献し続けています。

IMG_1993


廊下には、歴代の受賞者の似顔絵が、
ユーモラスに飾られていました。

DSC00313

IMG_2012

DSC00289


この「青の間」が、
毎年、12月10日に開催される、、
ノーベル授賞式後公式晩餐会の会場となります。

この階段が、
最高のスポットライトに変化します。

ふだんは、
こんなにひっそりしている会場ですが、

101212-1.jpg

晩餐会の夜には、
美しいビクトリア王女を中心に、
豪華絢爛な宴となり、世界の功績を讃え、祝福しあいます。

※上のフォトのみ、ストックホルム時事ニュースより。
 
DSC00293


世界で、社会的平等と民主主義を、
早々と、確立させたスウェーデンの市会議事堂。

IMG_1996


国政選挙の投票率、85%を超える国民性。

天井は、自由と平等を愛した、
祖先バイキングの家の屋根を、
イメージして作られています。

IMG_2015


メーラレン湖の水面が広がる裏庭。

いつでも自由に行き来できる、
ストックホルムの市民の憩いの場所でした。



~ストックホルム、引き続き、お楽しみ下さいね~♪

いつもありがとうございます


海外旅行・参加中


にほんブログ村  クリエイティブライフへ


~リヤドロミュージアム&手作りミニチュアドールハウスをお楽しみ下さい~
ジョゼの人形の部屋

「ストックホルムの美しい朝!!」北欧の旅・スウェーデン編2

向かい側から見える、ホテルも素敵でした。

スウェーデンの首都、

北欧のベニスといわれる、
水の都ストックホルムに、
美しい朝が訪れます。

DSC00241


何といってもストックホルムの魅力は、
豊かな自然に恵まれているところ。

大きな都会でありながら、
気軽な魚釣りや、夏の水遊び。

DSC00244

豊富なウォーキングコースも、
よりどりみどり。

DSC00246


「ここ、駅なの?」

まるで、バス停みたいでしょ。
でも、れっきとした無人駅でした!

温かな木のベンチ。
清潔感いっぱいで、気持ちがいいでしょ。

DSC00248


駅前のモニュメントと、心浮き立つ春の花。

DSC00245


こんな町で、リゾートしたくなっちゃった。

IMG_1914

朝の光にさそわれて、

IMG_1917

誰もいない海辺の小道を、ゆっくりと歩きます。

ストックホルム・ヨットハーバーの彫刻1

突然、まぁ、大胆な彫刻が!

ストックホルムのヨットハーバー・彫刻2

ストックホルムのヨットハーバー・彫刻4

作者さんは、不明のようす。

生の賛歌に、
名前は、いらないでしょ。。って?

さすが、大らかなスウェーデンですね。

DSC00216

刻々と明るくなる空と海。

どこにいても、誇らかな国旗の立つ、
スウェーデンの一日が、
こうして始まりました。





スウェーデンの魅力を、少しづつお楽しみ下さいね~♪

いつもありがとうございます


海外旅行・参加中


にほんブログ村  クリエイティブライフへ


~リヤドロミュージアム&手作りミニチュアドールハウスをお楽しみ下さい~♪
ジョゼの人形の部屋

「北欧の旅スタート!ストックホルムへ!!」北欧の旅・スウェーデン編1

ストックホルムの上空から~♪


春の気配も少しづつ。

今年の旅の計画も、
そろそろ練りださなくちゃね。

その前に、
北欧の思い出の風景を、一挙公開!!

はじまりは、スウェーデンの上空から~♪

ストックホルム空港で、パチリ~♪

ストックホルム・アーランダ国際空港到着!!

IMG_1926

憧れの北の水の都。

ストックホルムらしい、水辺の風景。

ストックホルムのヨットハーバー1

DSC00235

ホテルの周囲は、
一面が、こんなふうにヨットハーバーです。


ホテル・グランド・サルツショーバーゲンに到着!!2

遠くから、
スウェーデン国旗で出迎えてくれた、

ホテル・グランド・サルツショーバーゲンに到着!!

この美しいホテルは、

「☆ホテル・グランド・サルツショーバーゲン☆」


畏怖堂々とした、 白亜の館です。

ホテル・グランド・サルツショーバーゲン、ロビーで。

ホテル・グランド・サルツショーバーゲン、ラウンジで。

ホテル・グランド・サルツショーバーゲン、ラウンジ。本がたくさん!!

穏やかな光が差し込む、
重厚なロビーもラウンジも、
木のぬくもりで、ゆったりとくつろげます。

ホテル・グランド・サルツショーバーゲンの庭先から。

トランクの荷もそのままに、
ホテルの庭園散策へ。

ホテル・グランド・サルツショーバーゲンの庭で。

広い庭で、
海辺の風に吹かれながら、
真っ白なベンチで一休み。

「本当にスウェーデンに来たのね。」

夕暮れ・ホテル・グランド・サルツショーバーゲンにて。


暮れゆく、初めてのスウェーデンの空の色。

北欧の旅の序章が、
静かにはじまりました。




北欧の旅、又、少しづつお楽しみくださいね~♪

☆いつもありがとうございます~♪☆

にほんブログ村  クリエイティブライフへ

FC2ブログランキング


~リヤドロミュージアム&手作りミニチュアドールハウスをお楽しみ下さい~
ジョゼの人形の部屋


「花粉症だ!!」絵とつぶやき

シャガール・エルサレムウィンドウ「本扉」


桃の節句も終えたというのに、
又、今日はひどい冷え込みで、寒い~〰

最近、人生で始めての経験(?_?)、というのが続きます。

まず、脳天まで痺れた歯痛!
歯痛を知らないなんて、しあわせね~ と、
皆から、良く言われていたものです。

まさか、あんなに、痛いなんてねぇ。
痛み止めのイブも、2箱も飲んでしまった。
イブ中になりそうな毎日。

もう一つ、私の未経験項目には、
花粉症というのがありました!

これも、我ながら、
自慢できるたった一つの項目でしたが、
な、ん、と、3月間近に、 ハッ、ハックション!

目からは、ぼろぼろのなみだ!

私は、おめでたいことに、
タマネギの皮をむいていたせいだと
思いこんでいました。

し、か、し、 翌日、外に出ても、
たらり~ たらり~ ぼろり~ぼろり~
えっ、まさか、これが、 かの有名な、花粉症??

アレルギーテストで、
何一つ、ひっかかたことがないという、
それだけが自慢だったというのに~

私は、生まれてはじめての経験の前で、
かゆかゆの眼を、こすっては、嘆き、
たらり~たらり~の、鼻腔に、
せわしなく、ティッシュを当てながら、

只、只、 買い物道に、
立ち止まるのでありました~



~春間近、花粉症に、ご用心!!~


いつもありがとうございます♪
にほんブログ村  クリエイティブライフへ
FC2ブログランキング 

~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~
plaza.rakuten.co.jp/abaci/
ジョゼの人形の部屋

「南フランス・エクス・アン・プロヴァンス!!」地中海の旅の思い出・フランス編

IMG_1116


寒い冬に、早くさよならしたい!!

せめて、ビジュアルに温まりたい~〰

と、いうわけで、

春の南フランスのプロヴァンスへ、
思い出飛行機で、ビューンンとね~〰

春色溢れたお花の香りと、
素敵なマダムの花市場へ~♪♪


IMG_1103

IMG_1102

活気あふれる市場。 集う人たちの、陽気な笑顔。

  • IMG_1040.JPG
あの、セザンヌと、記念撮影ね。

ここ、エクス・アン・プロヴァンスは、
セザンヌのふるさとです~♪


IMG_1139

市場にも、たくさんのアートがあふれています。
  • IMG_1046.JPG
街並みを歩くだけで、心うきうき~♪♪

IMG_1060

IMG_1125

プロヴァンスのナイスガイ!!

IMG_1127

ショップも、シンプルだけれど、とてもお洒落です。

地中海の旅2


中世プロヴァンス王国の首都として、
繁栄した歴史ある街並み。

ゴッホに安らぎを与えたアルルや、
セザンヌが生まれ愛した
エクス・アン・プロヴァンスには、
絵筆にとどめた風景が、たくさんありました。

少し、日本の寒さを忘れていただけたでしょうか?



いつもありがとうございます☆

海外旅行・参加中

にほんブログ村  クリエイティブライフへ
 
~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~
plaza.rakuten.co.jp/abaci/
ジョゼの人形の部屋

座礁した、イタリアのコスタ・コンコルディア号の思い出。


IMG_0412.JPG


イタリアの豪華客船、コスタ・コンコルディア号が、
座礁したニュース映像には、
本当に驚いてしまいました。

写真の左が、座礁した、コスタ・コンコルディア号です。

右側が、地中海クルーズで、
私が乗船した、
同じイタリアの新造船、MSCファンタジア号です。


IMG_0411


ジェノバの港から、
仲良く出航した、二つの豪華客船。

IMG_0649


船内のデッキから、
コスタ・コンコルディア号を、
こんなふうに撮影しては、楽しんでいました。

IMG_0652

IMG_0653


船どおしが、近ずくたびに、
デッキから、手を振り合いました。

コスタ・コンコルディア号も、
MSCファンタジア号の乗船客も、
地中海クルーズの、旅の喜びと楽しさで、
デッキの上からでも、
その歓喜ぶりが、お互いに伝わってくるようでした。


IMG_0654


寄港地では、
こんなに、びったりと船体を寄せ合いました。

00.jpg


コスタ・コンコルディア号に起きた、
突然の悲劇!!

「まるで、タイタニックのようだった。」

生還された、アメリカ女性のことばです。

IMG_1012


あの華麗な船体が、
無残な姿で、
美しいエメラルド色の地中海に、
横たわっていることが、
今でも、信じられないような気持ちです。






~只今、コメントをお休みいただいています~
いつもありがとうございます


海外旅行・参加中


にほんブログ村  クリエイティブライフへ



~リヤドロミュージアム&手作りミニチュアドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋

『義母に捧げる、ルノアール。。』絵とつぶやき。


ルノアール・コラージュ2



一月の初雪と共に、訪れた義母との別れ。

ポツンと空いた、心の中に、
数日、一月の雪が降りつづけた。

義母の懐かしい写真を見ていると、
ルノアールの、豊かな女性像を思い出す。

女性が、人生の中で、
一番、誇らしく、
光輝く、その季節。

新しい命に、
命を吹き込む時。

絵を見つめていたら、
義母の豊かな母性が、
ありありとよみがえり、

私の心の中の、
冷たい雪まで、忘れさせてくれた。

「それでいいの。ね。」

そんな声が聞こえてくるような、
一月の終わり。





いつもありがとうございます♪

にほんブログ村  クリエイティブライフへ

FC2ブログランキング


~リヤドロミュージアム&創作ドールハウスをお楽しみ下さい~
ジョゼの人形の部屋

我が家のアイフォン騒動?!!


デュフィ『電気の精』
デュフィ『電気の精』

それは、突然のできごとでございました。

機械物が大好きな、夫君、
「やっぱり、これからは、スマートフォンだ!!」

何しろ、10数年前、
スマフォ一号機?(PDA)に飛びついた夫君。

買ったは良いものの、あまりに使えない代物で、
憤慨して、お蔵入りにさせたという暗い過去が。

ところが、
スティーブジョブ氏の忘れ形見となった、
アイフォン4S。
発売と同時に、とうとう予約!!

私も合わせて、
機種替えして、嬉しいカンタン携帯に。

と、
ここまでは、良かったのですが、

お優しい夫君??

私が、カンタン携帯のマニュアルを、
やっと物にした頃、

「震災もあったことだし、
これからは、やっぱり、安否確認のために、
GPS機能がついてなくちゃね。」

と、私にも、アイフォン4Sを、
買ってくれちゃいました~〰





えっ~〰、
大文字のカンタン携帯で、
ご機嫌な私は、嬉しいより、ガックリ、、、

まぁ、それからが大変!!

機械物は、徹底的にマスターする夫君、
明けても暮れても、アイフォンチャン~〰

必死になって、
指先入力の練習で、アタフタしている私の傍らで、

ドンドン、ドンドン、
新機能を発見しては、
パソコンからドーキさせまする。

ドーキって??

動機?? 動悸?? 同期なの??

まったく、チンプンカンプンな私。

毎日、毎日、特訓!!

電話もチョコット触れただけで、
かけるつもりのない友達に、
かかってしまい、

「もしもし、どうしたの?」
「エッ、アア、今度は、何食べに行く??」

勝手にかかっちゃったのよ~の一言も、言えずじまい。

私のアイフォンチャンのはずが、
結局、
夫君の手のひらで、
管理チェックを受けるはめに。。

でも、でもね、
GPS機能、恐るべし

勇んで出かけた、
友人たちとのランチも、

おしゃべりに夢中になって、
一駅、乗り過ごしたことまで、
バレてしまったぁっ~〰



~アイフォン、いつになったら使いこなせるかな?~


~リヤドロミュージアム&手作りミニチュアドールハウスをお楽しみ下さい~

ジョゼの人形の部屋

Copyright © 2005 ジョゼのリヤドロの部屋. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。